« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.30

今週は節約しましたよ。

先週関西出張で散財したので、今週は節約モード。

Bearen月曜日:秋葉原の居酒屋「赤津加」へ
火曜日:上野のBar「Cask」へ
水曜日:神田の蕎麦「眠庵」へ
木曜日:家飲み
金曜日:秋葉原の立ち食い寿司へ

ダイエットの方も順調に進んでおります。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・33
       Bar・・・・・46
       その他・・21
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・22
       Bar・・・・・12
       その他・・10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.27

モバイルで飲みに行く。

Mapまだ行ったことのないお店に行こうとするとき、最近はWEBでお店について調べたりすることも多いと思います。
お店の営業時間や定休日、クチコミの評判などです。お店のサイトならもちろん、いわゆるクチコミサイトでも普通は地図が掲載されていますので、細かい場所も特定できます。
地図をプリントアウトして持っていけば、実際の街に出てもすぐにお店が見つかるわけですが、夜の街だとこれがちょっと不便。
内容が内容だから会社のプリンターだとカラー印刷しているところを見られたくないし、モノクロ印刷だと暗い夜の街では見づらいのです。
あるいはプリントアウトした地図を片手にウロウロしていようものなら、すぐにポン引きのお兄さんが寄ってくるような所もあります。

そこで私は、WEB上の地図を右クリック→「画像をメールで送る」を選択し、W-ZERO3[es]へメールで送ってしまいます。
メールのタイトルは地域名とお店の名前。本文には住所、電話番号、定休日を書いておきます。
そしていざそのお店に行こうというときになったら、事前に送っておいたメールを開きます。
添付ファイルとして送った地図を高精細の液晶で見ることができますし、ポン引きのお兄さんも、ケータイをいじっていると思って声をかけてこないのです。

W-ZERO3[es]はインターネットに接続できますから、突然何も情報がない場所を訪問したのであればその場で検索することも出来ますが、あらかじめ情報を送っておけば時間とバッテリーの節約にもなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.25

帰ってきたら・・・赤津加

Tokuri_2先週はほとんど一週間まるまる出張でした。
そんな週明けの月曜日は、自然にいつもの店「赤津加」へと足が向いてしまいます。
今夜は二階まで予約が入っているようで、お店の人たちはてんてこ舞い。
注文のタイミングが難しいですが、ちょっとした「間」ができるまでゆっくりと肴をつまみます。
”焼き茄子とミョウガ”、”ハモの天ぷら”など、落ち着きのある料理と熱燗。

ハァ~、落ち着くな、やっぱり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.24

関西出張その4:大阪の古い居酒屋へ行く。

神戸のBARで飲んだあとは、自腹にてカプセルに宿泊。
翌朝はゆっくりと起きだして、大阪市内の居酒屋へと向います。

向ったのは阿倍野にある「明治屋」というお店。
創業昭和十三年という古い大衆居酒屋で、昼の13:00からやっているとのこと。
13:00からといってもランチ営業ではなく、そのまま夜までずっと開いているらしい。

Meijiya真昼間の駅前通りを歩いていくと、あったあった。
古そうな建物に大きな暖簾。
しかし大衆的なお店にしては、思ったより静かな佇まいです。
さすがに真昼間だと、お客も少ないのかな?
そう思いつつ入店してみます。

ガラガラ・・・
(と引き戸を開ける)

ウワワ・・・、13:30だというのに、カウンターにはもう10人ばかりの男達がへばりついている。
しかも一番隅に陣取った人は、文庫本を読んでるよ!
こりゃ~噂に違わぬイイ店に違いない。
カウンターの隅で文庫本を読んでいる客がいるなんて、滅多に無いよ。(今までで三軒目)

ご主人に「一人」と告げると、残り少ないカウンター席へと案内してくれます。

まずは”ビール”と”きずし(関東で言うシメサバ)”で一息。
男達の小さな話し声と、時おり注文を伝える声のみしか音の無いヒンヤリとした落ち着いた空間。
正面には花が飾られ、その右には大きな牛の置物、左にはなにやら古い木箱。
初めてとしてはちょっと緊張する雰囲気ですが、お酒を飲むうちに緊張もほぐれてきます。

”燗酒”と”イカだんご”をお願いし、更に店内を観察。
お酒は”菊姫”、”神亀”などの純米酒も置いてある。
そして出された”イカだんご”が実にウマイ。
”きずし”もそうだけれど、このお店は料理の見た目は簡単なのに、味は絶品だ。

こうなると次々たのみたくなるけれど、関東では見かけない料理もけっこうある。
”皮くじら”や”タニシの煮付け”など、比較的わかりやすいものを注文。
”どて焼き”や”八幡巻”は最後までなんだかわからなかった。

お酒は燗付け器で作られた燗酒意外に、最後に”にうめん”とともに”秋鹿”をお願いしました。
ほとんどのツマミが350円~500円とお値段も安い。

いいなぁ~、こんな居酒屋が近所にある人は。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・32
       Bar・・・・・45
       その他・・20
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・22
       Bar・・・・・12
       その他・・10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.23

関西出張その3:神戸のBARに行く。

明石焼きで満腹になった後は、神戸市のBARへと足を向けてみます。
港町神戸と言えば、BARがたくさんあることでも知られています。
まずは飲み屋街をウロウロしてみますが、三宮の駅の周辺は、どちらかと言えば”若者の町”という感じで、チェーン店居酒屋やレストランが続きます。
少し奥まった通りに入ってみますが、オヤジ連中が集まるような小さな路地はなかなか見つかりません。
事前に調べておいたお店を目指しますが、どうやらそのお店は既に閉めてしまって、現在は別のお店が入っている様子。

どうもいまひとつの出だし。

まぁいいか、雨も降っているし・・・。

と思い、そのお店に入ってみましたが、普段着のマスターと奥さんがやっているお店でイマイチ。
さっさと出て、東京でnukuiさんに教えていただいたお店へと向います。

Westanhall東急ハンズの近くのビルの3Fにあるお店。
WESTAN HALL」です。
うむ、イイ感じだぞ。
さっそく扉を開けてみます。

カウンター席につくとまずは”ジン・トニック”をお願いして、店内を観察します。
わりと新しいお店のようですが、カウンターの奥のバックバーには、バーボンのボトルがズラリ。
ほとんど全てのスペースをバーボンが占めています。
見たことの無い銘柄・ラベルもたくさんあります。

うぅぅ、これはたまらん(^^)
一杯目のジン・トニックはさっさと飲み干して、バーボンの銘柄をジックリと眺めます。

「何にしましょう」とスキンヘッドのバーテンダー氏が話しかけてきます。
「クレメンタインの横にある、黒いラベルのって何ですか?」と私。
バ:「これは”ディステラリーズ・プライド”と言いまして、今は作っていないタイプです。」
私:「ふぅ~ん、それ、お願いします。」
バ:「飲み方はどのようにしましょう。」
私:「ストレートで。」
バ:「ストレート。グラスはショットとテイスティンググラスがありますが。」
私:「テイスティングの方でお願いします。」

んー、いい店だ。
バーボンをストレートで飲むときに、テイスティングラスを勧めてくれる店って少ないんだよなぁ。
聞けばこのお店は開店してまだ一年ちょっと。
オーナーがバーボンのコレクターということで、オールドボトルも多数置いてある。
逆にごく普通のボトルが置いていなかったりすることもあるそうだが、それもまた面白い。

こんなお店に来たら、飲んだことの無い銘柄をどんどん楽しみたくなるというものです。

私:「あの上のほうの棚の・・・。」
バ:「コレですか?」
私:「完全にラベル選びなんだけど、どんな感じのお酒ですか?」
バ:「そうですねー、ちょっと度数が高いですから、二杯目にはちょうど良いかと。」
私:「じゃ、ストレートで。」
バ:「ハイ。」

選んだのは”クラウン・ダービー”という銘柄
度数は50を超えているから、少しピリッとしていますが、のどを流れ落ちる感じがスマートで、なかなか飲みやすい。

私:「それにしてもバーボンって、”プライド”とか”ダービー”とか・・・」
バ:「”デラックス”なんてものあって、まったく自分達で勝手なことばかり言ってますよ。」
私&バ「ハハハハハ」

最後に”ダニエル・スチュアート”のオールドタイプをお願いして、昔このバーボンを勧めてくれたあるお店のバーテンダーを思い出していたら、だんだん酔いが回ってきました。

新しいわりには雰囲気も良いし、値段も安かった。
何よりバーボン専門のお店というのがありがたい。
いつかまたぜひ訪れたい。
そんなお店でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.22

関西出張その2:明石焼きを喰らう。

関西出張二日目は本社の連中と飲み会。
相変わらずお酒を飲むとブッ壊れるメンバーが現れ、非常に楽しかった。

三日目は予定通り午前中で仕事が終わったので、本社のいくつかの部署に挨拶周り。
その後は兵庫県の明石市に足を延ばしてみました。
実は私、”明石焼き”が大好きなのです。
昔新入社員研修のときに大阪で始めて食べて以来、あの味が忘れられなかったのです。
そこで本場の明石市に行き、かなり遅めの昼食で明石焼きを堪能しようというワケです。
明石駅を降りると土砂降りの雨。
しかし駅前を少し歩くと「玉子焼き(明石焼き)」と書かれた看板がポツポツと見えてきます。
Akashi1特にお店について調べてきたわけではないのですが、まずは駅前の路地にある「お好み焼き道場」というお店に入ってみます。
「いらっしゃ~い。」と数人のオバチャン店員。
「玉子焼きお願いします。」と私。※明石市内では明石焼きのことを玉子焼きと呼んでいる。
出てくるまでに意外に時間がかかりますが、その間にもポツポツと客が入ってきます。
中途半端な時間だというのに、入ってくるのは観光客ではなくあきらかに近所の人たち。
そういえば、「大阪ではお好み焼きやたこ焼きはオヤツ代わり」という話を聞いたことがありますが、これはまさにそういう光景です。
Akashi2しばらくしてオバチャンが、「熱いから気をつけてねぇ~」
ともって来てくれた”玉子焼き(明石焼き)”は、玉子の表面からタコの吸盤が覗いていてウマそぉー!
さっそくパクつくと、フワフワした食感の中から、プリプリしたタコが出てくる。

コレだよ、コレが食いたかったんだよ!お~ウマい。

しかし明石焼きのお店は他にもたくさんあるので、一人前10個を平らげたら次のお店に向います。

Akashi21歩いているうちに市場のような商店街に入り込むと、さすがに明石だけあってタコが売っています。
っていうかやたらとタコが売っています。
そんな商店街の片隅に、「空きスペースで適当に始めたけれどずっと続いています。」風の店構えの「いずも」というお店を発見。
入店すると、さっそくオバチャンが「一人前15個になります。」と来ました。
私:「じゃ一人前お願いします。」
Akashi3コチラのお店は最初のお店より早く出てきましたが、味のほうは玉子に少し出汁が効いていてこれまた美味しい。
そしてガランとした店内には、これまたポツポツと近所の人がやってきては、明石焼きを食べながら世間話をしている。
んーそれにしても明石焼きってけっこうおなかにたまるな。
それと一つわからないのは、明石の人は明石焼きを玉子焼きって呼んでいるけれど、それじゃぁ普通の玉子焼きのことはなんて呼ぶんだろうか???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.20

関西出張その1

関西出張の一日目。
この日は遅めの移動で大阪に到着。大阪でTさんと飲むことにしました。
Tさんは私が新人だったころ、ウチの会社を担当していた営業マンで、昔はいろいろなお客さんをいっしょに訪問したり、出張にも同行してもらったことのある先輩なのです。
その後上の人との折り合いがつかずに辞めてしまい、何度か転職した後に今は独立しているということを風の噂に聞いていたのです。

待ち合わせの駅に着いて辺りを見回すと・・・。

いたいた。相変わらず派手なシャツを着て元気そうにこちらに手を振っているTさんだ。

私:「お久しぶりですー。」
Tさん:「おぉ、そうやなぁ~。」

Tさんの案内で焼肉やさんへ向い、昔話に花が咲きます。

Tさん:「○○さんや××さんは元気か?」
私:「○○さんは今は別の営業所にいるんですけど、あいかわらずムチャクチャやってますよ。」

Tさん:「FUKAWA君といっしょに信州の方へ行ったこともあったなぁ~。」
私:「そうそう、Tさんが峠道でドリフト走行始めて・・・」
Tさん:「オレ運転上手かったやろ?」
私:「上手いですけどあれウチの会社の営業車ですから(笑)」

Tさん:「しかし濃いメンバーが多かったよなぁ、東京支店は。」
私:「そうなんですか?大阪だともっと変な人が多いのかと思っていましたが。」
Tさん:「それは酒飲んだときだけやぁ~(笑)」

社会人としても営業マンとしても大先輩であるのに、誰とでもフレンドリーに接してくれるTさん。
聞けはTさんは会社を辞めた後、次の会社が倒産したりしてお金にはかなり苦労したようだ。

今は独立して数人の人を雇い、会社の方はどうにか軌道に乗ってきたとのこと。

「もう後戻りでけへんからな。」

そんなTさんの決意を聞きながら、楽しい夜を過ごしたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.18

酒飲みウィークスタート。

Umibudouいやぁ~、今週は明日から出張です。
出張の前にまずはいつもの店で、ということで本日は秋葉原の「赤津加
小柱と海ブドウの酢の物”や”ハモのちり蒸し”をつまみつつ、菊正宗の熱燗をチビリチビリと・・・。
今回は東北のみならず、
火曜日:仙台
水曜日:大阪
木曜日:大阪
金曜日:神戸
土曜日:大阪
の予定です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.06.16

秋葉原のメイドバー

今週も飲んだぞ。
月曜日は湯島のBARにてカッコイイ老人客に出会う。
火曜日は「赤津加」にて旬の食材を使った料理と熱燗でゆるり。
水曜日は横浜の居酒屋に行ったが、ちょっとアレだった。
木曜日は上野のBAR「Cask」でテキーラとシングルモルトを愉しむ。
金曜日は同じ会社のギャバン氏とともに「眠庵」へ、ウマイツマミと蕎麦、そして酒を飲み終えた後。

私:「この近くにメイドBARがあるんだけど行ってみる?」
ギャ:「行く行く、もちろん行くよ。」

実はギャバン氏はメイドカフェの達人なのだ。

Zoid「肉の万世」の裏辺りにあるBAR「ZOID」は、普段は普通のBARなのですが、金土日曜日だけはメイドスタイルになるのです。

ビルの一階は普通のメイド・カフェで、二階がBAR ZOIDです。
扉を開けるとメイドさんが、

「お帰りなさいませぇ~。」

と、アニメ声でお出迎え。

お店自体は普段は普通の(と言ってもそれほど本格的ではないが)BARなので、お酒はそこそこ揃っています。
照明や内装なんかも普段と同じなので、「メイド」のわりには落ち着けます。
メイドさんたちの接客も、妙へりくだっていたり、メルヘン調ではなくて、まるでスナックのママさんみたいな感じです。(歳は若いです)
そしてこのお店の特徴なのですが、値段が意外に安いのです。

私がカクテル×1、バーボンをストレートで二杯。
ギャバン氏がカクテルを二杯飲んで、二人合わせて\5,700也。

カクテルの味はイマイチだけど、他の店で飲んだ後、

「ちょっと飲み足りないな」

というときに便利なお店です。

※メイドさんの写真はNGなので、公式サイトでどうぞ。
2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・32
       Bar・・・・・45
       その他・・20
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・18
       Bar・・・・・10
       その他・・・7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.12

秋葉原の喫茶店をもう一軒・・・。

Runo電気街の喫茶店をもう一軒。
ルノアール」です。
ここの良いとことはなんと言っても電源コンセントを使わせてくれるということです。
レポートをまとめたりするときなんか、時々社内の会議室を占拠している人がいるけれど、私はそういうの反対なんですよねぇ~。
会議室が何十部屋もある大会社じゃないんだから、テメェの仕事の遅れをカバーするのに、共有スペースを独り占めするなっての。
でもやはり一人でジックリとまとめたい仕事もあるワケで・・・。
そんなとき、このルノアールで仕事をしています。
最近のオシャレなカフェなんかと違って、ちょっと昔風の感じも、逆に落ち着いていて心地よいのです。

★ルノアールには他にもコンセント使用OKの店舗があります。
 詳しくは公式サイトでご確認下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.06.11

秋葉原の喫茶店「古炉奈」

Corona秋葉原の電気街にある喫茶店「古炉奈」
十年以上秋葉原に通っていて、最近初めて入ってみました。
場所が場所だけに、なんかディープなお店なのかと思いきや、外の光が入り込む爽やかなお店でした。
でもお値段はちょっと高目かも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.10

再放送(涙)

Seibukeisatsuスカパーのファミリー劇場で「西部警察」の再放送がまた始まったよ!
第一話「無防備都市」は何度観てもスゴイ!
土木建築用の重機を改造したんだと思うけど、装甲車が良く出来てるよなぁ~。
そしてその装甲車が銀座の大通りを走り、更に国会議事堂をバックに、大門軍団に無茶苦茶な要求を突きつける!(よくまぁ撮影許可が下りたもんだよ)
エンディングテーマとともに流れる大パトカー軍団の映像はオレにとって伝説的名シーンだ。
それにしても昔のテレビはすごかったなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.06.09

帰ってきてから・・・。

木曜日は先日の記事にコメントを寄せてくれた、nukuiさんが勤めているお店へ。
ここは雰囲気も良いし、お酒の勉強になる良いお店ですが、詳しくは一応店長の許可を得てから書くとしましょう。

Toufuで、金曜日は「眠庵」。
開店早々におじゃますると、ちょうど”自家製豆腐”を作っているところです。
この豆腐がウマいんだなぁ~。
特に出来立ての温かい状態で、一番上層の空気が入っている部分。
これがたまらない。

(*´∀`)=3はぁ~今週も無事に終わったよ。
明日は健康ランドでも行くとするか。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・30
       Bar・・・・・42
       その他・・19
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・18
       Bar・・・・・10
       その他・・・7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.07

東北出張:八戸市で四軒行っちゃいましたよ。

東北出張の二日目。
青森県の八戸市に宿泊です。

昨日飲みすぎたからなぁ~、今夜は軽めにしておこう。

Hatinohebanya2_2ということでまず一軒目は「ばんや」の縄暖簾をくぐります。
18時過ぎだというのに、すでにそこそこお客さんが入っています。
ツマミをいくつかと、お酒を二杯ほどいただき二軒目へ。




Hatinohebaron_2二件目は「Baron」です。
開店したばかりの時間ということもあり、客は私一人。
早速”ジン・トニック
前回までに訪れたときは、ちょっと酔い気味だったのですが、今回はまだ意識がハッキリしているので、マスターがカクテルを作る所作をじっくりと観察します。
バースプーンを丁寧に使って仕上げられたジン・トニックは、作っているうちからおいしそう。
もちろん口にしてもおいしい。
その後”バンブー”、”雪国”と飲み進めましたが、どれも満足できる味。
本当はこの二軒で終る予定だったのですが、な~んか調子が出てきてしまいました。

ん~、旨そうなラーメン屋でもないかなぁ・・・。

と飲み屋街をブラブラしていると、もう一軒BARの看板を発見。
入ってみましたがココはイマイチ。
しかしイマイチな店にありがちな特徴を一つ発見できたからヨシとしよう。

最後にホテルに戻る途中で、「スペインイザカヤ・アソブノトコロ」というお店を発見。
お店の前のA看板には、

「野郎が一人で飲む店」

とあります。
お店はガラス張りの作りで、外から店内が見えるのですが、確かに野郎が数人、一人で飲んでいます。

これはチェックしなければ。

というわけでカウンター席の隅へ。
メニューはスペイン料理と、ビールもスペインのものが数種類。

「んーっと、スペインのビールで一番軽い感じのと、あと”イベリコ豚と野菜のサラダ”」を下さい。

Cruzビールは”クリスカンボ”という銘柄で、これがなかなか旨い。
私はだいたいビールは国産が好きなのですが、これに関しては思わずおかわりです。
イベリコ豚のサラダも旨かったゾ。
この手のお店にありがちなチャラチャラすた感じもないし。
これはぜひまた再訪してみたい、そんな良い店を発見したのでした。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・30
       Bar・・・・・41
       その他・・18
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・18
       Bar・・・・・10
       その他・・・7


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.06.06

東北出張:盛岡ですばらしいBAR二軒。

東北出張の一夜目。
岩手県盛岡市に宿泊です。
まずは以前からちょっと目をつけていた居酒屋に入ってみましたが、ここはいまひとつ。

Rupian気を取り直して二軒目は東北の名店「アルセーヌ・ルパン」へと向かいます。
いつも変わらない静かなカウンター。その隅には真紅のバラが数本活けてあります。
前回訪問時にマスターが、

「山崎蒸留所の見学に招待されたついでに、数十年ぶりに神戸まで足を延ばしてみようと思っているんです。」

とおっしゃっていた。
私も今月関西へ出張するので、情報収集も兼ねての訪問です。
残念ながら神戸の街はすっかり観光地チックになってしまっていて、BARにはあまり期待しない方が良いかもしれないとのこと。

「こういうお店は、街がちょっと寂れているくらいがちょうど良いんですよ。」

とマスター。
納得である。

Baron三軒目はこれまた名店のBAR「バロン」です。
扉を開けると老マスターが、

「アレッ?髪短くしたの?」

確かに数日前に散髪したばかりだけれど、1年ぶりくらいの訪問でも顔を憶えていてくれるとはウレシイ。

私:「ずいぶんお久しぶりです。数ヶ月前に来たけれど、お休みだったので。」
マ:「あー、ちょっと長く、二ヶ月くらい休んだんだよ。」
私:「何かあったんですか?」
マ:「牢屋に入ってたの(笑)」

二ヶ月も休むとは何か込み入った事情があったのかもしれないが、ジョークでかわすマスター。
地元の常連風の女性客が、

「あの時はみんな路頭に迷っちゃったんだから。」

と、責めているが、本当の理由は聞くまい。

”ギムレット”、”マティーニ”と飲み進み、最後はこのお店のオリジナル”アザミ”です。
常温からゆっくりと冷やされたジンをベースにした、パンチと共に爽やかさも兼ね備えた。
まさに野に咲くアザミの花のようなカクテル。
目を閉じれれば店の隅から、古い振り子時計の「コチコチコチ」という心地よい音が聞こえてきます。
マスターいつまでもお元気でお店を続けて下さい。
必ずまた来ますから。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・29
       Bar・・・・・40
       その他・・18
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・17
       Bar・・・・・・9
       その他・・・7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.04

どうなることやら・・・。

Jyukusei竹鶴、秋鹿、いづみ橋、強力、それぞれ日光を遮り、常温で保存してみることにしました。
飲みたい気持ちを抑えるのが大変だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.06.03

先週のまとめ

あー忙しかった。
忙しくて外に飲みにいけない日までありましたよ。
というわけで更新をサボっていましたが、一応まとめておきます。

月曜日:有給休暇
火曜日:赤津加
水曜日:残業して家飲み。
木曜日:ちょっと残業してから、Bar Cask
金曜日:ちょっと残業してから、立ち食い寿司でビール。

ガッツリ飲まない日があると、お金が節約できるなぁ~、と実感。

今週は盛岡→八戸
さらに今月は大阪方面への出張もある。
ヒッヒッヒッ、楽しみだなぁ・・・。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・29
       Bar・・・・・38
       その他・・18
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・16
       Bar・・・・・・9
       その他・・・7

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »