« 阿佐ヶ谷デビュー:その1。 | トップページ | 福島のアン肝丼 »

2006.08.20

阿佐ヶ谷デビュー:その2。

「一休み」で、文字通り一休みしたあと、もう一度「善知鳥」の方へ行ってみました。
すると暖簾が出て明かりが点いています。

ガラガラ

引き戸を開けてみましたが、店主と思われる人が、

「スミマセ~ン。予約で埋まってまして・・・」

とのこと。
残念ですがしかたがありません。
そこで同じくaiaiさんオススメのバー、「アルフォンソ」に向かいました。

扉を開けて入ると、わりと小さな、そして静かな店内。

”ジン・トニック”をお願いして、しばしくつろぎます。

爽やかな”ジン・トニック”を味わいながら、バックバーを眺めます。
最近は7割くらいをシングル・モルトが占めるお店もありますが、客全員がその道の専門家じゃあるまいし、私なんかはちょっと引いてしまいます。
その点このお店は、お酒はバランスよく揃っているようです。

”ホワイトレディー”をお願いすると、マスターが話しかけてきました。
そこで阿佐ヶ谷は初めてであること。
このお店は馬場さんに教えていただいたことなどを打ち明けると、

「馬場さんのお知り合いでしたら・・・、かなりお飲みになられますね?」

と図星を突かれてしまいました(笑)
三杯目は、”オールド・ファッションド”をお願いし、落ち着いた店内の雰囲気を満喫。

お店を出た後、ラーメン屋で腹ごしらえをし、最後にもう一軒バーをひやかして、立川のカプセルホテルへと向かったのでした。


|

« 阿佐ヶ谷デビュー:その1。 | トップページ | 福島のアン肝丼 »

「お酒」カテゴリの記事

コメント

ようこそ、阿佐ヶ谷へ(^^)♪
アルフォンソのマスターから、FUKAWAさんらしき方がいらしてたと聞いてました!

「善知鳥」は残念でしたね。
また機会をみつけて来てくださいね~♪

投稿: aiai | 2006.08.20 14:54

阿佐ヶ谷というと、雨の日に飲みにいって私の傘を先に出たお客さんが持っていってしまったらしい・・という記憶が一番残っています。
でも、腹が立つというより「それが阿佐ヶ谷なのね♪」と当時の私は思ったものです。

そうか~aiaiさんのブログ見てきましたって言えば特典が付きそうなお店ですね。
静岡から阿佐ヶ谷は、今となってはちょっと行きづらい場所だけど、また行って見たいな、阿佐ヶ谷。

投稿: hirorin | 2006.08.21 21:18

「XXさんのご紹介で…」というと、「結構飲みなれて?いらっしゃいますね」みたいに言われることってありますよね~。
まだ初心者系の私だとちょっと緊張しちゃう瞬間だったりします(笑)。
そう言われても動揺しないようにいっぱい修行しなくちゃ。

投稿: きゃろ | 2006.08.22 23:36

>>aiaiさん
良い飲み屋街を教えていただいてありがとうございました。
フフフ、そのうちにまた出没しますよ。

>>hirorinさん
そう、それが阿佐ヶ谷なのです。きっと。
それにしてもいろいろな所でアバレていますな(^^)

>>きゃろさん
いやいや、「○○さんの紹介」は意外と楽ですよ~。
あと、私が結構使うのが、
「その辺ブラブラしていて、ちょっと入ってみました。」
ってパターンですね(←そのままですが)

投稿: FUKAWA | 2006.08.26 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/11521732

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷デビュー:その2。:

« 阿佐ヶ谷デビュー:その1。 | トップページ | 福島のアン肝丼 »