« ブログの価値を計算?! | トップページ | 初冬の長野にてトンカツ。 »

2005.12.13

怪しい雰囲気の焼肉屋。

tokyoen昨夜は焼肉屋を開拓しました。
焼肉屋といっても単なる焼肉屋ではありません。
東上野の一画に大小様々な焼肉屋、キムチ店、精肉店、朝鮮物産店などが集まった、通称”コリアン・タウン”とか”キムチ横丁”と呼ばれているエリアがあるのですが、ここにある焼肉屋さんです。

この”コリアン・タウン”は外側から見ると普通の焼肉屋さんが集まった一画なのですが、一歩中へ入り込むと、かなり怪しい雰囲気が漂っています。
暗くて狭い通りは人一人が歩くのがやっとで、そこにに小さな焼肉屋さんが何軒か集まっています。
店が狭すぎるのか、通りで野菜を切ったりしている光景も見られます。

ハッキリ言って一人だと怖いです。

そこで昨夜は会社の同期であるギャバン氏を誘い、このディープなエリアの焼肉屋を探検してきました。

入ったお店は”東京苑”というところ。

引き戸を開けてはいると、

「さぁどうぞお二階へ。」

店員さんが以外にフレンドリーです。

怖くなるくらい急な階段を上ると、座敷には4人用座卓が4つ。
コートをビニール袋に入れて、さぁ注文です。

メニューはカルビ、ロースなど一般的なものが中心で、ちょっと期待はずれ。
↑見たことも聞いたことも無い部位があるかと思っていた。
飲み物には時代を感じさせる「一級酒」とかもあります。

塩カルビ、上カルビ、コブクロなどをオーダーし、ビンビールで乾杯。
出てきた肉はどれも肉厚で、見るからに旨そう(涎)
そしてコブクロは異様に量が多い!
肉はどれも柔らかく、臭みの無いタレもウマいです。

その後特上ロースやスープ類をオーダーし、

「もう動けねぇ。」

となるまでパクついて一人\4,300-でした。
ディープなコリアン・タウン。
再訪間違いなしです。

|

« ブログの価値を計算?! | トップページ | 初冬の長野にてトンカツ。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

生きダコなかったですか?
生きダコ食べたいなぁ・・・・

ここも行き着けの店になったら、きっと何か
ディープな食べ物出てくるかもしれませんね!

投稿: hirorin | 2005.12.13 16:42

>>hirorinさん
な、な、なんですか『生きダコ』って( ̄□ ̄;)!!
もしかして生きたタコを鉄板に?!

投稿: FUKAWA | 2005.12.17 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/7598214

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しい雰囲気の焼肉屋。:

« ブログの価値を計算?! | トップページ | 初冬の長野にてトンカツ。 »