« 熊が出たぁ~! | トップページ | 秋の大山登山・山頂で燗酒を飲む。 »

2006.11.23

W-ZERO3[es]:キーロックスイッチを見やすくする。

ここのところ調子良く活躍しているW-ZERO3[es]ですが、一つ問題点が・・・。
それはキーロックがされているのかいないのかが分かりづらいという事です。
画面がタッチパネル式だから普段はキーロックすることが多いのですが、アプリが起動していると、「キーロック中」を示す南京錠のアイコンが表示されず、キーロックに気づかずに操作してしまい、「チッ!」となることがしばしば。
そこでキーロックスイッチを目視しやすくしてみました。
1_1そもそも本体もスイッチも黒い色で、スイッチが側面にあるから見えづらいのです。
そこで本体の一部(赤く塗った部分)を削ることにします。
 
2_1相手が樹脂だから加工は簡単です。
カッターナイフでチョイチョイと・・・。
 

3そのあと極細のヤスリで仕上げ。
丁寧にやればカッターナイフだけでもOKかも。
 

4さてここが難しい、スイッチの側面の両端に、極細のドリルで浅い穴を開けます。
細すぎても意味が無く、太すぎるとはみ出してしまいます。
今回は0.7mmを使用しましたが、0.3mmで下穴を開けてから広げた方が良かったかも。
穴は何のためかといいますと・・・。
5クレパスを小さく削って押し込みます。
本当は蛍光塗料なんかで塗装した方が視認性は良くなるのですが、素材が黒だと発色が期待できないのです。
クレパス、近所でバラ売りしていて良かったです。
6で、完成。
キーロック解除時は水色の点が、ロック時は黄色の点が見えるようになりました。
しかしもう少し視認性が良くなる方法もありそうだなぁ。。。


|

« 熊が出たぁ~! | トップページ | 秋の大山登山・山頂で燗酒を飲む。 »

「モバイル」カテゴリの記事

「工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/12790135

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3[es]:キーロックスイッチを見やすくする。:

« 熊が出たぁ~! | トップページ | 秋の大山登山・山頂で燗酒を飲む。 »