« ボジョレー解禁・・・の前に・・・。 | トップページ | ラッキーだった! »

2007.11.17

金曜日:BAR Caskにてジョシュア・ブルックス

Photoフゥ~、今週もいろいろあったな。
ゆっくりと飲みたい金曜日は、いつものように東上野の「Bar CASK」です。
オープン直後の時間に入ると、この夜も先客は無し。
”ジン・トニック”→”ダイキリ”と飲み進みます。
一息ついてバック・バーのボトルを眺めていると、マスターが、

「よろしかったら、今日はウィスキーはおまかせいただけませんか?」

と、持ちかけてきました。

私:「もしかして、相当なオススメでも?」

マ:「フフフ。」

マスターが取り出したのは、薄いベージュの紙箱に入ったバーボン。
ジョシュア・ブルックス・15年”です。
既に終売になっているというそのボトルを、丁寧に開封するマスター。

いつものように蓋付きのグラスで供されたストレートのバーボン。
そっと蓋を取り外し鼻に近づけると、華やかな香りがフワッと流れ込んできます。
強いお酒なのに、ツンとした感じはまったく無し。
そして一口目・・・。

舌の上にサッと広がる美しい味。
滑らかにのどに流れ込むときに感じるバーボンらしい力強さ。
そして軽い後香。

私:「んー、んー、コレ、いいですね。」

マ:「もちろんコレもオールド・ボトルです。」

改めて紙箱を手に取ると、かなりシッカリした箱。
昔の洋酒が、世の中でどんな位置づけであったかを物語っているようです。

”ジョシュア・ブルックス”それにしても旨いバーボンだ。
この夜は思わずお代わりをして、二杯目もじっくりと堪能。
次のお客さんが入ってきたころに失礼したのでした。

2007年酒飲み集計
◆既存店:居酒屋・・60
       Bar・・・・・83
       その他・・31
※既存店は延べ軒数です。

◆新  規:居酒屋・・42
       Bar・・・・・25
       その他・・15

|

« ボジョレー解禁・・・の前に・・・。 | トップページ | ラッキーだった! »

コメント

美味い酒はスルッと喉を超えていくよなァ。
そのバーボン、うらやましい。
上野も駅の向うっかしは竹刀道具を探しに行くとき位だから、そんな隠れ家があったとは!
今度ご一緒させて戴きたいもんだ。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2007.11.17 18:45

>>葛飾のオヤジオヤジさん
いつでも連絡下さいよ!
Caskは客も少ないし・・・。

投稿: FUKAWA | 2007.11.18 14:20

ジョシュアプルックスは美味しいですね
もう終売ってのが悲しい
あとはマッカラン18年やハーパー12年、ブラントン、プラットバレイなんかが好きかな
最近はロックからストレートで飲むようになりました

投稿: | 2008.01.11 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金曜日:BAR Caskにてジョシュア・ブルックス:

« ボジョレー解禁・・・の前に・・・。 | トップページ | ラッキーだった! »