« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

仙台の夜:居酒屋いわき

iwaki昨夜は久々に仙台に宿泊。
訪れたのは国分町の外れにある居酒屋”いわき”。
小さなお店の中は5~6人座れるカウンターと、奥に座敷が少し。

静かな店を、武骨で無口なご主人が一人で取り仕切っています。
”武骨で無口なご主人”といっても決して気難しい人物ではなくて、単に無口な性格なのだと思います。
奥の座敷で静かに話していた常連さんが、ビンビールをオーダーした際、
「マスターも一杯」
と勧められると素直に応じていました。

黒板には約40種類のメニューが書かれ、その文字の並び方がご主人の几帳面な性格を表しているかのようです。
年季の入った店内は、にぎやかしのBGMなどは流れておらず、音量を絞ったテレビが一台。

トントントントン・・・・

まな板と包丁の奏でる音だけが小気味良く流れています。

職人さんが黙って仕事をしている姿というのは、張りつめた緊張感と、不思議な安心感を与えてくれます。
チェーン店居酒屋や風俗店など、きらびやかな看板が並ぶ国分町。
それらの看板は度々入れ替わり、その入れ替わりの激しさが、この街の活気をかろうじて保持している風でもあります。
そんな歓楽街の片隅で、まっとうな仕事をして長くお店を続けている人が居る。
”不思議な安心感”はそんなところから広がるのかもしれません。

たっぷりとした肉厚の「〆サバ」、ミルキーな「たらの菊」、「なす焼き」を味わいながら、しばし物思いにふける・・・。
居酒屋ですごす至福の時間です。

最後に「きのこ汁」が出てきたとき、ご主人が、

「きのこ、全部天然ものです。」

と初めて口を開きました。

そしてまた、

トントントントン・・・・

仙台の夜は更けてゆきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.29

メイドに萌えるか?!

昨夜は最近会社の近所にオープンした”メイド・バー”へ突撃してきました。
最近の秋葉原は、喫茶店から足裏マッサージまで何でもかんでも”メイド”になっているのですが、ついにバーにまで”メイド”の波が押し寄せてきたようです。
噂ではメイド喫茶なんかでは、入店した客を

「ご主人様~、お帰りなさいませ~」

とか迎えてくれて、それが楽しい(萌える)のだとか・・・。

その方面に興味がありそうな会社の同僚・G氏と共に、怪しげなビルの二階へと向かいます。
店に入ってみると、メイドの格好をした女性バーテンダー(?)が、

「いらっしゃいませ。」

普通に迎えてくれます。

店内はカウンターのみで、いわゆるスタンディングスタイルです。

「こちらがメニューになります。」

とこれまた普通にメニュー登場。
中身は普通のカクテルや普通のウィスキーがチラホラ・・・。

私:「あの、コチラはシステムはどのように・・・?」
メ:「キャッシュ・オン・デリバリーになります。」

要するにメニューの中身以外は普通の立ち飲みやじゃねぇかよ(怒!)
単に店員がメイドの格好をしているだけで、ジン・トニックも\1,000-と高い(しかもウマくない)

そんなこんなで、一杯だけ飲んで早々に退散したのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.26

最近読んだ本から。

我々飲み助は、その日によって店に求める物が異なる。或る時はメチャ陽気に、或る時はジックリと、或る時は心を開かないと破れてしまいそうな夜もあるさ。
 (中略)
今夜も「ああ、今日はいい酒だった」と満月に微笑みかけるような店で飲みたいものだ。
                    伊丹由宇著『東京居酒屋はしご酒』・光文社新書より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.25

『どんこ鍋』を喰らう。

donko昨夜は居酒屋”そはら”に行ってみました。
いわゆる「そろそろ顔をだすか・・・」というやつです。(←またかよ)

店に入ってみると、いつものとおり客は少ない。
カウンターの正面に張られた品書きを見ると、目に付いたのは「どんこ鍋」。
”どんこ”というのは主に東北地方を中心に食用とされている深海魚で、ナマズのような魚体をしています。
新鮮だと刺身やタタキにして食べられるのですが、東北地方以外では珍しいネタです。
マスターにたずねると、一人前でもOKということなので早速オーダー。
都内では(特に普通の居酒屋では)めったに見られない魚だけに、切り身か何かを入れるのかと思いきや、マスターが、
「これだよ。」
と丸々一匹の大きな”どんこ”を見せてくれました。
”どんこ”の特徴の一つは、深海から引き上げられたときに、圧力の違いで口から内臓が飛び出してしまうところ。
魚体そのものとあわせて、深海魚らしいグロテスクさが一般的には敬遠されてしまうのかもしれません。
しかしコレを鍋にして食べるというのは、酒飲みにとっては見逃せません。

鍋を一人で食べることを、「寂しすぎる」などと言う向きもあるようですが、それは間違い。

一人で飲むことの愉しさの一つは、料理も酒も誰にも気遣いせずに愉しめるということ。
特に鍋なんかは複数だと、ヤレ材料の投入の順番がどうだ、食べる順番がこうだとヤカマシイ人が必ず居る。
更に直箸じゃアレだの、最後の一切れの肉を遠慮なく食べると文句を言われたりと、とにかくメンドクサイ。
気の利いた居酒屋というのは、だいたい一人前の鍋が有るものなのです。

というワケで”そはら”で出てきた”どんこ鍋”は大きなキモがポテェ~っと入った絶品!
あんこうに近い旨みもあるけれど、”どんこ”ならではの野性味も感じさせる独特の風味。

日本酒は”浦霞”に続いて”田酒”を冷でお願いし、アツアツの鍋との組み合わせを堪能。
具を食べ終わった後のスープがまたヨロシイ。
温まるというか、精がつく感じ。

ニコニコ顔でマスターに、
「ウマかったよ、また来るね。」
と言い残し、ホカホカの体を冷ましながら、御茶ノ水駅までの坂道を歩くのでした。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.24

地元のバーへ行ってみました。

Bourbon私の住んでいる神奈川県某市には三軒のバーがあります。
一軒は若者向けのお店で、どちらかと言えばグループ客向け。
もう一軒はわりと本格的で、お洒落な雰囲気のお店。デート向きの雰囲気なのに、近所の旦那さんがマスターと世間話をしながら飲んでいるのがほほえましいお店です。
そして先日はじめて訪問した三軒目は、「クセのあるマスターが、市内で一番ウマイ酒を飲ませてくれる」というウワサのお店。

古いビルの二階のドアをあけると、白髪交じりのマスターが迎えてくれました。
年季の入った店内。バックバーにはかなりの数のウィスキー、それもほとんどがバーボンです。
見たところ特別高級なボトルが並んでいるわけでは無いけれども、種類はかなり多い。
ずっと昔からお店の棚の隅に並んでいるボトルもずいぶんとありそう。


小さくガッツポーズ。


話してみると確かにクセのあるマスターで、
「団体と、既に酔っ払っている客はお断り。」
だそうだ。

ジントニックなんかオーダーしたら叱られそうなので(笑)
一杯目はイエローストーンをストレートでお願いした。

マスターは音楽や映画が大好きで、以前はお店でジャズの生演奏などもやっていたが、
「こんな田舎じゃぁ誰も理解しねぇからやめた。」
とのこと。
私が、「オレも音楽のことはわからないけれど、楽器の生演奏とか、活けてある花とか、そういう酒以外の部分に耳や目が向くと楽しく飲むことができると思っている。」
と話すと、いきなり意気投合。

マ:「特別な酒を飲ませてやる。」

と、ショットグラスで透明な液体を出してくれた。

私:「何かのリキュールですね?」
マ:「良くわかったね。」
私:「でも何のリキュール?」
マ:「教えてやらない。」
私:「もしかして・・・マスターが造った酒?」
マ:「言えねぇ(ニヤニヤ)」

最後に”オールド・セント・ニック”をオーダーし飲み終えた後、今度マスターに”太陽にほえろ!”のDVDを貸してあげる約束をして店を後にしたのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.23

上野の居酒屋『虎の子』

toranoko上野にある最近お気に入りの居酒屋”虎の子”。
見ての通り店構えはごく普通のお店。
内部も特に変わったお店ではありません。

しかしなぜか心地よいお店です。
まず、お店全体に活気がある。
引き戸をあけて入ると、
「いらっしゃいませっ!一人?どうぞココへ」とスピーディーに案内してくれる。
ホワイトボードを見ればその日のオススメが何であるかがすぐにわかる。
大きなお店でもないのに、カウンターの向こう側では常に3~4人が仕事をしていて、頼んだものがすぐに出てくる。
何もかもが他のお店より”サクサク”と進行していきます。
日本酒もそこそこの銘柄が揃っているが、どれを頼んでも品切れだったことがありません。
(よくありますよね、注文すると”スイマセ~ン今日はそれは切らしていまして”って答えるお店が)
それではあわただしい店なのかというとそんなことは無い。
開店前の準備や、客のちょっとしたしぐさに目が行き届いているから、スムーズにことが運ぶのでしょう。

マニュアルで教育されているチェーン店居酒屋ではけっしてマネの出来ない、激戦区で勝ち残ってきたお店です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.11.22

バーボンとチョコレート

woodford先日購入したバーボン”ウッドフォード”
コルク栓に蒸留所のマークが記されているなんて、”粋だなぁ~”と思ったものの、実は味の方はどうもイマイチ好みに合いませんでした。
そこで今夜はこの”ウッドフォード”に一工夫。
ツマミにビター風味のチョコレートを用意してみました。

ウィスキーとチョコレートって合うんですよねぇ~。
合うというよりチョコレートを口に含む前と後とで、明らかに味の感じが変わるのが楽しい。
甘いものの後でお酒が辛く(あるいは強く)感じるかと思いきや、たいていはチョコレートとまろやかに溶け合う感じになります。
”ウッドフォード”も、ツンツンした感じが無くなり、美味しく飲むことが出来ました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.21

日本海の夕日

yuuhi新潟から山形に移動する車窓から見た日本海に沈む夕日。
デジカメのメモリーを整理していたら出てきました。

電車が海沿いを走っている間、ず~っとこの光景が続きます。
ガラガラの特急列車の車内で、ノートパソコンを広げたり、缶ビールで一杯やっていた出張サラリーマン達も、やがてポツポツと窓側の席へ移動。
あまりの美しさに、ケータイのカメラで撮影したり、ただボーっと夕日を眺めたりしていました。

自然に接するのも地方出張の楽しみの一つです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.20

秋葉原駅で見かけた人物。

deisuiなにもこうなるまで飲まなくても・・・。
大丈夫ですかぁ~?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.11.17

久々『太陽と星のバー』

taiyo今夜は久々に”太陽と星のバー”に行ってきました。
いわゆる「たまには顔を出さないと」というヤツです。(笑)
この店は何と言っても店内のムードが売り物で、前にも書いたと思いますが、芸術家のマスターが細々と(?)営業しています。
たいてい客は一人だけか、多くても3人で、ぶっきらぼうなマスターとの会話を楽しんでいます。
今夜も、

「最近釣りはどうなんですか?」

しばらく間

「相変わらず出張は多いんですか?」

しばらく間

「このお酒はこの前飲みましたよね?」

しばらく間

といった感じでしたが、一ヶ月以上顔を出していなくてもキチンと客のことを覚えているのがウレシイです。

正直、たいしたお酒は置いていないお店ですが、なぜか足が向いてしまう不思議なお店です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.16

最近更新ペースが鈍っていますが

その分飲みのペースがアップしているということです。(反省)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.13

本日の酒

todayウチに置いてあるボトルがいくつか空になったので、近所の酒屋で補充。

左から
”メーカーズマークの赤”(←コレが好きなんです私)
”ブランドン”(←定番ですな)
”ウッドフォード・リザーブ”(←バーボン・初めて買ってみた。)
”グレンフィディック・18年”(←円熟なる三角)

今夜はまず”ウッドフォード”から試してみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.12

酒に合うテレビ

old-kentucky3酒とテレビ。
一件何の関係も無いようですが、意外とよくある組み合わせではないでしょうか。
居酒屋で一人で飲んでいるときなど、音声を落としたテレビなんかが相手をしてくれるときがあります。
スポーツバー(私は行かないけれど)なんかだと、みんなテレビ観戦で盛り上がっているようです。
刑事モノ大好きな私としては、スカパーでやっている番組を録画して、週末に飲みながら自宅で観るのも楽しみの一つです。

番組に応じて合うお酒があるような感じがして、ビールなら「西部警察」、ウィスキーなら「あぶない刑事」、日本酒かバーボンなら「太陽にほえろ!」といった感じです。

下北沢には松田優作が飲んでいたというバーがまだあるらしい。
一度行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.11

どうしてよいのかわからない。

HT昨夜は久々に、「どうして良いのかわからない。」という体験をしました。
フランス料理の高級店など、滅多に行くことのないタイプのお店だと、そのお店で”どうふるまったら良いのかわからない”ということがあると思います。
居酒屋でも一人呑みの場合、慣れないうちは、”どうふるまったら良いのかわからない”という人もいるかと思います。
私の場合たいていの居酒屋、バー関係は大丈夫なんですけれども、昨夜のお店は戸惑いました。

昨夜のお店は”阪神タイガースファンの店”なのです。

店内のテレビで阪神の試合でも流れているのならともかく、オフシーズンですからそういうわけでもありません。
しかいこのお店の常連さんたちは、阪神タイガースの選手の高校時代の話などでかなり盛り上がっています。
阪神どころか野球自体にあまり興味の無い私はどうしてよいのか全くわからない。
ということで早々に退散したのでした。

※写真も恐る恐る隅っこを撮影。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.08

最近荒れ気味で・・・。

motu先日朝まで飲んだばかりだというのに、昨日もまた二時まで飲んでしまいました。
会社の新人歓迎会で居酒屋で一次会、そのあと二次会(しかも同じ店で(-_-;))。
そのあと新宿へ移動して飲んでから、例によってカプセルへ・・・。

な~んか最近飲み方が荒れてるなぁ~。

そんな状態を一旦リセットすべく、今夜は”赤津加”へ。
これも名物ではないかと思う”鳥モツ煮込み”をメインに熱燗をキューッ。
プルプル&プリプリのモツと、絶妙な温度の”菊正宗”。

やっぱコレだよなぁ・・・。

カウンターに座り、旨い料理と酒で、けだるい時間をすごす。
モツ煮込みのなかの豆腐が熱を温存したまま胃袋に落ちて行き、体を温めてくれます。
スーツの上着を脱いで一息つく心地よさ・・・。

日が落ちて外が寒くなるのがうれしい季節になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

朝まで飲んでしまった・・・。

DENI土曜日は高校時代の友人の結婚披露パーティに参加。
イタリア料理のレストランで開かれたのですが、出てくる料理がウマイウマイ!
ワインやビールもけっこう飲んでしまいました。

で、その後は昔の仲間と二軒目へ。
妙な名前の焼き鳥屋でしばしビールなどを飲みましたが、
「まだ飲み足りない。」
「電車はあるから。」
ともう一件居酒屋へ。

更に電車で地元方面へ戻ると
「酔いが冷めたから。」
とまた居酒屋へ。
AM4時半ごろまで飲んでから別れました。
しかしこれからすぐに自宅に戻っても、家の鍵を持ち歩いていない私は家に入れません。
そこで始発のバス(AM6:05)が来るまでの時間をデニーズですごすことにしました。(写真)

結局二軒目以降はたいした店ではなかったわけですが、そんなことは関係無しで、昔の仲間といっしょに飲む酒というのはとにかく楽しいものです。

あっそうそう、N君夫妻に幸あれ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.11.06

江戸の情緒に浸る。

tyanko新宿のカプセルホテルで目覚めた土曜日の朝。
この日は夕方から友人の結婚披露パーティーに招かれていた(また飲めるぞ!)ので、それまでどこかで時間をつぶさなければなりません。
前夜は風呂も入らずにグッスリと寝てしまったということもあり、健康ランドに行くことにしました。

向かったのは両国。
江戸東京博物館の裏手にある「江戸遊」というところです。
風呂やサウナでスッキリとしたところで予定通り(笑)腹がへってきました。
場所が両国だけあって、健康ランドのレストランにも「ちゃんこ」があります。
昼だというのに何の迷いも無く「魚ちゃんこ」を注文(もちろん生ビールも)しました。
34歳男性が一人で鍋料理を作って一人でパクパクと食べる。

これぞ江戸の風流というものです。(少々自虐)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.05

禁酒明け、新宿の夜。

igl禁酒明けの昨夜は新宿で飲みました。
湯島や上野あたりと違って、圧倒的に若者が多い。
いかにも”花の都大東京”(←長渕風に)といった感じです。

まず一軒目は老舗バー「イーグル」へ。
ここには古き良き時代の”酒場”が残っています。
カウンターの奥ではバーテンダーや料理人がテキパキと働き、供されるカクテルはもちろん、料理も一級品のお店です。
とはいえ腹ごなしもかねて入ったものの、さすがに金曜日の夜。
どうにか席を確保したものの一人では間が持ちません。
軽く飲んで早々に二軒目へ。

二軒目はこの夜が初めての「ritbar」というお店。
ここがすばらしかった。
一杯目の”ジントニック”は、量も香りもたっぷりの一杯。
次にオーダーしたのは”オールドファッションド”。
マスターが、
「デコレーションしないことにしていまして・・・」
と差し出したのはホントに何もデコレーション無し。
一瞬とまどいましたが、味はスバラシイの一言。
客によって好みの分かれるカクテルに自分のスタイルを入れ込み、なおかつ客を納得させるとは、もしかしたらこの人はただ者ではないのかもしれません。

ふと気が付くと店内ではピアノの生演奏が・・・。
いい感じになってきました♪

今度は若いバーテンダーに”オールド・セント・ニック”をオーダーしたところ、

バ:「今あるのは4種類でございます。一番古いのは25年物ですが、私がテイスティングした感じでは24年物の方が良かったです。」
私:「へぇ~、若い方が良かったの?」
バ:「ハイ、25年の方はちょっと樽の風味が強く出すぎているようでして。」
私:「ふぅ~ん・・・(どうしようかな)。」
バ:「よろしかったら半分ずつお出ししますが。」

始めて来た客にウレシイ心遣いではありませんか。
しかし24年と25年では違いがわかるか自信が無かったので、15年物と24年物をショットグラスに半分ずついただいたのでした。

そのあとラーメン屋に入って(←ここもウマかったけれどまた後日)、大満足でカプセルホテルへと消えたのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.11.04

反省しました。

kinsyu2飲んでばかりの日々を少し反省し、昨日は一日だけ禁酒しました。
家にこもって取り貯めしたビデオを見たり、新しい「禁酒マーク」を作ったり、酒の代わりに麦茶や牛乳をのんだりして、どうにか一日終了。

気のせいか朝の目覚めもスッキリ。
まぁ今日からまた気合を入れて飲むんですけれども、

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.03

なんの反省もなく・・・。

ika一昨日3時まで飲んでいたにもかかわらず、昨夜はまたしても新規開拓。
秋葉原から上野に至る裏通りには、居酒屋、焼き鳥屋、季節料理、中華などのお店がポツンポツンとあって、わたしの心をくすぐるのです。(同時にサイフを締め付けるのですが・・・)

昨夜は以前からちょっと注目していた居酒屋へと向かったのですが、そちらが混んでいるようだったのでとなりのお店(コチラも注目していた)に入ってみました。

引き戸を開けてはいると、前の店の後に居ぬきではいったのだろうか?雰囲気はそれほどでもない。
しかしカウンターの上にはなかなか粋なものが並んでいる。
「イカの丸干し」「秋刀魚の丸干し」「子持ちイカ」(写真)
オススメメニューも「メジマグロ」「ヒラメ」「ホッキ貝」とまぁまぁ。
「生ビール」と「子持ちイカ」「メジマグロの刺身」「ホッキ貝の塩焼き」「モツ煮込み」をオーダーし、しばし休息。
良く見ると焼酎に力を入れているようで、日本酒はあまり置いていない様子。
秋刀魚の丸干しなんて日本酒に最高に合うのに、ちょっと残念。
(↑まぁ焼酎にも合うでしょうけど)

「及第点かな。」

と思いつつ、二軒目へと向かうのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.02

午前3時の会議室

sudタイトルから深夜まで残業した話かと思った皆さんスミマセン。
また酒の話です。

昨夜は会社の飲み会に参加しました。
0時近くに一次会が終わり、二次会へ。

「どっかやってる店あるかぁ?」
「あるある、ありますよ、会社の近くに朝までやってる店が。」

というわけでSara&鯛介へとなだれ込む。
しかしながら寄る年波には勝てず、さすがに朝までは飲んでいるスタミナはありませんでした。
3時近くになって、

「そろそろ行くかぁ?」
「どこへ?」
「会社。」

3時からカプセルに行ってもお金がもったいないし、
スーパー銭湯は安いけれど、もうそこまで歩く元気が無い。
それで会社で寝ることになったわけです。
もちろん会社にベッドや布団があるわけでもなく、とりあえず暖房を入れて床でゴロ寝。
我ながら”潔し!”と思ってとった行動ですが、翌朝目覚めたら体のあちこちが痛い・・・。(T_T)

写真は明かりも消さずに会議室で眠る後輩のS君です。
(変死体ではありません)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »