なかなかに寂しい、しかしそこがまたヨロシイ。