« USBで冬を乗り切る。 | トップページ | 山手線シリーズ:上野駅で二軒目 »

2006.02.23

山手線シリーズ:上野駅

yamanote5昨夜は上野駅で新規開拓を行いました。
上野といえば大衆の街。
昼間から千鳥足のオッサンを見かけるほど、数限りない飲み屋が集まるエリアです。
そんな上野で最も栄えているのは、上野駅から南は御徒町、西は湯島へと続くエリア、JRの高架下から「仲町」と呼ばれる一帯です。
一部には客引きの姿も見られるちょっと怪しいエリアには、もちろん何軒もの名店・迷店がひしめいているのです

が、今回はあえて上野の寂しいエリア、駅の東側に足を向けてみました。

yakitori向かったのは焼き鳥屋
狭くて暗い路地の両側に、二軒の焼き鳥屋が並んでおり、以前からちょっと気になっていたのです。
二軒ともお店の前はきれいだし、長く営業している感じです。
まず一軒目は「鳥心」
路地の入口付近に「オススメメニュー」の看板を出すなど、客を引き寄せる工夫に好感が持てます。

ガラガラ・・・

オレンジ色の提灯が並ぶ入口の引き戸を開けると、内部は以外に広い空間です。

しかも既にかなりの客が入っています。

人差し指を立てて、「一人」を表明すると、

無口そうな親父さんが、「カウンターになっちゃいますけど。」

もちろんカウンターで問題なし。
一番隅に座ってビールを注文し、しばし店内を見回します。
お店の人は年配の男性が二人、ほぼ満員の店内を切り盛りしています。
メニューは焼き鳥関係以外にも、〆サバや鍋物など、普通の居酒屋にあるものも揃っています。
客は全て中年のサラリーマン。
要はオッサン達のための大衆酒場といった感じです。

”マグロのブツ”と、せっかくなので焼き鳥の”皮”と”レバー”を注文。

しばらくして出てきた”ブツ”のマグロはまずまずのネタを使っています。
盛り付けは美しいとは言えませんが、それも大衆酒場らしくてヨロシイ。

yakitori2
そしていよいよ出てきたのが”レバー”
写真だとそうでも無いように見えますが、一瞬間違って違う部位が出てきたのかと思うほどの大きさ!
焼き具合は柔らかめで実にウマい!
むにゅるむにゅると噛むと、トロリトロリと味がしみ出してきます。
デカイから意外に腹にたまります。

焼いている場所が良く見えないけれど、炭火だろうか?

接客はちょっとイマイチだったけれど、”まぁこんなもんか・・・”

そんな感想を持ちながら、次のお店へと向かうのでした。

|

« USBで冬を乗り切る。 | トップページ | 山手線シリーズ:上野駅で二軒目 »

「お酒」カテゴリの記事

「山手線シリーズ」カテゴリの記事

コメント

右上の地区を制覇しつつありますね。
次の店も気になります!

投稿: aiai | 2006.02.24 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/8799584

この記事へのトラックバック一覧です: 山手線シリーズ:上野駅:

« USBで冬を乗り切る。 | トップページ | 山手線シリーズ:上野駅で二軒目 »