« 2003年7月 | トップページ | 2004年6月 »

2003.09.10

人生七転び八起きです。

先日ウチの会社が引っ越しまして、なかなか良い感じのビルになったんです。
ところが一つ困ったことがあります。
以前のビルは床がリノリュームのツルツルの床だったんですが、今度のビルは一面カーペットなのです。
カーペットのほうが見た目もよいし、足にもやさしいのは言うまでもありません。
ただ、このカーペットの床になってからというもの

ゴミ箱がやたらと倒れるんです。

急いでコピーをとりに行く時なんかに、ちょっとキックが入っただけですぐに倒れてしまうんです。
当然ゴミをぶちまけまくりです。

そこで科学的な見地から分析を試みました。

前の事務所のリノリュームの床はツルツルしていましたから、ゴミ箱に横方向の力が加わってもゴミ箱自体が横に動いてうまくかわしていました。

それに比べて、カーペットの床は表面の摩擦係数が高くなり、その為ゴミ箱が滑らずにすぐに転倒するのだということがわかりました。

この状況をなんとかせねば。

というわけでゴミ箱に構造的な改良を加えることにしました。

材料は金物屋で購入した台所用のボールと、社内で見つけた適当なオモリです。

これをゴミ箱の底の部分にガムテープで固定します。







そして出来上がったのがコレです。




image1


足腰を強化されたゴミ箱は、社員のローキックにも見事なバランス感覚で起き上がります。

オフィス環境の改善と同時に、グッドデザイン賞も狙う今日この頃なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年7月 | トップページ | 2004年6月 »