« 山手線シリーズ:新大久保駅 | トップページ | 沼津から高松、そして高知へ・・・。 »

2007.10.19

四国の前に、再び沼津へ・・・。

Victory_2この週末は、四国へ酒飲み旅行に行くことにしました。
19日の金曜日は有給休暇をいただき、18日の木曜日から出発。
いつものように定時で退社。いつもと違うのは四国へ向うということだけです。
そんな道中、途中で立ち寄ったのは、静岡県沼津市のBAR「VICTORY」です。
沼津駅から歩いて約15分。階段を登って2階のお店へと入ります。
前回来たのは昨年の8月。まったく変わらないしっとりとした空気と、ガッシリとした店内。
まずは”ジン・トニック”をお願いしつつ、店内の様子を眺めます。

カウンターの一番奥は、サラリーマンが接待の後の二軒目で、気の合う二人がお疲れ様会といった感じ。
中央は地元の常連風のオネェさんが上機嫌で飲んでいます。

静か過ぎず、騒ぎすぎず、良い感じです。

沼津駅からお店まで歩くと具合良く喉が渇くので、ジン・トニックは早々に飲み干してしまいます。
二杯目は”ホワイト・レディー”。
少々気分の乗りすぎたオネェさんが、材料の調合号をしているマスターにしきりに話しかけていると、マスターが

「スミマセン」

とさりげなく制す。いいね(^^)。

できあがったホワイト・レディーはもちろん絶品。
口にはこびながら、若手のバーテンダー氏と会話を始めます。駅前の飲み屋街情報などを聞き込みつつ、意を決して”マティーニ”をオーダー・・・。

感動した。

ジンはブードゥルスで、かなりスウィートな配合のようで一瞬心配したけれど、長いバースプーンでステアするマスターの所作は、私の好きな、「作っている段階で美味しい」カクテルです。
最後のレモンピールの手つきも研究に研究を重ねたこだわりが感じられます。
オーダーしてから出来上がるまでに、3回ツバを飲み込みました。
その後”マルガリータ”(このマルガリータの素晴らしさについては前回訪問時を参照下さい)をお願いし、最後に”マティーニ”をおかわりしました。
別に偉ぶるわけではないけれど、200件近くBARに行って”マティーニ”をおかわりしたのは多分この「VICTORY」が3軒目です。
沼津に名店あり。
他にもいろいろ書きたいけれど、必ずまた訪れるので、残りは次回ということで・・・。

|

« 山手線シリーズ:新大久保駅 | トップページ | 沼津から高松、そして高知へ・・・。 »

「お酒」カテゴリの記事

コメント

四国巡礼の旅ですか?
しかし行くまでにしっかり沼津で降りているのが素晴らしいです。そうまでして行きたいバーが沼津にあるなんて・・
静岡はお店いっぱいあるけど、本当に名店っていうお店はあるのかな~

投稿: hirorin | 2007.10.19 05:01

>>hirorinさん
沼津は居酒屋はコレといったお店に出会っていませんが、BARは数件あって、それぞれにレベルが高いようですよ。

投稿: FUKAWA | 2007.10.19 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/16803988

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の前に、再び沼津へ・・・。:

« 山手線シリーズ:新大久保駅 | トップページ | 沼津から高松、そして高知へ・・・。 »