« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.31

老舗居酒屋でマッタリ・・・。

tokuri今夜はまたもや「赤津加」で一杯。
月末の仕事の忙しさを乗り越えて、ホッと一息の時間帯です。
”生ビール小”と”枝豆”、”マグロ山かけ”のあと、”イカのみりん焼き”と”熱燗”です。
熱燗の徳利にハカマが付いて出てくるところがなんとも風流ですなぁ~(´-`).。oO

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.30

コンキスタドール

konkiやっぱテキーラは暑いうちに。
ということでついに栓を開けました。
よく見るとガラスビンには無数の気泡が入り、肉厚にもバラつきがあります。
ビンの表面の印刷もかすれている部分がある。

でもその辺りがいかにもラテン的でよろしい。

産地のことを想像しながら飲むお酒というのも、なかなかロマンチックなのです。

うめぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.29

アクセス解析。

先週のアクセス解析です。

順位  検索ワード    件数
1    仙台         17
2    叶姉妹       13
3    八食センター    11
4    エロ          10
5    ブログ        10
6    システム手帳    9
7    カプセルホテル   7
8    牛タン        6
9    魚偏         6
10    バイブルサイズ   5

叶姉妹復活!!
あと、エロが第四位 (@_@;)

圏外で注目の検索ワードとして

「静かに飲む」

に乾杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

月曜日が憂鬱だなんて・・・。

コチラのニュースによると、イギリス人の自殺が最も多いのは月曜日だそうです。
イギリスの国立統計局というところが発表したデータだそうで、男女や年齢層を問わず、仕事を引退している年齢層でも同じ傾向が見られたとか。
「雇用に関する事柄よりもむしろ一週間の新しい始まりという事が自殺に大きく影響を与えるという理論に一致している。」
ということらしいです。

う~ん、私なんか”一週間の始まり”が楽しみでしょうがないですよ。
なにしろ毎週日曜日になると、”来週はどこに飲みに行こうか、どんなオイシイものを食べようか”と週間予定を立てているくらいですから。

(´-`).。oO早く月曜日にならないかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.27

牛タンを食べてきました。

tan心配していた仙台の牛タン。
とことがどっこい、仙台駅東口の利休さんではお店を改装しているではありませんか。
しかも以前より広くなった感じ。
ランチで行くときはだいたいいつも「1.5人前」に「とろろ」のオプションを付けているのですが、今回はそのランチが、「塩味のみ」と味噌味と半々にした「ミックス」の二種類になっていました。
以前は確か全て塩味だったと思うのですが、とりあえず「ミックス」に挑戦。
写真の左側が塩味で、右側が味噌味です。
BSE問題で経営は苦しいはずですから、正直言って全体の量は今までより少ない感じです。
値段も値上げされていました。
「味噌味」も美味しかったですが、おそらく味が濃い分多少グレードの悪い部位を使う為の工夫かな・・・。
それでも仙台名物牛タンには辛抱してもらって、以前の隆盛を取り戻していただきたいものです。

ちなみに写真には写っていませんが、ランチには「テールスープ」と「麦飯」が付きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.26

日本一ウマイ(と思う)餃子。

gyo国道285号線から秋保温泉へと向かう道筋にある中華料理店「龍宝」
ここの餃子が実にウマイのです。
店舗の外観は正直かなりイマイチいや、前衛的なのですが、店主は料理の研究に中国まで行っているという本格派。
一見何の変哲も無い餃子なのですが、モッチリとした皮は表面にカリッとした焦げ目が付き、具はジューシー。
具は空気を含んで適度にフワフワ、ところが一口食べて半分になっても、バラバラになって出てきたりしないから食べやすい。
餃子の場合単純にアツアツで出てきて、食べるタイミングが難しい店が多いのですが、ここはテーブルに出てきた時点ですぐにパクついてOK。
しかもすぐに冷めないようにお皿も温められて出てくる!。
いままで連れて行った人は例外なく、
「宇都宮の○○よりウマイ!」
「こんなウマイ餃子初めて食べた!」
という感想です。
この夜も二人で8皿をたいらげたのでした。
ちなみに餃子のサイズは大・中・小の三種類がありますが、「大」が一番ジューシーでオススメです。

中華レストラン龍宝
TEL:022-281-3442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.24

\3,825で本格的な温泉。

本日の宿はコストパフォーマンスという点では東北地区でももっともオススメの宿です。
なんと一泊\3,825で、本格的な温泉を楽しむことができるのです。
観光ホテルの”別館”で、もともとは従業員の寮だった建物を改装して、ビジネス客向けの部屋としているのです。
カプセルホテル並みのお値段ですから、もちろん素泊まり。
しかし本館の施設である天然温泉を利用できるのが見逃せません。
温泉は露天風呂が四つ、内湯が一つ、サウナは高温と低温があり、どれも広々とした本格的な浴場です。
部屋は簡素で電話もありませんが、きちんとした個室で、ベッドとテレビがあるので十分。
正直な話ホテル内の食事のほうはイマイチなので、素泊まりで外に食べに行くほうが良いのです。

その外での食事については明日以降にUPできると思います。

ホテルヴィラ瑞鳳
宮城県仙台市太白区秋保町湯元除4-56
TEL:022-397-1111

温泉の写真はホテル瑞鳳本館からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.23

蕎麦と日本酒

nemu私が仕事をしている東京の神田には、そば屋さんがたくさんあります。
なかでも最近ハマっているのが「眠庵」というお店。
路地の奥でヒッソリと営業しているんですけれど、写真の通り初めてだと普通の民家と勘違いしてしまう店構え。
それもそのはず。若い店主が民家を改造して始めたお店です。
蕎麦は日本各地から取り寄せたものを手打ちで出してくれます。(盛りそばのみ)
蕎麦の”香り”というものを感じるられるのがスバラシイ。

そしてこのお店のもう一つの特徴がお酒。
静岡産を中心とした少し変わった銘柄の日本酒がそろっています。
日本酒に詳しくない人でも安心。
「アッサリしたの。」
とか、
「燗でおいしいやつ。」
とか希望を言えば、店主が微妙に悩みながら選んでくれます。
蕎麦以外の料理は酒のツマミ的なものが多いですが、オススメは「牛肉と大根のバーボン煮」

バーボン煮で軽く腹ごなしをし、イカや豆腐を肴にヌル燗の日本酒をゆっくりと飲む。
そして最後に手打ち蕎麦をいただく。
仕事帰りのリラックスした時間が、静かに静かに流れていきます。

眠庵(ねむりあん)
東京都千代田区神田須田町1-16-4
TEL:03-3251-5300

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.22

魚偏漢字

こんなカルタが出たそうですが、ウチの関連サイトでも関連したことをやっていたりします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アクセス解析

先週のアクセス解析です。

順位 検索ワード    件数
1   仙台         34
2   牛タン        20
3   システム手帳   19
4   八食センター    18
5   宇都宮       13
6   カプセルホテル  13
7   蚊取り機      12
8   手帳         11
9   健康ランド      9
10   ブログ         8

牛タンも含めた仙台が強いですね。
宇都宮が以外に長続きしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

弘前市のバー事情。

Bourbon地震の件もあり弘前市に二泊しましたが、その間市内のバーや居酒屋に何軒か行きました。
歴史のある城下町ということで、バーにはちょっと期待していたんですが、結局のところどうもいまひとつでした。
建物自体は古い良い感じであっても、お店が新しいというパターンが結構あるようです。
内装などは一応きちんとしたものになっていても、どうも何かが足りない感じ。
例えばステアする位置が客から見えない高さになっているとか、バックバーが充実していないとか、まぁ新しいお店だとこの辺はしょうがないのかな。
べつに新しいお店だからいけないというわけではないのですが、他の地域のお店を見に行けば、せっかくの立派なカウンターに花を生けるとか、ツマミはナッツ以外の物にするとか、きっとプラスαの要素が生まれると思うんですが・・・。
それと土地柄なのか?バーテンダーが全く話をしない店に2軒出くわしました。
会話をしていれば客の好みのお酒も、次の一杯を出すタイミングもつかめるでしょうが、話をしないでそれをするのは難しいはずです。
いわゆる”無口なマスター”が評価されるお店もありますが、そういうお店は客と話をしなくても客の様子から様々なことを読み取って、話をするバーテンダーにひけを取らない接客を行うという、”難しいこと”をこなしているから評価されるのです。

二日目に入ったお店「BLOCK HOUSE」は、やっと見つけた満足できるお店。
この土地で10年以上営業しているそうで、周辺の酒場事情についてもいろいろお聞きすることができました。

弘前市の盛り場はとにかく古いビルが多く、あまりに古すぎて良いテナントが入らない傾向があるのだそうです。
バーに関しては何年か前までは非常に古くからのお店が何軒かあったものの、今はそれらのお店が閉まってしまい、その後に別の若い経営者のお店が入っているパターンが多いそうです。
そういえば居酒屋も、前に別の飲食店をやっていた店舗物件にそのまま別のタイプの飲食店が入っている様子で、どうもチグハグした感じのお店が多いと感じました。

従ってこの地区では外観だけでは良いお店かそうでないのかの判別が難しくなっています。

最後に入ったお店は「BLOCK HOUSE」で教えてもらった「ワンショット」。
この道30年のマスターが、

「ハイこれ、ウチの畑でとれたヤツ。」

と枝豆を出してくれました。
最後にこのお店に入って良かったとつくづく思ったのでした。

BLOCK HOUSE
弘前市新鍛冶町74-2
TEL:0172-34-7917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

正しい酒飲みとは・・・。

akatuka昨夜は秋葉原の居酒屋「赤津加」で夕食。
お盆休みが明けて東京に戻ってきたサラリーマンが集結したのでしょうか?
入店直後から席はずっと満席で、一時はビールサーバーでビールが冷えるのが間に合わないほどの盛況ぶり。
私がついた席はカウンターの一番端っこから二番目。
まもなく老紳士が一人来店され、私の隣の狭い席につきました。
店内では女性4人がてんてこ舞いで客の注文をさばいていますが、これだけ混んでいるとさすがに注文を取るのも酒や料理が出るのも遅れがちです。
新しく入った店員さんがまだ仕事を飲み込めていないことも忙しさに拍車を掛けている様子。
しばらくしても私の隣の席に座った常連らしき老紳士にはお通しも出ていません。
ところがその老紳士。イライラする様子も無く、ニコニコしながら店内を眺めています。
やっとのことで、
「あ~、○○さんごめんなさ~い、エッと、アレッまだお通しも出てない・・・。」
と声がかかっても、
「フフフフ、いいよ、手が空いてからで。」
こんな感じで活気あふれる店内の雰囲気を楽しんでおられます。

あ~、良い店には良い客が来るものだ。
おいしいお酒とおいしい料理をいただき、そのうえ良い勉強ができた素的な時間でした。

赤津加
東京都千代田区外神田1-10-2
TEL:03-3251-2584

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.19

函館のその後は・・・。

kakuteru-10それにしても函館の”食”は最高です。
二軒目を出た時点では完全に満腹状態でもう動けない。
夜になり少し冷めてきた夏の風を浴びながら、公園らしきところでしばし休憩。
胃袋の中が落ち着いたところで、バーを探しにブラブラと・・・。

何軒かそれらしきお店があるのですが、多いのが「スタンド○○」というお店、単なる立ち飲み屋という感じでもなければ、昔ながらの立って飲むバーという感じでもなくて、結局謎のまま。
それとやはり多いのが「ダイニング&バー」という形態で、どちらかといえば料理がメインのお店です。
地方都市の場合は歩いている客の絶対数が少ないから、お酒だけ(=客が男ばかりになりがち)でお店を維持するのはキツイのかもしれませんね。
他にも「バー○○」というお店を見つけましたが、ドアの中からはカラオケの声が・・・。

よくわからないので結局事前に調べておいた二軒のお店を訪問。スタンダードなカクテルでシメたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.18

函館の二軒目

ren3活イカに大満足したあとの二軒目は、焼き物のお店です。
写真のように古ぼけた外観がたまりません。
ここで注文したのは「鮭の白子」「シイタケ」「サンマ」です。
貫禄のあるおばちゃんが、
「白子は半生でも大丈夫?」
「サンマはワタ残す?取っちゃう?」
とツボをついた質問をしてくる。
もちろん
「半生でOK!、是非ともワタ有りで。」
と応じます。

鮭の白子というのは初めて食べましたが、クリーミーで激ウマ!
しかもデカイ。
サンマも脂がのっているうえに、やはり炭火で焼いているから最高の味。
おばちゃんも、
「毎日商売やっている私も、そのサンマだけは自分で食べたくなっちゃう。」
と本音コメント。

それにしても函館恐るべし。
食材が最高にして量が多い。
そして値段も安い。

煉瓦亭
函館市東雲町13-11
TEL:0138-23-3091

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めての北海道

ika出張の日程が延びてしまい、休暇を予定した日に食い込んだため、青森から函館まで足を延ばすことにしました。
実は私、北海道に足を踏み入れるのは初めて。
以前からずっと来てみたいと思っていたのです。
とはいえ日程はたったの一泊。
五稜郭や函館の夜景などの観光地には目もくれずに飲み屋街へGO!

グハッ!
街のあちこちに「活イカ」の文字が!!
酒飲みのあこがれである、あの「活イカ」があたりまえのように食べられるのか!!

というわけでまず一軒目は「活イカ」で決まり。

お皿の上で動いている~、動いている~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.17

地震で足止め。

東北地方を襲った突然の地震。
携帯電話は全く通じなくなるし、新幹線はストップするしで少々混乱。

しかしこういうときはムリに帰ろうとせずに、さっさと宿をとって宿泊と決め込んでしまうのが吉。

いつ動き出すのかわからない鉄道のことをいくら考えてもしかたがないし、判断を迷っているとその間にホテルも満室になってしまいます。

というわけで昨夜も夜の新規開拓に繰り出したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

津軽三味線に感動!

syami昨夜は青森県弘前市にある、津軽三味線の生演奏を聞くことができる居酒屋「杏」に行ってきました。
一年前に飛び込みで入って以来の訪問でしたが、昨夜は演奏者が”家元”ということでラッキーな夜でした。

このお店は料理も地元の良いものがそろっていて、大間のマグロ、ホヤ、タコ刺などをいただきながら、”家元”の登場を待ちます。

19:30、家元が弟子5人を従えて登場!

目の前で聴く三味線の音は心臓にビシビシと響いてきます。
ベンベンベン!
と厳しい音色が来たかと思えば、
ピュルルルー!
っときらびやかな音色。
そして6人の奏者の息もピタリと合っています。

んー、音楽に関してはズブの素人である私ですが、素直に感動してしまったのでした!

杏(あんず)
TEL0172-32-6684
青森県弘前市親方町44-1 二幸ビル1階

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.13

修道院ビール

ベルギーのビールといえばビール好きの間ではことに有名ですが、コチラのサイトによると、ベルギー西部のウェストフレーテレンにあるセント・シクストゥス修道院というところで醸造している「ウェストフレーテレン12」というビールが、世界最高のビールに選ばれたそうです。
生産量が少なくてとっくに売り切れているそうですが、そこの修道院長のコメントがまた味わい深い。

「私たちは醸造家ではなく修道士なのです。修道士として生活できるようにビールを醸造しているだけなのです。」

とのこと。

私も、

「サラリーマンとして毎日働くことができるように毎日酒を飲んでいるだけなのです。」

とか言ってみたい(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

減酒

はぁ~、今週は飲みすぎました。
今日は夏休みで家にいるんですが、月曜日からまた出張。
しかも行き先が、

青森県の弘前市(二泊)
 ↓
北海道の函館市
 ↓
東京に帰ってきて都内宿泊

ってな予定になっていますから、来週もかなり飲むこと間違いなし。
というわけで今日、明日、明後日は禁酒しようかと思ったんですけど、そこまで意思も固くないし、第一家で飲むのはタダなので、禁酒までいかず減酒、つまり酒を少ししか飲まないことにしました。

こう暑いと、麦茶もけっこうイケたりする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.11

カプセルホテルでの光景。

dei時々いるんですよ、こういう人。
せっかくカプセルホテルに泊まったのに、肝心のカプセルまでたどり着けずに寝ちゃう人。

会社でリアル・ファイトを繰り広げたのでしょうか?

それとも飲み屋で同僚と天下国家でも語ってきたのでしょうか?

あるいは生活に疲れたバブル経験者でしょうか?

いづれにしても、腕組みなんかしちゃっているあたりに悩み多きオジサンの哀愁が感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

ビールバーでワイワイ。

IMG_0057昨夜は会社の近くのビールバーで宴会(ってかパーティーって言った方が良いですかね)
ビールというのはアルコールが薄いから、比較的大勢でワイワイと楽しめますよね~♪。
でもって今回のお店「BILLY BAREW'S BEER BAR」では世界120種類のビールを楽しむことができます。
店員さんに相談すれば好みや気分に応じて様々なビールを紹介してくれるし、自分でメニューを見ながら、ビールの造られた国やビンのデザインなんかで適当に選んでみるのも面白いです。

それはそれとして、また今夜も酒の話かよ(自戒)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.09

郡山市のバー。

watanabe郡山駅前のパッとしない飲み屋街、しかしバーに関しては何件か良いお店があります。
なかでも私のお気に入りはココ
「THE BAR WATANABE」
バーというと入り口の雰囲気でちょっと気後れしてしまうことがありますが、このお店は中でも別格です。
まるで地下迷宮への入り口であるかのようなトンネルと鉄格子の扉。
両サイドの建物の軽い感じの看板に挟まれ、一瞬見逃してしまいそうです。
これをギィと開けてしばしトンネルを歩き、さらに奥にあるもう一つの鉄格子を明開け、最後に行き止まりにある扉を開けます。
店内は典型的な正統派のバー。
みごとなバックバーと、美しい輝きを放つグラス。
カクテルを作るマスターの手さばきも実にスピーディーで無駄がありません。
入り口が入り口ですから、軽いノリで入ってくる客はまずいません。
年中無休というのもすごい。
腕、酒、雰囲気、客。
全てがそろった至高のお店の一つです。

THE BAR WATANABE
024-933-9788
福島県郡山市駅前2-7-16 マシコ第3ビル1F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郡山でマンボウを食べる。

manbo郡山駅前というと、どうもパッとしない飲み屋街です。
どのあたりがパッとしないかと言いますと、まずアーケード街にポン引きが多い。
これでは出張や観光で訪れる人は、
「どの店が良いかなぁ~」
とキョロキョロ・ウロウロしづらいというものです。
そのせいか居酒屋も長続きしているお店が少ないような気がします。
そんな中でも最近注目しているお店で一杯。
珍しいネタとして、
「マンボウの胃袋の湯引き」
を食べたのでした。
酢味噌と合わせて食べたのですが、コリコリした食感で意外と美味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.08

アクセス解析

先週のアクセス解析です。

順位 検索ワード    件数
1   仙台         41
2   システム手帳   32
3   健康ランド     19
4   宇都宮        12
5   風車のある風景  11
6   カプセルホテル  11
7   フリー素材      9
8   秋田         7
9   バー         6
10   バイブルサイズ   6

今週もシステム手帳関連、カプセル、仙台、宇都宮が強いですね。
☆叶姉妹は圏外へ脱落しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.05

飲んでばかり。

今夜は銀座のバーを3軒ハシゴ。
んー連日の深酒でさすがにちょっと飲み疲れて、眠くなってきた(地下鉄の車内から気力を振り絞って更新)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.04

ウチの蚊取り機

butaかなり以前に作ったモノですが,

旬の話題

として紹介してみました。

| | トラックバック (0)

2005.08.03

スタア・バー・ギンザ

sta今夜は銀座の、「スタア・バー・ギンザ」に行ってきました。
このお店は以前にもちょっと紹介しましたが、銀座のお店にしては肩の力を抜いてはいることができるお店です。
マスターの岸さんはバーテンダーとしてはめったにいない重量級の人物(用心棒みたい)ですが、接客は極めてソフト。
供されるカクテルやサービスは一つ一つに工夫が凝らされていて、「次はどんふうに出てくるかな?」とワクワクさせてくれます。(初めて行かれる方はぜひジン・トニックをオーダーしてみて下さい)
岸さん以外のバーテンダーさんも、キビキビと動いていてじつに気持ちのよいバーです。

マスターが常にお店の雰囲気をコントロールしているお店は大好きです。

スタア・バー・ギンザ
中央区銀座1-5-13
TEL:03-3535-8005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.02

仙台の牛タン。

七夕で盛り上がっている仙台。
その仙台市といえば牛タン焼きが名物で、私も仙台に寄るとよく食べに行っています。
おいしいのはもちろん、腹いっぱいになるところが好きです。

しかし最近はBSEによるアメリカ産牛肉の輸入禁止や、それに伴うオーストラリア産牛肉の価格高騰などで、ほとんどの店で採算が合わなくなっているそうです。

私が一番おいしいと感じている利休さんでも、 先日値上げしていましたっけ。しかし実際は値上げだけでは追いつかず、店をたたむところも多いようで、なんと現在は仙台全体で六割の店が営業をしていない状態だとか。

いぜん国分町のある飲み屋さんで、偶然某大手牛タンチェーンの息子さんと飲む機会があったのですが、
「今まで使えなかった部位をおいしく調理する方法とかを開発中。これを乗り切ったら強くなれる。」
と熱く語っていらっしゃいました。

ぜひともがんばってほしいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005.08.01

アクセス解析

先週のアクセス解析の結果です。

サーチェンジを利用されてこのブログに来ていただいた方が、どんな単語で検索されて来たのかをまとめたものです。
ベストテンを発表しますと。

順位 検索ワード    件数
1   システム手帳    30
2   カプセルホテル   19
3   叶姉妹        17
4   仙台          15
5   バー         11
6   宇都宮        11
7   秋田         10
8   カバン          8
9   バイブルサイズ    7
10  川反           7

☆叶姉妹が堂々の第三位です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »