« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

ブログ開設後ほぼ二ヶ月。

どうにか二ヶ月を迎えたこのブログ。

おかげさまでアクセス数も順調に(多分)伸びていますが、世の中のブログの中ではまだまだ小粒なわけです。
この一ヶ月でブログ運営に関する本を読んだり、例によって他の人のブログを読んだりして勉強したのですが、結局のところ地道な努力しかないということがわかったのでした。

当初は出張の様子を綴った「旅日記」みたいなものをイメージしていたのですが、気がついたら飲みに行った話しばかりになっているような・・・(汗)

まぁとりあえずアクセス解析をしたりして、日々アクセスアップのヒントを探しているわけですが、その先には広告収入によるビッグビジネスという悪巧みもあったりします

まずは小さめのランキングサイトに登録してみたりして様子を見ているところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.29

こんな電車に乗ってみたい。

長崎の納涼ビール電車。
いいなぁ~、こういうの。
乗り物に乗っていると微妙な揺れが酔いを加速するんですね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.27

酒好きには持って来いの小冊子。

wサントリーが発行しているバー向けの小冊子で、「ウイスキー・ヴォイス」というものがあります。
毎号テーマに沿った内容の文章を、全国のバーテンダーさんが寄稿する形でまとめられていて、酒好き(とりわけ洋酒好き)には非常に興味深い内容となっています。
あくまでバーの関係者向けの雑誌で、一般の書店には並んでいないのですが、バーテンダーさんの間でも「遠く離れた地域の同業者の考えかたや仕事がわかるので楽しい」と評判のようです。
当然私のような「一般の酒飲み」にとっても、お酒についての知識や楽しみ方が広がる内容になっていて、なかなか参考になります。
あるお店のカウンターに置いてあったものを読んだのがきっかけで、ぜひともバックナンバーも読んでみたくなり、いろいろ探して神保町の書肆アクセスにたどりつきました。
店頭に無い号も、02号を除いてはサントリーに発注すれば手に入るとのことなので早速注文。(02号はサントリーにも無いそうです)
しかもこの書店には新しい「ウイスキー・ヴォイス」が発行されるたびに入荷するとのこと。入荷すると書肆アクセス半畳日録に出るようです。
さすがは本の街神保町。
こうなったら02号も手に入れたいなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.07.25

銀座のバー

今夜は銀座のバーへ行ってきました。
スタア・バーへようこそという本で有名な、岸さんという方がマスターでやっておられるお店です。
ここは本当にお客本位のお店で、実に居心地が良いバーです。
銀座のお店というと、有名になりすぎてお店のパワー強すぎたり、逆に場違いな客が次から次へと入ってきたりと、どうも安定性に欠ける面があると思うのですが、このお店に関してはドッシリと安定しています。

そう感じつつも、酒の勢いで二軒目に、「有名店」を試してしまうヨワヨワな私なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.24

休日は健康ランドで。

ken休日は健康ランドでリセット。
風呂やサウナで汗を流し、食事処でビールを一杯。
スポーツ紙を読んだり、テレビを観たりしながら気持ちよくのんびりと飲みます。
つまみは最近ハマっている「韓国風冷やっこ」
そのあとフットマッサージを受けたり、仮眠室でゴロゴロしたりと、時にはダラダラすごすのも良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

システム手帳のインデックス

index舘神龍彦さんのブログでシステム手帳のインデックスが紹介されていました。
インデックスというのも人によっていろいろ好みがあると思います。
大きいの、小さいの、ナンバーだけ、上側、横側・・・etc
私が好きなのはカラフルで見やすいもの。
市販品はどちらかというと地味な色合いのものが多いので、テプラを使って自作したラベルを貼り付けています。
派手な色が付いていると、手帳を開いたら即、どのインデックスを開くべきか判別が付くので使いやすいです。
インデックスの内容を変更することはほとんどありませんが、剥がすときはカッターナイフの刃を寝かせて、そぎ落とす感じにするとキレイに剥がすことができます。
舘神龍彦さんのブログにも書かれているように、下のほうのインデックスは見づらくなりますので、ラベルの文字がインデックスの端っこギリギリにくるように張るのがポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.22

これが探検隊のユニフォームだ!

ka2
涙モノのオマケグッズ。
布地はかなり分厚く、十分洞窟探検に耐えられそうだ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニアックなDVD発売!

昨夜遅く帰宅すると、水曜スペシャル 川口浩 探検シリーズ ~地底探検・洞穴編~ DVD-BOX (初回限定版)が到着していました!

第一弾の水曜スペシャル 川口浩 探検シリーズ ~未確認生物編~ DVD-BOX (初回限定版)に続いての涙物のDVD・BOX!
ka1
まずは箱がデカイ!

ところで川口浩探検隊ってなんなんだ?
という人はコチラのサイトをどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.21

太陽と星のバー

IMG_0009湯島にある時々行くバー。
その名も「太陽と星のバー」
名前や看板もひとひねりしてあるが、店内もかなりオシャレ。
実際はリンク先に掲載されている写真よりもかなり薄暗く、オジサンの一人客もけっこう多い。
メニューブックは芸術家でもあるマスター手作りの和紙のちぎり絵を絵本風にまとめたもの。
このメニューブックを販売したら良いんじゃないかと思うほどの出来です。
ちなみに表の看板もマスターの手作りだとか。
ぶっきらぼうなマスターのキャラも、たまに行くと楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

野宿する人々。

ueno深夜1時過ぎの上野駅前、巨大歩道橋の上です。
酔っ払ったサラリーマンや学生風の人々が、あちこちで野宿。
いくら暑いからって、外で寝るのはなかなか勇気がいるものです。
いつもカプセルに行くときに通る道ですが、たしか去年はこんな風景は見なかったと思う。
景気が回復して、皆さん酒をたらふく飲む余裕も出てきたということでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

リフィルに一工夫。

kadoず~っと昔、システム手帳全盛期のときに何かの本で紹介されていた方法なんですが、写真のようにリフィルの上下の端っこを斜めに切ると、金具部分が大きく露出するので、リングを閉じたり開いたりする際の操作がやりやすくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.18

八食センターでお土産購入。

hota八戸から離れる直前。
八食センター内の市場でお土産の「ホタテ」と「ホッキ貝」を購入。
これを味噌汁にするとウマいんだよなぁ~(♯ ̄▽ ̄♯)

そして昼食は大人気の回転寿司
ここは12:00になると観光客でいっぱいになるので、少し早めに入店するのがコツ。
オススメのネタが回りだす11:30から食べ始めましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.07.17

変なメニュー。

toru長い移動の後は新八温泉でのんびりと夕食。
ここの健康ランドは温泉大浴場と、ビジネスホテル風個室が有るのが特徴。
ただし一階の個室は中庭にあるエアコンの室外機がうるさくて眠れないので、宿泊予約の際には二階か新館を指定するのがコツ。
大広間の食事コーナーは来るたびに新しいメニューが加わっているのですが、今回はちょっと変わったメニューを発見。
題して「トルネードソーセージ」
見た目がキョーレツですが、真っ二つに切るとバラバラになって食べやすいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.16

変な風景。

megami下北半島の復路、青森県百石町での風景。
以前も見たことがあったのですが、夕日をバックにするとなんかホンモノっぽいですなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.15

風車のある風景。

東北はホントに風力発電が多いです。
これは青森県東通村での風景。
風車が立っているのが海近くで、しかも峠付近にあるから、ほぼ同じ場所を撮影しているにもかかわらず、山の西側と東側でこんなに天気が違うのです。

fuu1霧の中に立つ風車はごこか不気味(巨大ですからね)な感じ。




fuu2青空の下の風車は爽快な感じがします。

デンマーク製の風車の高さは、羽が一番上に来たときに地上から100メートルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

寒立馬

uma尻屋崎には寒立馬という馬が放牧されています。
その昔軍用などで飼われていた馬で、太くて力強い足が特徴。
観光客にも動じることなく、道路のすぐ近くをウロウロしています。
「どんなに寒い季節でも、あるいは病気になったとしても、決して倒れることなく立っている。」
という力強さ、忍耐強さを持ち、それでいてひどく愛くるしい瞳を持った、可愛らしいヤツらでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市場の隣の食堂の実力とは?

taiyou八戸一日目の昼食は「大洋食堂」
市場のとなりという立地も期待できますが、外観もかなり期待できます。
店内は元気なおばちゃん三人組が切り盛りしており、鮮度の良い魚介類を中心としたメニューが満載です。
カレンダーを切っただけのメモ用紙に、自分の名前とオーダーするものを書いて渡します。
この日は「生ウニ丼」に一品で「ホヤ」と「あら汁」
三陸の生ウニやホヤはまさに今が旬。
さすがにおいしかったです。

んー、今回の出張は良い流れできているゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.13

ウマすぎるカツオとマグロ(涎)

いやぁ~、昨夜は久々にしっかりと飲むことができました。(つまり飲み過ぎました)

仙台で地元のベテランに連れていっていただいた一軒目の店は、いわゆる飲み屋小路のなかにある小さな店。飛び込みではまずはいれないような、地元のオヤジたちが酒を片手に天下国家を語っていそうな、そんな感じの飲み屋さんです。
店内も雑然としていて一瞬心配になりましたが、料理がでてきてビックリ!
私史上最高であること間違いなしの良質なカツオとマグロをタップリとごちそうになり、その後これまた絶妙な塩加減のサンマの塩焼。
店のオヤジさんは一見おおざっぱな様に見えて、実は料理の順番とかをしっかり計算して出している様子。
店を出る直前に小さな器で稲庭うどんをふるまってくれたのがまたウレシイ。

あ~もうしばらくは他の店でカツオとマグロは口にできない。

ケータイで写真撮ったつもりだったけど、うつっていなかったのが残念。

補足
その後バーを三軒ハシゴ。
今朝の太陽は特別に眩しかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.11

暑い暑い暑い!

takeいやー暑い!
こんなに暑いと営業も大変です。
特に都内は徒歩で動くことも多いので暑さはこたえます。

そんなわけで今日は老舗の甘味処、「竹むら」に行ってきました。
ここは写真のようなレトロな(作り物ではない、ホンモノの建物ですゾ!)造りのお店で、季節に応じたのスイーツが愉しめます。
あえて「愉しめる」と書いたのは、単に味だけでなく、お店の雰囲気も含めて味わえるということです。
今の時期だと「氷白玉」なんかがオススメ。

ひんやりとした上品な味を堪能し、会社の女の子にお土産で「揚げ饅頭」(←モチロン自分の分も)を買って帰りました。

ああ、「赤津加」といい「竹むら」といい、こんなお店が会社の近くにあって、ホント幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.10

いまだ情報少なし・・・。

東北、特に下北半島・大船渡方面の情報を検索してみましたが、
情報少ねぇなぁ・・・。
もともとこの地域は観光に力を入れているようで、実は観光客にオンブニダッコ化していないところがいい味出しているんですけれど、あまりにも情報が少ない。

○○港で××祭り

なんて良さそうなイベントなんだけど、全部昨年の話題で、今年の予定は「7月上旬」とか書いてあるだけ。
仕事で行くんだから、わざわざ漁協の電話番号を調べて問い合わせをしようとまでは思わないし、そもそもそういうことをしなくても良いようにWEBで紹介しているんじゃないかと・・・・、ねぇ。

気になる情報としては八戸の港の近くにある、おばちゃんがやっている定食屋と、自由なランナーさんのブログで紹介されていた「仙台学」という雑誌、”路地についての取材が中心”というのに非常に興味を惹かれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.09

長期出張の心得。

来週は火曜日から金曜日までと長めの出張になります。
仙台→下北半島→八戸→大船渡と巡ってくるのですが、一週間ほとんどまるまる社内にいないわけですから、キップやホテルの手配の他に、出張中の社内業務のやりくりがポイントです。

時刻表対応の路線検索ソフトを使えばどの電車に乗るべきかは一発でわかりますが、重要なのは乗り継ぎ時間。
ついつい乗り継ぎ時間が短い旅程を組みがちになりますが、それは間違い。
30分以上の乗り継ぎ待ち時間があると、通常業務で何か緊急事態が発生した場合にもこの「待ち時間」を使ってある程度対応することができるのです。

そういった点も考慮しながら、全ての準備が終わると頭の中も「出張モード」へスイッチを切り替えます。

さてと、WEBでグルメ情報でも探すとするか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

街の焼き鳥屋さんに入ってみる。

yaki今夜は行きつけのバーに行く前に、焼き鳥屋に飛び込み。いかにもご近所の客しか来ないといった風情の店でしたが、入ってみたらまさにそのとおり。
無愛想なオヤジと気の良いお上さんのコンビで営業しているお店でした。
でもまぁこういうお店はオヤジかお上さんのどちらかが無愛想なくらいでちょうど良い。
なによりオーダーしたレバーがやわらかくてウマイこと。
個人経営の店は、仕事がしっかりしていれば、「また来よう」という気になるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.07

昨夜はカプセルホテル。

naibu1久しぶりに『朝目覚めたらカプセルの中』
二日酔いの朝の太陽は眩しすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.05

バー・松井酒店

matsui御徒町で最近発見した店「松井酒店」。どうみても普通の酒屋さんなのですが、この店が夜6:30からはショットバーになるのです。
バーというのはだいたいちょっと怪しげで、入ってみないとどんな店だかわからないダークな雰囲気の店が多いものですが、なかでもこの店はかなり不思議です。
表は写真の通り普通の酒屋の店構えで、入り口はガラスなので店内が見えます。
入り口付近にはいかにも酒屋に居がちな、一癖も二癖もありそうなオヤジが座っています。
内部には一応カウンターがあって、テーブル代わりの大きな樽なども置いてあります。(立ち飲みです)
置いてあるお酒の種類はそう多くありませんが、さすがに酒屋さんで思いっきり直販しているだけあって、何しろ安いです。
ジントニックなどのカクテルは\350から、バーボン類も\350~\600くらいといったところ。

想像するに昼間は配達中心で営業しているのでしょう。
ちなみにオヤジさんは座っているだけで、カウンターは40歳くらい?の女性が担当していました。

場所柄近くには良い感じの居酒屋や焼き鳥屋が多く、ほとんどの店がにぎわっているにもかかわらず、この「松井酒店」だけは、通りから覗き込むけれど結局入ってこない客ばかりであったことが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.04

メーカーズマーク

mm私の好きなバーボン、メーカーズマークのブラックトップを飲んでいたら、瓶の裏側にこんなシールを発見しました。
直径15mmくらいで、しかもきれいに剥がせそうな感じ。
剥がしてどこかに貼ろう( ̄ー ̄)v

ちなみにレッドトップには何もありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

ソーラーパネル付のカバン。

アメリカの会社がこんなものを発売するそうです。
コンセプトは良いんですけど、デザインがどうも・・・。
ノートパソコンの充電には力不足な要ですし、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「出張の主張」結果発表。

夕刊フジ主催の「出張の主張」作文コンクールで、受賞者の発表がありました。
夕刊フジ本誌には大賞(賞金10万円!)の方の作品しか掲載されていませんでしたが、WEBでは受賞者の皆さんの応募作品の全文を読むことができます。
残念ながら私はな~んにも受賞できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

来週は出張無し。

私のPDA:ザウルスのスケジュール帳機能には、毎週「今週の飲み屋予定」というのが入力されているのですが、来週は都内のお店ばかりになりそうです。
たまには銀座にでも行ってみようかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ開設後ほぼ一ヶ月。

このブログを開設してから約一ヶ月が経ちました。
最初はブログ自体の仕組みがどうも良くわからず、他のブログサイトも、
「なんかどこから読んでいいのかワカランなぁ・・・。」
「トラックバックって何なんだぁ?」
とか思って敬遠していたのですが、自分で開設・運営してみるといろいろとわかってきて楽しいです。
というわけで画面の右側に時計とか、更新した時刻が表示されるプログラムなどを貼り付けてみました。
こういったものはいろいろなブログサイトを閲覧していて発見したものとか、ココログのサイトの中でお役立ちツールとして紹介されていたものです。
あまり複雑にならない程度にいろどりを加えてみると楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.01

サウナ好き。

サウナ大会。
このくらいなら私も十分クリアできそうですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »