« 青森出張その2 | トップページ | W-ZERO3[es]:入院中に準備 »

2006.10.27

青森出張その3:八戸へ

青森県出張の最後の夜は八戸。
いつもは新八温泉に泊まって、中で全部済ませてしまうことが多いのですが、この日は本八戸駅前のビジネスホテルに宿泊。
久々に八戸の中心街へと向かいます。
Hatinohe1行ったお店は「ばんや
ん~、いいでしょ?この雰囲気。
店の前の電柱が傾いているのもこのお店にマッチングしている(笑)

ガラガラ・・・(と引き戸を開ける)

ちょっと遅いスタートだったので混んでいるかと思ったら、この夜はわりと空いています。
カウンター席に腰を下ろし、店内を眺めます。
天井から魚の干物がぶら下がり、薄暗く、そして温かい雰囲気の店内。

変わらないなぁ・・・

お酒もいろいろ揃っています。
青森の居酒屋というと、お酒が”田酒”と”豊盃”ばかりで、ちょっと飽きてきたころだからちょうど良い。
まずは”獺祭”と、カウンターの上の大皿から”タコの煮付け”を注文。
いいねぇ~、”獺祭”の香りが長時間の運転で疲れた体を通り抜けます。

そして店内のテレビを観ながらボーっとするひと時。

改めてメニューを見ると、”がんがぜ焼き”の文字が。
菊駒の””というお酒とともにお願いしてみた。

Hatinohe2これがその”がんがぜ焼き”
貝殻の上にウニをたっぷりと盛り付けて、軽く焼いたものです。

ウメェ!

少し荒っぽさの残る””ともよく合います。

ウニをお願いしたからちょっと予算オーバーかな?
と思ったのですが、お勘定はビックリの低価格。
このお店は雰囲気、料理、お酒が良くて、料金が非常に安いのです。

あ~大満足。
それにしても今回の青森県出張は充実していたなぁ~(夜が)

Hatinohe3気持ちの良い夜のシメは、バー「AREA」に行くとしよう。。。


|

« 青森出張その2 | トップページ | W-ZERO3[es]:入院中に準備 »

「お酒」カテゴリの記事

「出張」カテゴリの記事

「青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/12457935

この記事へのトラックバック一覧です: 青森出張その3:八戸へ:

« 青森出張その2 | トップページ | W-ZERO3[es]:入院中に準備 »