« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.24

仙台・文化横丁で新規開拓。

Photo_2宮古市から北上市へ戻ってレンタカーを返却。
この日の宿泊は仙台です。
ホテルで一風呂浴びてから夜の街へと歩を進めます。
「文化横丁」の看板の下をくぐり、

「さぁ~て、今夜はどうしようかなぁ~。」

”源氏”はちょうど混んでいるころかな・・・
”やくみ家”はこの前行ったし・・・
”Rothko”はまだ開いていないか・・・
と、楽しいシンキングタイム。

ふと目にとまったお店が、「月のうさぎ」です。
入り口前に置かれたメニューを見ると、炭火焼中心のお店で、お酒も各種揃っているようです。

地下への狭い階段を下りていくと、その先には短いカウンターと数席のテーブル席の小さなお店。
店主は黒いTシャツに黒い前掛けといういでたち。

私:「まずはビール下さい。」

改めてメニューを見ると、串焼き関係の他に、日本酒向けの「酒肴」もある。
お酒は日本酒が数種類の他に、ワインなどもあるようだ。
店主は40歳代と思われるが、無口でわりと背が高い。
なんとなくケンカが強そうな感じ(笑)

ビールが来たところで”ハツ”、”皮”、”レバー”と”トマトの肉巻き”を注文。
”トマトの肉巻き”は私の好物の一つなのですが、このお店の肉巻きは実に丁寧に肉が巻いてあります。
丁寧な仕事に気分を良くして、日本酒”あかとんぼ・山廃純米”をオーダー。
このお酒の他にも、ツウ好みのお酒が何種類か置いてあって、ますます上機嫌。
肴は”赤イカ刺し”で、二杯目は宮城のお酒”伯楽星

一見コワオモテ風だった店主も、実はやさしい人柄っぽい。
片隅に国分町のLE BAR KAWAGOE のショップカードが置いてあるなど、謎の多いお店ですが、また訪問して徐々に謎を解き明かして行きたいお店です。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・44
       Bar・・・・・56
       その他・・25
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・26
       Bar・・・・・15
       その他・・10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.23

個室カプセルに宿泊。

Photo北上市に泊まった翌日は、レンタカーで大船渡、釜石、そして宮古市へと移動です。
宮古市は初めて来たけれど、宿泊は健康ランド。
健康ランド内にカプセルホテル用のカプセルがあるのですが、この夜選んだのは「個室カプセル」というタイプ。
この個室カプセルというのはなかなかのスグレモノで、荷物を置くスペースはたくさんあるし、コンセントがあるからパソコンその他の充電もできるのです。
ちなみにカギ内側からだけかけられるようになっています。

宿代は朝食付きで\3,600-と激安だし、健康ランド自体は新しくて良かったのですが、三陸という場所を考えると、食事メニューは大きく期待はずれだったなぁ~(つД`)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.08.22

岩手県北上市で一番古い居酒屋

Photo_2今週はまず月曜日に日帰りで福島県へ出張。
火曜日は午後から岩手県の北上市へ移動です。
北上市、ちょっとしばらくぶりだなぁ~。
だいたい2年くらい前までは年に数回訪問していたけれど、最近はまったく行っていない。

駅を出ると東京よりはいくらか涼しいものの、やはり暑い!
さっそくホテルで荷物を降ろし、お目当てのお店、「岩手川」へと向います。
店先の提灯なんかが以前来たときとまったく変わらないのがウレシイ。

ガラリ・・・(と、引き戸を開け)

私:「こんばんは~、一人です。」
マスター:「ホイッ!どうぞっ!どこでも。今開けたところだから。」

今夜は私が最初の客のようです。
このお店のご主人は、パンチパーマのオジサン(60代)で、見た目もテキパキとした動きも漁師さん風。
普通なら「大将」とか呼ばれていそうだけれど、お客はみな「マスター」と呼んでいるのです。

マ:「あれ?、前に来たことある?」
私:「2年くらい前ですかね、何度かおじゃましました。」
マ:「あ~、そうか、年取るとなんでも忘れちまってね(笑)」

カウンターの前には新鮮な魚が氷漬けにされていて、そこから冷気が漂ってきて気持ちが良い。
たしかマスターの弟さんが三陸で漁師をしていて、それでいつも新鮮な魚介類が満載されているのです。
新鮮なだけでなく、各魚がデカイから、うっかり一度に2~3種類注文しようものなら、

「どっちかにしときな、そんなに食えないから。」

と言われてしまうこともあるのだ。
この夜は”どんこのタタキ”をメインにカウンターでジックリと飲むことにしました。
”タタキ”といっても一尾丸ごとがあたりまえのようにお造りで出てくる。
そしてどんこのネッチリとした食感がたまらなく旨い!

マ:「ウチも北上では一番古い店になっちゃったよ。」
私:「そうですかぁ、何年くらいやっているんですか?」
マ:「もう32年目だよ。まぁあと何年かやったら、かあちゃんといっしょにのんびりと温泉旅行でも行きたいと思ってるよ。」

注文が入るとマスターが、

「オーイ、○○、カウンターさん生中!」

といった感じで、奥さんを下の名前で呼んでいるのもほほえましい。
いつまでもいつまでも続けてもらいたいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.20

秋葉原におでん屋が出現か?

新しい店でもできていないかなぁ~。
と万世橋の辺りをブラブラしていたところ・・・。

1アレッ?
おでん屋さん?

このクソ暑いのに?

 

2と思ったら、いまや秋葉原名物となったおでん缶の自販機でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.19

夏休みも終わりましたが・・・。

Photo途中二日ほど会社に行った以外、あとは健康ランドへ行ったくらいで終わったのでした。
あまりにも暑かったよなぁ~、今年は。
それにしても家に居るとついつい昼間から飲んでしまうのは問題だな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.18

ダイエットとか筋トレとか・・・。

10ここのところ体重がなかなか減らない。
以前ダイエットしたときにもそうだったんだけれど、最初の5kgはすぐ減るのに、そこからしばらくが一時的に体重が減らなくなるんだよなぁ~。
で、「この辺りでもういっかぁ~。」
ってなっちゃう。
ちょうど今がそんな時期なんだと思う。

筋トレのほうは順調に進んでいて、今週から10kgに増量。
筋肉が付けば基礎代謝量が増えてダイエットにも有効なはずなんだけどなぁ・・・。

| | コメント (3)

2007.08.15

網戸がないと困ります。

ここのところプラモを作っている関係で、室内に接着剤や塗料のニオイがこもるのです。
エアコンを「空気清浄モード」にしても、効果がイマイチ。

やっぱ外の空気を直接入れた方が早いかぁ~。

と思って窓を開けると、何かが足りません。

網戸が無いのです。

そこでもう一つの窓をチェックすると、またしても網戸が無いのです。

おかしいなぁ?
網戸無しで換気なんかしたら、部屋の明かりを目指して虫がブンブン入ってくるに違いない。そう思いながら、母H代に事情を聞いてみます。

母H代:「網戸?外しちゃったわよ、全部。」

私:「なんで?」

母H代:「要らないじゃない。」

私:「要るよ。」

母H代:「開け閉めするたびに外れるからじゃまなのよ。」

私:「それは乱暴に開け閉めするからだろ(この前も掃除機のノズルの先端割ってたよな)。」

母H代:「そうかしら?とにかく捨てちゃったから。」

私:「なんで捨てるんだよ。」

母H代:「網戸って掃除が大変なのよ、だから捨てちゃったの。」

私:「・・・。」

掃除がメンドウだから捨ててしまう。
コペルニクスもビックリの母H代の発想の転換を前に、なすすべも無く立ちつくすしかないのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.08.11

雑誌で紹介されました。

21現在発売中の雑誌『THE21』の9月号で、ちょっとだけ紹介されました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.08.10

八食センターの回転寿司

八戸に来たらぜひとも寄りたい場所。
それが「八食センター」です。
いわゆる観光市場なのですが、おなじみのタラやホッケ、ウニやホタテといったもの意外にも、”タコの口”などといった変わった食材がたくさん売っています。
日本酒も青森県西部の地酒を中心に、けっこう揃っている。
”菊駒”はもちろん”寒立馬”なんかもだいたいいつも置いてあります。

で、市場を一回りしたらセンター内にある回転寿司へと向います。
センター内にはいくつか飲食店が入っているのですが、ダントツの人気店が回転寿司なのです。
特に昼時は観光バスなどもやってきて大混雑。
従ってオススメのネタが回り始める11:30ジャストに入店するのがコツなのです。

ここの回転寿司はなんと言ってもネタが豊富で新鮮なのです。
市場で売っていたウニやホタテはもちろん、”タコの内臓”とか”サバの肝”なんていうのも出てくるときがあります。
それで結局今回も13皿をたいらげて、一時的に体重が増加してしまったのでした。
Sushi_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.08.09

出張先でも健康ランドはオススメなのです。

夏休み前最後の出張は、青森県八戸市です。
で、ひと仕事終えた後、今夜は久しぶりに「はちのへゆ~ゆランド新八温泉」に宿泊です。
温泉に浸かったあと、同行した先輩と大広間で生ビール。

プハァ~、いいね、健康ランドで飲む生ビールは。

ビアガーデンとかも悪くないけれど、都会だと暑いんだよね。
それに比べて健康ランドの大広間はクーラーも効いているし、座敷だからグダグダと飲み続けられるし、酔っ払って眠くなっても部屋(ここの場合個室)で即眠ることができます。
だけど仕入れの関係でしょうか?この日は”アワビの踊り焼き”が無かったのが残念(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.04

トラクターが出来上がりました。

今日も朝からコルセア作り開始です。
Cor2まずは脚柱にスプリングやブレーキパイプを追加。
スプリングは極細のエナメル線を針金にクルクル巻きつけて製作。
ブレーキパイプは部屋に細いステンレス線があったので使ったけれど、硬くて使いにくかった。
Cor3ロケット弾はお尻の部分に穴を開けます。
穴を中心に開けるのが難しいんだけど、うまくいったぞ。
俺の腕もまだまだ捨てたもんじゃない?
この後点火コードも追加します。

Cor4フィギュア、プロペラ、ロケット弾、順次塗装中ですが、フィギュアの塗装には虫眼鏡が必要だなぁ・・・。
それにロケット弾の残りの部分の塗装が難しそうだ・・・。
 

Cor1今日出来上がったのはトラクター。
(ちとピンボケですが)
機体の完成はまだまだ先になりそうです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.03

新潟→宮城→秋田→山形

新潟ですばらしい酒場を楽しんだ翌日は、新潟から仙台へと移動。
仙台で打ち合わせが終わったあと、こんどは秋田へ移動。
秋田で合流した同僚と、地元のお客さんも交えて飲み会です。

実は新潟ではあまりに楽しくて(?)
ホテルまでどうやって帰ったのか憶えていない(汗)
そこでこの夜のお酒は少々控えめ。

「お酒の量を抑えているFUKAWAさんなんて、初めて見ましたよ」
とお客さんに苦笑されてしまいました。

翌日は秋田市から山形県の酒田市へ移動。
Kisakatanokaki途中の象潟道の駅で、今が旬の”象潟の岩牡蠣”をパクリ。
濃厚でミルキーな、独特の旨味たっぷりの”象潟の岩牡蠣”
今回はほとんどコレを食べる為に来たと行っても良いのだ( ̄ー ̄ )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.02

久しぶりに訪れた新潟。

今週は久しぶりに新潟市に宿泊。
新幹線を降りると、空はどんよりと曇っています。

「そうだよなぁ~。新潟って天気が曇りの日が多いんだよな・・・」

曇り空を眺めていると、ずっと昔、新潟県エリアを担当していた当時のことが思い出されてきます。
当時は新人だったこともあり、仕事の面では良い思い出は比較的少ないのです。
特に新潟市は、いろいろと嫌な思い出も多く残っているのです。

すこし暗い気持ちでタクシーへと乗り込み、新潟の中心街「古町」へと向かいます。
今回は事前情報を元に行くお店を決めていましたが、わざと少し離れた地点で降りてアーケード街をブラついてみます。
かつては歓楽街・花町であったこの地区も、現在はどちらかというと普通の商店街とか、ファッションストリートといった感じです。
Kakasiシャッターを下ろしたままのお店もチラホラと現れるあたりに、お目当てのお店「案山子」を発見しました。
 
 

いつものようにカウンター席に座り、生ビールを注文。
店内を見回すと、さすがは新潟。
県内の日本酒のメニューが張られています。

オススメから”ヒラマサの刺身”と”ナス焼き”を注文。
カウンターの上のメニューブックを見ると、「定番メニュー」よりも「お飲み物」のメニューの方が立派です。
ヒラマサをつまみながら日本酒をチェックすると、県内のお酒はもちろん、県外のお酒もけっこうそろっている。

いいお店だ。

Henoheno新潟県というのは言わずと知れた酒どころだから、県内のお酒だけしか揃えていないお店が多いのです。
更にこのお店は、ただ県外のお酒を適当に揃えているわけではありません。
秋鹿”の”へのへのもへじ”などというバージョンが置いてあるあたりが、オヤジさんのこだわりを感じさせます。

とは言えまずはやはり新潟のお酒だろうということで、”緑川”をお願いしました。
店のオヤジさんが、「東京でも新潟のお酒はけっこう飲めるでしょ。」と、ニコやかに話しかけてきました。
私:「久保田や八海山はよく出るけれど、緑川はあまり見ないなぁ、あとコレ、鶴の友なんて普通は見かけませんよ。」
オヤジ:「鶴の友はほとんど市内しか出荷していないようですからね。」

メニューをよく見れば、各銘柄の下に県内のどこの地域に蔵元があるのかが書いてある。

「村上」「六日町」「新井」etc・・・。

どの地域も昔行ったよなぁ・・・。
あのときのあのお客さんは、今はどうしているだろうか?
新井のあのお店は今もあるだろうか?

新潟駅についた時は嫌な思い出ばかりが思い出されたのに、お酒を飲んでいたら、地域名と共に良い思い出が一つずつ浮かんできた。

私:「オヤジさん、新潟の酒はやはり新潟で飲むもんだね。」

などと話しつつ、”鶴の友”をお燗にしていただく。

Nasu私の大好物である”ナス焼き”はみごとな黄金色で、フワフワとした食感。
横で飲んでいる地元のベテラン風二人組みは、
「食べ放題とか飲み放題とか、みんないつまで続けるのかね。俺はこの店で旨い酒と旨い料理をちょこちょこっとやるのが一番性に合うよ。」
「二時間で追い出されたりしないからな(笑)」
と楽しそうに話しています。

まったくその通りだ。

久々に訪れた新潟市。この後のBAR二軒も含めて大満足の「古町」なのでした。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・39
       Bar・・・・・53
       その他・・23
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・25
       Bar・・・・・15
       その他・・10

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »