« 秋葉原:赤津加で一杯。 | トップページ | 仙台出張で「巡回」 »

2007.05.15

御徒町で良い居酒屋を発見。

Tenkou御徒町の駅を降りて、吉池を抜ける狭い路地に小さな居酒屋を発見しました。
お店の名は「酒亭・天功」です。
小さすぎず大きすぎずの間口で、店の前に置かれた白板には酒好きが喜びそうなツマミが列記されています。

ガラガラ・・・(と、いつものように引き戸を開ける)

「いらっしゃい」 と、店主の小さな声。

御徒町という土地柄を考えると、意外なことに先客は無し。
サッと店内を見回し、カウンターの一番奥から二番目の席に座ります。
最初の飲み物に、

「あの、ビールありますか?」

と聞いてしまうほど、このお店は明らかに日本酒中心のお店です。
壁に貼られた日本酒メニューの数は約50種類。
物静かな店主に、

「だいたい全部揃っているんですか?」

と聞けば、

「出荷の時期なんかもありますんで、どうしても一割くらいは無いです。でもメニューに無いものもありますんで。」

とのこと。

最初のビールを飲み干して、お酒は”鶴の友”、ツマミは”〆サバ”と”アン肝の酒蒸し”を注文。

店主:「”鶴の友”、お好きなんですか?」

私:「昔、仕事で新潟を担当していたことがありまして、最初に”ウマイ”と思ったお酒です。」

おもむろに席を立ち、冷蔵庫の前へ向います。

”刈穂”、”天の戸”、”醸し人九平次”、”磯自慢”、”酒一筋”、”神亀”、”手取川”と、よだれモノの日本酒が一通り揃っている。

そんな中で二杯目は”鷹勇”をお願いし、ツマミは”桜海老のかき揚げ”

店主の他には中年の女性店員が一人いるが、こちらも日本酒には詳しい様子。
7時ごろ常連風がやっと一人やってきて、店内の雰囲気がほぐれたところで、佐賀県のお酒”七田”と”カマスの一夜干し”を注文。

常連風はさすがに店主といくらか会話しているが、基本的に静かに飲んでいらっしゃる。

御徒町駅前という、どちらかといえば活気はあるけれど安っぽい居酒屋が多いエリアにあって、日本酒好きを満足させる静かで渋いお店を発見したのでした。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・24
       Bar・・・・・31
       その他・・15
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・16
       Bar・・・・・・9
       その他・・・7

|

« 秋葉原:赤津加で一杯。 | トップページ | 仙台出張で「巡回」 »

「お酒」カテゴリの記事

コメント

御徒町といえば、大好きだった一軒が建物ごとなくなってしまったばかりで・・・
なんだか悲しかったんですが、
また行きたいお店が出来ました!!
こーんな日本酒が揃っててオツマミも美味しそうだったら大満足できそうです。

投稿: まき子 | 2007.05.16 12:28

いいですねえ。
おいしそうな感じがひしひしと伝わります。
できれば予算の目安をお知らせいただけるとありがたいのですが。

投稿: よしいくぞう | 2007.05.17 14:32

>>まき子さん
このお店はお酒に意識を集中すると「吉」だと思います。
けどどちらかと言うとオジサン系かも・・・

>>よしいくぞうさん
確かに!
予算と満足度の関係は重要ですからね。
ちなみにこのお店は4,000円~6,000円といったところですね。

投稿: FUKAWA | 2007.05.17 21:57

お久しぶりでございます。ご無沙汰しております。

御徒町にこんなに良さそうなお店があるなんて知りませんでした。流石達人は目の付け所が違いますね!いつも参考にさせていただいてます。

それでは、しつれいします。。。

投稿: nukui | 2007.05.18 09:45

>>nukuiさん
そちらのお店にも行こう行こうと思っているんですけどなかなか・・・。
またそのうちおじゃまします。

投稿: FUKAWA | 2007.05.19 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/15052077

この記事へのトラックバック一覧です: 御徒町で良い居酒屋を発見。:

« 秋葉原:赤津加で一杯。 | トップページ | 仙台出張で「巡回」 »