« 松島で牡蠣を喰らう。 | トップページ | 新・モバイルセットの製作 »

2006.02.08

「酒文化の会」の資料が届きました。

sakebunka先日資料請求した「酒文化の会」から、入会検討用の資料が届きました。
送られてきた封筒を開くと、簡単な入会案内とアンケート用紙、それから『月刊酒文化-冬季特別号』がサンプルとして同封されており、これがなかなか興味深い内容です。

【巻頭研究】:酒で巡る韓国の旅
【酒放談】:これお好きですか?-忘年会-
【研究論考】:中世人と酒
【資  料】:伝統と変革のリアル・エール
【インタビュー】:日本酒を自家貯蔵する愉しみ
【連載エッセイ】:ワールド酒フロント
【エッセイ】:酒づくりの心象風景
       日本酒のうつわ
       酔いの演
       一杯の思い出

各記事はフリーのライターの他に、業界関係者や大学の先生などが執筆されており、そうとう充実しています。
特に中世人とお酒の話などは他ではなかなかお目にかかれないテーマですし、古酒についての記事はタイムリーな話題と言えるでしょう。

私は常々、お酒というのは単に血中アルコール濃度を上げて酔っ払うのではなく、舌で味を見分け、鼻で香りを感じ、頭でお酒の背景(産地、情熱、伝説など)を理解することで、より深い、「文化としての酒」を楽しめると考えているのですが、(まぁ実際には酔っ払って途中から忘れますけど)そういう意味ではこの資料は実に参考になりそうです。

|

« 松島で牡蠣を喰らう。 | トップページ | 新・モバイルセットの製作 »

「お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/8377204

この記事へのトラックバック一覧です: 「酒文化の会」の資料が届きました。:

« 松島で牡蠣を喰らう。 | トップページ | 新・モバイルセットの製作 »