« W-ZERO3[es]の環境設定が完了。 | トップページ | メーカーズマーク 逝く »

2006.08.16

W-ZERO3[es]・廃品利用でガタつき防止

発売当初から一部で不満が出ていたW-ZERO3[es]のテンキーガタつき問題。
最初は気にならなかったのですが、使い込んで行くとやっぱり気になり出しました。
SHINO-BLOGさんカグスベールという戸の滑りを良くするシールを使う方法や、とくみつさんのところではクリアフォルダーを使用した方法が紹介されています。
それじゃぁ、ということで私もチャレンジ。
01使用したのはVHSテープのケースです。
この素材は加工しやすくて、しかも非常に丈夫なので、時々お世話になっているのです。
色は本体に合わせてブラックを選択。(あまり選択肢無いけどね)
 
02ガタつきの原因となっている隙間部分に挟んでみると、ちょうど良い厚さ、これならイケそうです。
 
 
 
03材料の切り出しには、アクリルカッターを使用します。
でも持っていない人は、多分普通のカッターナイフでも十分です。
 
 
 
04貼り付ける位置としては、写真のように最初からやや厚みをもたせてあるエリアとなります。
最初はこの厚みのあるエリアと同じサイズにしましたが、摩擦抵抗が大きすぎてキーボードのスライドがのろくなってしまいました。

05いろいろ試した結果、幅7mm×長さ53mm程度がよろしいようです。
細くしすぎると貼り付けが弱くなるし、長さが短いと、スライドさせるときに引っかかったりします。
また、ガタつき大きいテンキーの左側だけに貼ると、逆に右側のガタつきが気になります。
06で、ここからが本日のハイライト。
切り出したプレートを貼るのは両面テープを使用しますが、隙間に張り込むときに、寸法がギリギリで両面テープがくっついてしまいます。
そこでテープの紙を完全に剥がさずに、半分くらいのところで折り返しておきます。
この状態でプレートを隙間に差し込み、カッターナイフの先端などで位置を調整してから、テープの紙を引き剥がします。
07出来上がった状態。
厚さがギリギリだっただけに、ガタつきは完全に解消されました。
色的にもW-ZERO3[es]の本体にマッチしていますし、白をお持ちの方は白いVHSケースから切り出して使えばOKです。

※もしこの方法を試される方は、製品個別のガタつき具合と、VHSテープのケースや両面テープの厚みの違いを良く確認してからにして下さい。


|

« W-ZERO3[es]の環境設定が完了。 | トップページ | メーカーズマーク 逝く »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

右脳です<(__)>。
#トラバありがとうございます(^^ )。

そうかぁ…、色んなものが応用可能なんですねー(^^;)。
今の設定に不満が出たら参考にさせて頂きます。
ではではー。

投稿: 右脳 | 2006.08.16 15:34

>>右脳さん
ビデオのケースはいいですよ。
同じ素材でもうちょっと厚みがあるものがあれば、いろいろな工作に使えそうなんですけどねぇ~。

投稿: FUKAWA | 2006.08.19 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3[es]・廃品利用でガタつき防止:

» W-ZERO3[es]のガタつき補修工作 [とくみつ録]
  キーボードのスライド感やキーの押し心地など、かなり出来が良くて気に入っているW-ZERO3[es]。 ただひとつとても気になるのは↓丸印のガタつき。 キーを押すと本体ごとグニっとたわみます。 たわむとボタンの押し心地が良くないのはもちろん、電話に出る際(無意..... [続きを読む]

受信: 2006.08.18 02:33

« W-ZERO3[es]の環境設定が完了。 | トップページ | メーカーズマーク 逝く »