« W-ZERO3[es]:キーロックスイッチを見やすくする。 | トップページ | 東北出張:盛岡の夜。 »

2006.11.25

秋の大山登山・山頂で燗酒を飲む。

秋ですなぁ~。
紅葉ですなぁ~。
そんなワケで、今回は秋の大山登山にチャレンジしてきました。
前回は最高にウマいウィスキーの水割りを飲むことが出来て大成功でしたが、今回のパートナーは日本酒です。
そろそろ寒くなってきたし、山頂で燗酒を飲みたい!
紅葉と日本酒もきっと合うぞ!
Ooyama1で、まずはベースキャンプとなるローソンです。
ここで朝食用のオニギリと、下社までの飲料水を買い込みます。
今回は氷はナシ。
 
Ooyama2歩き始めて約50分。
前回よりも気温が低いからでしょうか、ぜんぜんバテずに、しかも速いペースで国定公園の入り口にたどり着きました。
朝焼けがゲートを照らします。

Ooyama3で、毎度おなじみの男坂。
あれー、紅葉を期待してきたのに、常緑樹と針葉樹ばかりで、紅葉している木がほとんど見当たりません。
もしかして既に紅葉は終了?!
 
 
 
Ooyama4しかーし!
下社に到着するとみごとな紅葉が!
白い石段とのコントラストも美しい。
この時点でまだ午前8:30.
休日だというのに観光客はまばらです。
Ooyama5_1ウォー!景色も最高!
天気が良かったので、江ノ島はもちろん、相模湾が一望できました。

Ooyama6それじゃぁ早速・・・。
まずは”竹鶴(純米原酒・雄町)”を常温で。

クハァ~、いいね。朝酒は。
Ooyama7続いては”神亀”で紅葉に乾杯。
しかしさすがにウィスキーのソーダ割りみたいなのどごしとはいかないわナ。

Ooyama8そしてこれまたおなじみの”大山名水”を採取。
今回は山頂で燗を付けるため、やや大目の2リットルをいただきます。

Ooyama9いよいよ山頂へ。
今回は前回とは違う、「かごや道」というルートで登ってみます。
途中で本道と合流するらしいのですが、未知の登山道です。

Ooyama91エイッホッ、エイッホッ、
あれ~、なんだよ、本道より整備されていて楽そうじゃないか。
カゴ屋さんもたいしたことないな・・・

Ooyama92と思ったのもつかの間。
このような険しい道が出現。
カゴ屋さんスミマセンでした。
ちなみにこのかごや道には、今どの辺りまで到達しているのかを示す「○○丁目」という道標がありません。
Ooyama9330分ほど登ると本道と合流します。
あれれ、まだ16丁目かよ、20丁目くらいまで来たと思ったのに。(全28丁目まであります)
ちなみに3メートル以上ある写真の石碑は、人力で運んだのだとか。
すごいな昔の人は。

 

Fujiそして更に登ると富士山が見えてきました。
いやー絶景絶景!
やっぱいいな、富士山は。

Tyoujyouでもって頂上に到着!
 
エイドリアーン!エイドリアーン!
達成感とともに眼下には小田原辺りまで見渡せる大パノラマが。
Ooyama94ジャーン!
コレが今回の秘密兵器「ALPOT」。
アルコール燃料でお湯を沸かすことができるというものです。
強風でも使えるということで釣り用に通販で購入しましたが、まだ使ったことナシ。
Ooyama95なんとお湯は10分くらいで沸きました。
なかなかのスグレモノだぞコイツは。
そしてもう一つのアイテムである「燗すけ」が登場。
”竹鶴”を温めます。

Ooyama96ツマミは”スルメイカわた入り姿煮”
ウマいよコレ。
わた入り」というところがしっかりとツボを押さえています。

 
Ooyama97雑炊もできたぞ(お湯注ぐだけだけど)
山頂は寒いので温かい料理で腹ごしらえ。

 
 
Ooyama98ウィンナーなんかも・・・

 
 
 
Ooyama99ALPOTにドボンと入れておいたら出来上がった。
ウマイウマイ、酒との相性はイマイチだけど・・・。


 

Zenbuファ~、飲み終わったよ。
”竹鶴”と”神亀”あわせて6合くらい飲んだかな。
ほろ酔い気分だよ (*´∀`)=3
チロリで燗付けている私の姿を、年配の女性が怪訝そうな顔でジロジロ見ていたのが印象的。
渡る世間は鬼ばかりです。

Ooyama993再び下社に下りてくると、観光客でごった返しています。


 

Ooyama994
お団子ゲット!


 

Kouyou1帰り道である女坂の途中にある「大山寺」
紅葉の名所で最後に一杯・・・
と思いましたが・・・
 
Kouyou2観光客が多すぎてムリでした。
 
 
 

今回のまとめ
やっぱりアレですワ。
6合飲むと多少足元がふらつきます。
帰り道で足をグキッっとやってしまいましたが、そのときは痛くなくて、

酔っ払うと体が柔らかくなるってホントなんだな。

とか思っていたものの、家に帰ってからけっこう痛くなってきました。
それと汗をかいた後の最初の一杯は、のどごし重視でビールなんかがあった方が良かったです。
秘密兵器のALPOTは大活躍。
次回は冬の山頂で湯豆腐でもやりたいな・・・。

|

« W-ZERO3[es]:キーロックスイッチを見やすくする。 | トップページ | 東北出張:盛岡の夜。 »

「お酒」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

前回同様に今回も良い登山酒でしたね。しかも朝酒とはさすがです。いつも思うのですが、文章表現や写真が良いので、酒も食い物も旨そうに伝わってきますよ。熊も出没しなかったようで何よりです。ただ、登山で消費したカロリーよりも飲んだ酒のカロリーのほうが多いんじゃないすか?

投稿: ギャバン | 2006.11.26 01:18

うわー、早朝から日本酒(しかも竹鶴に神亀!)でくいっと気付け、
山頂で良い見晴らしの中お燗酒・・
ほろ酔い気分になって、ものすご~く気持ちがいいでしょうね~~。
やってみたくなりました!!

投稿: まき子 | 2006.11.26 13:36

笑えた(>▽<)
私が風邪引いても飲んでいるって不思議がってるけど、おばちゃん達も「そうまでしてここで飲む?」と不思議がっていたことでしょう。
6合も飲んでるし(笑)下山は危険ですって!
グキっとやっても、身体柔らかくなるんだ~とか言っているのがもうヤバイですよ。時間たって腫れたりしませんでしたか?

投稿: hirorin | 2006.11.26 13:43

>>ギャバンさん
いやいや今回の酒は実際にウマいんだよ。
それに酒飲みはカロリーなんて気にしないのさ。

>>まき子さん
小さな居酒屋のカウンターも良いですが、
大自然の中での酒もなかなか良いですよ。
日本酒と神社って相性も良さそうだし(笑)

>>hirorinさん
足は今朝くらいが一番痛かったですよ。
マジで病院でも行こうかと思うくらい痛かったです。
けど自然にほぼ治りました。
でもって今は筋肉痛で・・・(つД`)

投稿: FUKAWA | 2006.11.26 23:01

すごいなあ。
いや、私の場合運動して疲れた身体でそんなに酒飲んだら寝ちゃうか、そこまで行かなくてもぜーったいだるくなってダメです。サイクリングで昼飯にちょっとビール1本飲んだだけでも帰りペダル漕ぐのがだるくてダメだもん。(笑)

投稿: TODO | 2006.11.28 21:01

>>TODOさん
足をひねるくらいなら一眠りしておけばよかった・・・。
まだ痛いです(つД`)

投稿: FUKAWA | 2006.12.02 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/12820520

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の大山登山・山頂で燗酒を飲む。:

» ブッカーズ [目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記]
今日は、いつも行くBARで、趣向を変えて「パンチのあるバーボン」と頼んでみた。 「ファイティング・クック以外で!」というとてつもないオーダーに迷わず出てきたのが、ブッカーズでした。 飲み方はロックで。 舌の上にはスーッとのって飲みやすい感じだったが、その後のパンチが凄い! ほんとにガツンと脳天にパンチを食らったみたいだった。 濃く、深い味わいにちょいと癖になりそうな予感。 香りもなんだか、植物というか柑橘系の芳香がしているし、飲み下した後の余韻も長い。 しかし、飲ん... [続きを読む]

受信: 2006.11.27 23:31

» 横浜のクリスマス イルミネーション!富士山つき! [横浜のクリスマス イルミネーション!富士山つき!]
もうすぐクリスマスですね。高砂台から見る旭川のイルミネーションも綺麗ですが、ボクの故郷、横浜から見る夜景も格別ですよ。富士山とのツーショットが一番のお気に入りです。 [続きを読む]

受信: 2006.12.03 18:39

« W-ZERO3[es]:キーロックスイッチを見やすくする。 | トップページ | 東北出張:盛岡の夜。 »