« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.30

秋だなぁ~。

サラリーマンという職業は、どうも季節感が無くていけません。
特に都心の会社に長距離通勤している私などは、電車の車窓から景色を眺めることも少なく、”単に暑いか寒いか”しか感じない日常を送っています。
そんな私がたまに季節を認識する場所が「居酒屋」です。
昨夜は例によって”赤津加”へ行ったところ、本日のオススメメニューに「新銀杏」「土瓶蒸し」の文字が。

秋だなぁ~。
ん~秋だなぁ~。

と感じつつ、もちろんこの二つは注文。

ginnnan串カツと生ビールも来たところで軽く腹ごなしをしながら、塩の付いた銀杏の殻を丁寧に剥きます。
一人飲みだと手持ち無沙汰になりがちだから、こういう作業が意外と楽しいものです。
硬い殻を剥くと、やわらかいエメラルドグリーンの銀杏が出てきます。

dobinしばらくして落ち着いたら、いよいよ「土瓶蒸し」と「熱燗」の登場です。
風流であり、なおかつやや豪勢な見た目もさることながら、”土瓶”だからすぐに冷めずに、ゆっくりと味わえるのがコイツの良いところです。

最初はスダチを絞らずに一口飲むのが正しいんだよな。(確か)
土瓶のフタを外すと・・・、ウゥ~ンいい香りだ。(コレコレ、コレだよ!)
具を食べるタイミングはいつにしようか、(いつでもいいんだけど)
オット、そろそろスダチを・・・(ムギュ~)
土瓶蒸しが終る少し前に熱燗が飲み終わるようにしたいな。(ペース配分を・・・)

などと自分なりに思案しながらちょこちょこと飲んだり、つまみを口に運んだり。
これこそが一人で飲むことの醍醐味なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.29

湯島のEST!

est昨夜は御徒町の名店「EST!」へ。
時間的に満席かな~と思いつつ行ってみると、意外なことに先客は2人。
カウンターの一番手前に座る常連風と、真ん中に座るベテラン風です。
ベテラン風の二つとなりに案内されてオーダーしたのはマティーニ。
正統派の味がのどにしみます。

しならくすると新たな客が入って来て、マスターに「3人」と伝える。
空席は常連客の左側が2つ、私の左側が2つ、私の右側、(=ベテラン風の左側1つ)が空いているのみ。
この店で最も若輩者の私が、すかさずマスターに「俺が、」と合図して一つ右側へ移ります。
あとから来たオジサン3人組みは御機嫌で席に。
我ながらスマートな動きができたと思っていたら、横で飲んでいたベテラン風が話かけてきました。
聞けば年に一度しか来店しないとのことですが、バーボンからモルトへと、さすがにシブイ飲みかたをしていらっしゃる。
各地のお気に入りのお店を巡回しているうちに、この店も年に一度になってしまうのだとのこと。
帰り際にマスターが、
「いつも良い飲みっぷりで。スイスイ飲む酒と、じっくり飲む酒を心得ていらっしゃる。」
と声をかけていました。
良い店に良い客。
久々に”店に酔った”夜なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.28

揚げまんぢゅうはウマい。

age神田の甘味処「竹むら」。ここのお持ち帰り可能メニューに「揚げまんぢゅう」というものがあります。
アンコを小麦粉のやわらかい生地で包んで油で揚げたもので、基本はアンコ嫌いの私もこれは大好物。
表面は黄色でちょいサクッと、皮の内部は白くてムチッと、アンコは紫色でフワッと。
食感と同時に色の美しさも楽しめます。
注文を受けてから作ってくれるので、会社に持ち帰ってからもホカホカの状態で食べることができます。(←近いものですから)
老舗らしい風情のある包み方も、「おみやげ」の雰囲気を盛り上げてくれます。

あと、おやつに甘いものを食べるとノドが渇くので、会社帰りの一杯目のビールもウマくなるんだよなぁ~(^。^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.27

池袋に行ってみた。

昨夜は普段あまり行かない街。
池袋のとあるバーへ。
カウンターが円形のお店と言えば分かる人もいるかもしれません。
この店のマスター自ら発案という円形カウンターは秀逸です。
円の外側に座る客同士の距離は、まっすぐなカウンターの場合より少し離れるし、円の中心で仕事をするマスターは、全ての席から最短距離にいるというワケ。
まるで千手観音のように次々と手を伸ばし、手際よく仕事をこなしていました。
キビキビとしたバーテンダーの動きというのも、お酒の味や店内の雰囲気と同様に重要ですね。
遠征したかいがあったというものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.25

缶ビールと時計。

time缶ビールは、冷蔵庫から冷凍庫に移し、50分後に飲むのがウマいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.23

路地裏を歩く。

yoko私は時々”路地裏”を歩いてみます。
いつも歩いている大通りや繁華街から、一本か二本奥に入ったり、横にそれた暗い通り、それが”路地裏”です。
大通りをビュンビュン走る車の騒音や、繁華街のネオンとは無縁の”路地裏”。
そこには地元住民の住宅や、業者向けの卸の仕事をしているような商店などが集まり、通りを照らすほどの明かりを灯す建物は少ないことが多いのです。

しかしそんな”路地裏”でこそ、ポツンと灯る赤提灯は目立つというもの。

居酒屋とは限りませんが、焼き鳥屋、そば屋、天ぷら屋・・・。
要するに一仕事終えた近所の旦那さんたちが軽く飲むようなお店。
”路地裏”にはそんな味わい深いお店との出会いが待っているのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.09.22

仙台の牛タンその2

si
久々の出張で、昨日から仙台に来ています。
で、今日の昼飯は牛タン。
前回は(といいますか今までずっと)牛タンの”焼き”ばかりだったのですが、今回はタンシチューに挑戦。
このタンシチュー。以前から具の牛タンがどのような食感なのか興味があったのですが、食べてみると実にやわらかく、まるで肉ではないかのようです。
軽くかむとジューシーな肉の旨味がしみでてきて非常~にウマイ!。
今回の出張に同行している先輩は、いつもどおり"焼き"のランチを食べていたのですが、
「一口ちょうだい。」
と言われるのを恐れた私は、食べている途中でシチューのうまさを口にしなかったくらいです。

焼きにすべきか、シチューにすべきか、次回から真剣に悩むことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.21

のんべえバトン

「のんべえバトン」というのが、密かに、かなり密かに流行りかけているらしいです。
自分がいかに酒飲みであるかを、4つの質問に答えて自慢(又は自虐)し、さらにお互いトラックバックをすることで、越山会並みの強固な酔っ払いネットワークを築こうというものらしいです。

それでは早速質問に答えてみましょう。

Q1.今、冷蔵庫に入っているお酒の量は?

A1.缶ビール×5本、ジンが1本、冷やしていないけど他にジンが5本、スコッチが5本、バーボンが4本、テキーラが2本、ラムが2本

Q2.好きな銘柄は?

A2.「磯自慢」と「メーカーズ・マーク」

Q3.最近最後に飲んだ店は?

A3.上野のバー

Q4.思い入れのあるお酒

A4.コンキスタ・ドール・・・熟成したテキーラの味を始めて知った。

ってなとこでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.09.20

名物メニュー。

tataki秋葉原の老舗居酒屋”赤津加”
ここの名物メニューの一つが”マグロたたき豆腐”です。
豆腐の上に包丁で細かくたたいたマグロがこんもり載っていて、これをレンゲで崩しながら食べます。
しょう油をかければマグロにほど良くしみ込み、冷たい豆腐ともうまくからみます。
写真では分かりにくいですが、たたきにはきちんとネギも混ぜてあり、豆腐の下には笹の葉が敷かれているところがいかにも赤津加といった風情です。

最後に”熱燗もう一本”と”たたき豆腐”これがいつもの私のパターンなのです。

赤津加
東京都千代田区外神田1-10-2
TEL:03-3251-2584

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.19

健康ランドで秋刀魚の刺身を喰らう。

sanma連休といっても日ごろの浪費がたたってゼニがない私。
そこで連休最終日は地元の健康ランドへ。
そこそこたまっているポイントを放出すれば安~く楽しめるかなぁ~という下向き思考で向かいました。
行ってみたら「敬老の日サービス:入館料\1,000」という張り紙が・・・。
一瞬、年寄り大集合の混雑デーかと思いましたが、良く見ると大人は全員\1,000!(通常は\2,000)

オオオォ!

一気にヤル気になって早速大浴場へ。
かの有名な草津温泉入浴剤使用の露天風呂や、最近改装されたサウナでたっぷりと汗を流した後は飲食コーナーへ。
すると飲食コーナーでも幸運が待ち受けていたのです。

「サンマフェア実施中」

オオオォ!
サンマは漢字で書けば秋刀魚。
まさに今がです。

塩焼きも食べたいけれど、私の好物は”秋刀魚の刺身”
実はどんな店でも”秋刀魚の刺身”があれば必ずオーダーするという”秋刀魚の刺身原理主義者”なのです。

かのガリレオ・ガリレイはローマの宗教裁判所で、
「それでも地球は動いている。」
と心の中で言ったそうですが、
私は健康ランドのレストランで、
「秋刀魚の刺身をお願いします。」
と明確に宣言しました。

ん~、このトロッとした食感がたまりません。
もちろんビールをおかわり。
ついでに”韓国風冷奴”も。

・・・と、結局昼間っからいい感じで酔っ払ってしまうのでした。(反省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.18

アクセス急増のワケは?

昨日の23:00頃からでしょうか、このブログのアクセス数が突然増えはじめました。
それまでのアクセス数は一日あたり200~300程度だったのですが、昨日は短時間で1,200を超える勢い。

何かのトラブルか?

それとも・・・

やっと時代が追いついてきたのか?

と、しばし悩みましたが、思い当たることがありました。
ヤクルトラーメンのレポートが、投稿していたnifty:ポータルZコネタ道場に採用されたのです。
以前にもカプセルホテルのページが同サイトで紹介されたことがあり、その時ももの凄いアクセスアップだったのですが、今回もそうとうな勢いで、今日一日で10,000アクセスは確実に行きそうです。
しかも今回は自分で投稿したので、二千円分のクオカードがもらえます( ̄ー ̄)v
更にこのままアクセスが天文学的数字になれば・・・・。

ビッグビジネスの予感です。

ま、2・3日すれば元のペースに戻るでしょうけどネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.17

やっぱ居酒屋でしょ。

houhai昨夜は上野の街をブラブラと歩き、初めて行く居酒屋へ。
そこそこ古い感じの店構えに、きちんと洗濯されたのれん。
そして「安くて旨い店」「焼き鳥と魚料理の店」の張り紙。
いかにも「常連が居付いているけど新規客も歓迎」という雰囲気です。

ガララッっと引き戸を開けて入ると、長いカウンターの奥に座敷のある構造。

「いらっしゃいませ!」

気持ちの良い声とともに大将らしき人がコチラ見る。
人差し指で「一人です」ということを表すと、

「どうぞっ!」

と素早くカウンターを指し示してくれる。

とりあえず生ビールを注文し、張り出されたメニューを見ると、青森の銘酒「豊盃」があるではないですか。
二杯目は迷わず「豊盃」、それからオススメらしい「カツオの刺身」を注文。

いいねぇ~「豊盃」は。
スッキリした口当たりと程よい後香。
”昔は青森から出稼ぎで来たオジサン達が、この店のこのカウンターで、故郷を思い出してシミジミと飲んでいたのかなぁ~”
などと勝手に想像しながら、厚切りで脂がのっているカツオをつまむ。

カウンターの並びでは、常連さんがアルバイトの女の子に、
「アレッ?顔変えた?」←ホントは髪型を変えたらしい。
とか言ってからかっている。
奥の方の座敷ではサラリーマン達がいい感じで盛り上がっています。

値段も安いし、また来ること間違い無しのお店を発見したのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.16

ヨドバシカメラがオープン

yodo本日ついにヨドバシカメラ秋葉原店がでっかくオープンしました。
会社が秋葉原にある私も、早速見物に行ってきました。
まず、建物がデカイ!
さすがに日本一でっかくオープンしただけのことはあります。
まるでローマの円形闘技場のような建物はけっこう威圧感があります。
今日はオープンということで、AM8:30ごろには既に数十人の人が並んでいましたが、私が行った昼過ぎの時間帯でも1Fの売り場はかなりの混雑。
店内は床面積が広いのと、エスカレーター、エレベーターが複数あるので人の流れは意外とスムーズです。
秋葉原の大手家電量販店はビルが古く、エスカレーターやエレベーターが狭いところが多いので、これは快適に感じました。
品揃えは家電やPCなんかは特に多いと感じませんでしたが、カメラと時計の売り場はさすがにスゴイです。
カメラ関係はオプションレンズに始まって三脚やカメラバッグ、素人には理解不能なモノなど、実に多くのアイテムが並んでいます。
時計コーナーでは国内物は言うに及ばず、今までアキバではあまり見かけなかった海外ブランド物も一通り並んでいます。
秋葉原の大手家電量販店は、「家電館」「オーディオ館」「パソコン館」など、分野ごとにビルを構えている場合が多いのですが、ヨドバシカメラはそういう「○○館」を全部合体させたような印象です。

8Fは全面レストラン街ですが、これはハッキリ行って特徴無し。
って言いますかアキバにありがちな「座って食べられればヨシとする。」的な雰囲気でした。

※店内の詳しい様子は、アキバBlogさんに出ています。

いずれにしてもこれだけのスケールのお店が駅の一番近くにオープンしたわけですから、他の量販店は少なからず影響をうけること間違いナシです。

家電の街からパソコンの街、そしてオタク文化の中心へと変貌してきた秋葉原。
ヨドバシカメラの登場で、また秋葉原の変身がはじまるのでしょうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.09.15

禁酒失敗。

ra昨日は二日酔いで日中は全く食欲ナシ。
朝も昼も何も食べず、二日酔いに効果があるらしいグレープフルーツジュースを飲んだだけでした。
さすがに夕方になるとお腹が減ってきたので、会社の帰りに行きつけのラーメン屋に。
金も無いし酒は飲む気にならないからちょうどいいか・・・。

店に入ると店主と目が合いました。
すると店主はいきなり「中ね?」と言って、まだ食券も買っていない私のために、ビールを注ぎ始めています。
いつも「生中」と「つけめん」を注文する私が、食券を買って席についてから1秒も待たせずに生中が出せるように気を使ってくれているのです。

繰り返しますが酒を飲むつもりはなかったのです。

でも、他人の親切は素直に受けましょう。

そしてやってきた二日酔いの翌日の夜にありがちな、”以外にスッと酒が入る”という感覚(♯ ̄▽ ̄♯)

勝負に負けて試合に負けた。
そんな夜でした。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.09.14

新しい禁酒方法。

grうう、う、うう・・・。
二日酔いだ・・・。
もう酒なんか見たくも無い・・・。
う、うう・・・。

というわけでかろうじてグレープフルーツジュースの写真のみUP。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.13

はじめて入るお店。

ONE昨夜は湯島のバー"Once Upon a Time"に初めておじゃましました。

初めて行くバーというのは緊張するものですが、基本的にいえることは、
「緊張するのはドアを開けて席に付くまで」
ということでしょう。

"Once Upon a Time"は、事前情報としては、「バーボン中心の店」。
私としてはバーボンはあまり詳しくないし、なにしろ店構えがレンガ造りの古い建物(やや傾いているような気もするくらい古い)ですから、そうとうクセのあるお店という印象がありました。

ところが入ってみると明るい奥さんに丁寧に接客していただき、じつに居心地の良い空間なのでした。

バーボンもI.W.ハーパーやワイルド・ターキー、エズラなど一般的なものが中心。
ビールやジュースもあります。
常連さんらしきお客さんも、初めて来た私に気を使ってくれるような、典型的な”良い飲み人”ばかり。

やはりどんなお店も、まずは扉を開けてみることが大切なのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.09.12

アクセス解析。

毎度おなじみの先週のアクセス解析です。

順位  検索ワード     件数
1    魚偏         31
2    仙台         27
3    フリー素材      19
4    カプセルホテル  16
5    函館         16
6    健康ランド     14
7    八食センター    12
8    システム手帳    9
9    写真         8
10   漢字         8
11   居酒屋        8

8位から11位は同数。
魚偏がトップなのがちょっと以外です。

ちなみに平均アクセスは300/日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.11

世界一強いビール。

ドイツで世界一強いビールが完成したそうです。
「世界一」というからどれくらい強いのかと思ったら、アルコール度数は24.5%だそうで、な~んだたいしたことないですナ。世界一も。
しかも生産者のコメントによると、ドイツの皆さんはショットで2、3杯がせいぜいだとか、な~んだたいしたことないですナ。ドイツ人も。

そんなドイツ人に改めて言いたい!

頼むからビールはキンキンに冷やして飲んでくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.10

ヤクルトラーメンを喰らう。

またまた喰らいました。

今日はヤクルトラーメン。
先日購入したヤクルトラーメンの調理&試食レポートです。
ya1”しお””しょう油””ミソ”の三種類の味があるヤクルトラーメン。
なかでも今日はラーメンの基本である”しょう油味”にチャレンジ!
 
 
 
ya2一般の袋麺同様、作り方はちゃ~んと裏面に記載されています。
ちなみに私は料理を自分でするのは大の苦手・・・。
 

 
ya3出ました!
緑色の麺
 
 
 
ya4まずはお湯を沸かします。
ここで料理が苦手な私なりの秘技をご紹介。
どんぶりにお湯を入れて計量すれば、スープの量は間違いナシ!
しかもどんぶりも温められるというワケです。
 
ya6お湯が沸いたら、いよいよ麺を投入です。
 
 
 
 
ya8しばらくしたらかき混ぜる!
メンドクサイから普通の箸でかき混ぜる!
 
 
 
ya10スープを入れてどんぶりに収まった状態。
やや濁ったスープに緑色の麺が映えます。

それ以上でもそれ以下でもありません。
 
ya11ここでトッピングを投入。
冷蔵庫で偶然発見した生卵、ホウレンソウ、フキ、さらに七味唐辛子も振るとしましょう。
 
 
ya12さぁ~出来上がり!
ウグイス色の麺にホウレンソウの緑、そしてタマゴの黄身が鮮やかです。
我ながら良い出来に、ドリンクは昼間っから缶ビールです。

ラーメンとビール、この組み合わせに深くうなずきます。

ya13一口目。(左手での撮影がキツイ。)
クロレラ入りの緑色の麺は以外にツルツルとしていて、コシはないものの適度なモチモチ感。
スープはやや塩辛い印象です。
全体としてややパンチのある味付けで、正直ウマイです。 
 
ya14最後の一口は袋の中で細かく割れていた麺や、タマゴの小さいの。
最後にこれをズルズルといただくのが袋麺の醍醐味でもあるのです。

おわり

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.09.09

定期訪問。

今夜は湯島の居酒屋「そはら」と、その近くの「太陽と星のバー」へ。
「そはら」は一見何のヘンテツもない居酒屋ですが、低価格でウマイ料理と、マスターのサラッとした人柄がこの店の特徴。 「太陽と星のバー」は相変わらずガラガラ。(静かでいいケド)
どちらも月に1回程度顔を出すだけなのに、「最近出張はどこ行ったの?」とか、「魚釣りの方はどうですか?」などと声を掛けてくれるのが素直にウレシイのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.08

極上のスイーツを喰らう。

takemura今日は営業の途中に竹むらでひと休み。
氷白玉をいただきました。

カキ氷の下に白玉が埋まっている簡単な料理ですが、上品な甘みと歯ごたえのある白玉の食感が老舗のワザを感じさせます。

エッ?

「オマエのような酒飲みは甘いものは好まないんじゃないのか?」
って?

その考えこそ”甘い”のです。

実は最近気が付いたのですが、昼に甘いものを食べると、夕食時にいつもより喉が渇く(ような気がする)のです。
何事も段取りが肝要なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.07

極上の肉を喰らう。

futa昨夜は同期の連中と会社の近くの海賊バー「sara」で飲み会。
前にもちょと紹介しましたが、ここの名物は「フタエゴ」
会津産馬刺しの中でも、バラ肉の超極上部分。
赤身と脂身の境の部分で、それぞれが半分ずつになっています。
もちろん生でも食べられるのですが、これを溶岩プレートで軽く焼いてから食べると最高!
フワフワとした食感と、噛めば噛むほどにじみ出てくる旨み。
まさに極上モノです。

更に昨夜は店長が取り寄せてきた「礼文島産殻付ウニ」を堪能(ヨダレ)

お酒も日本酒や焼酎がそろっているから、飲むほうも十分満足できます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.06

禁酒明けの一杯。

glassB04昨夜は禁酒明けで早速銀座へGO!
禁酒を成し遂げた自分へのささやかなご褒美です。(←いつも飲んでるくせに)

まずは開店したばかりのバーでジントニックをグイィ~!

至福のひと時です。(♯ ̄▽ ̄♯)

続いてはホワイトレディをクイッ、クイッ。

至福のひと時です。(♯ ̄▽ ̄♯)

最後にミリオンダラーをツツツ~~っと。

至福のひと時です。(♯ ̄▽ ̄♯)

ほろ酔い気分でもう一軒、新規開拓してしまったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.05

朝イチですが。

というわけで昨日は禁酒の目標達成。(小さくガッツポーズ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アクセス解析

先週のアクセス解析の結果です。

順位 検索ワード    件数
1   仙台         32
2   カプセルホテル  25
3   魚偏         24
4   フリー素材     23
5   函館         19
6   積み木くずし    13
7   健康ランド     10
8   バイブルサイズ   9
9   居酒屋        9
10  秋田         8

「積み木くずし」がランクイン。
ドラマやるんでしたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.04

禁酒

kinsyuヨーシ、今日は禁酒するゾ!
明日健康診断だし、絶対禁酒するソ!
冷蔵庫の麦茶も確認したし、こんな禁酒マークも作ったし。
禁酒するゾ!

そして明日ウマイ酒を飲むのだ。

※全国の飲み過ぎの皆様へ。
 この禁酒マークはフリー素材としてご自由にお持ち帰り下さい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.09.03

ヤクルトラーメンの真実

yaku久々に入手した「ヤクルトラーメン」
これはヤクルトレディーに注文すると持って来てくれるレア・アイテムです。
味は”醤油””塩””味噌”の三種類。1コでは注文できず、各味5コ単位でまとめて注文する必要があります。
で、時々会社で購入者を募集するのですが、これがなかなか好評。
毎回ファンが増え、今回は合計90コも発注したのでした。
ヤクルトラーメンというと、知らない人は、

「ハァ?なにそれ?ヤクルト味のラーメン?ゲロゲロォ~。」

とか言い出すことが多いのですが、味は上記のように”醤油””塩””味噌”です。
特徴は麺にクロレラが練りこまれていて、麺の色が緑色なのです。
こんな説明をすると、知らない人は、

「ハァ?なにそれ?麺が緑色?ゲロゲロォ~。」

とか言い出すことが多いのですが、独特の色合いもさることながら、味や食感もなかなかイケる。それがヤクルトラーメンの真実なのです。

※ヤクルトラーメンを喰らう偏はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »