« 今夜は家飲み・・・。 | トップページ | シーズンオフの気仙沼、予想外の展開に・・・。 »

2007.02.08

山形で思い出のお店に再訪。

久しぶりだなぁ~、山形市。
山形市には年に一回くらいしか宿泊しないんだけれども、3年くらい前に良いお店を発見したのです。
その後数回行ったのですが、運悪く定休日だったり、臨時休業だったりで結局他のお店をさまよっていたのです。
で、昨夜はさっそくそのお店「茂天門」(シゲモンと読む)へ・・・。

Sigemon1雪のチラつくなか、暗い裏通りをしばらく歩きます。
そして見覚えのあるビルの一階の奥に・・・
あったあった、日本酒のラベルがたくさん貼られた引き戸。
温かそうな照明。
変わらないなぁ~。

ガラガラ・・・(と引き戸を開ける)
ガラガラ・・・(山形は寒いので、中にもう一つ引き戸がある)

「やってます?一人」

と店主に告げ、小さなカウンターに。
若い茶髪の店主、冷蔵庫には”磯自慢”や”黒龍”
客はまだ私一人です。

Sigemon2まずは”ビール”でのどを潤していると、お通しは”枝豆の豆腐”が出てきました。
ヨシヨシ、お通しに凝っているお店は良いお店なのだ。
 
 
 

Sigemon3オススメの”カレイの縁側の刺身”に、お酒は”松の司”を注文。

店主「お酒、お好きなんですか?」

私:「うん、3年くらい前に一度来まして・・・」

店主「あーそうでしたか。」

私:「そのころ東北で”磯自慢”なんて珍しかったですよね。」

Sigemon4などと話しながら、お次は”磯自慢”をお燗でいただく、ツマミは鮭を干したもの。

更に飲み進み、お次は”十四代”。ここでは”十四代”も妙に高いお酒ではないから安心して飲むことが出来ます。
やっぱウマイなぁ~”十四代”は。

私「ちょっと冷蔵庫見ていいですか?」

店主「どうぞどうぞ」

私「あ、”義侠”だ。これ下さい。あと”湯豆腐”も」

Sigemon5何度も書いていますが、私は”湯豆腐”を一人でたのめるお店が大好きなのです。
 
 

んー良かった。
小さなお店なので大量の銘柄を置くことは出来ないものの、店主はこちらの酒の好みを聞くなどして情報収集にも熱心。

それにお酒は小さなグラスでたのむことも出来るので、いろんな銘柄を試すことができるのもウレシイ。

そういえば前に来たときは”九頭龍”を初めて飲んだっけ。
いつまでも続いてもらいたいお店です。

2007年飲み屋集計(延べ件数です)
既存店:居酒屋・・・8
     Bar・・・・・・9
     その他・・・5
新  規:居酒屋・・・4
     Bar・・・・・・2(茂天門のあと行ったけれど・・・)
     その他・・・1

|

« 今夜は家飲み・・・。 | トップページ | シーズンオフの気仙沼、予想外の展開に・・・。 »

「お酒」カテゴリの記事

「出張」カテゴリの記事

「山形県」カテゴリの記事

コメント

あぁ・・いい感じのお店ですね。
遠く山形まで行って、前に気に入ったお店にまたフラっと入るなんて、その様子が浮かんできます。 出向いていったのに、なんとなく「帰ってきた」感じしませんか?

投稿: hirorin | 2007.02.09 20:45

>>hirorinさん
そうそう、帰ってきたって感じなんですよ。
久々に訪問した地方都市で、駅前が区画整理できれいになっていたりすると、
「あのお店だいじょうぶかな?」
って心配になってしまいます。

投稿: FUKAWA | 2007.02.10 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/13831116

この記事へのトラックバック一覧です: 山形で思い出のお店に再訪。:

« 今夜は家飲み・・・。 | トップページ | シーズンオフの気仙沼、予想外の展開に・・・。 »