« 最後の文化横丁。 | トップページ | 最後の八戸出張。 »

2008.03.12

最後の新八温泉

仙台のカプセルホテルで目覚め、昨日に続きこの日も鈍行で移動です。
目的地は青森県八戸市。

暖かい陽射しの中を、東北本線の鈍行がゆっくりと走っていきます。
最初は地元の高校生などで賑わっていた車内も、仙台から遠くなるにつれてだんだんと乗客が少なくなっていきます。
盛岡で「いわて銀河鉄道」に乗り換えると、乗客は更に少なくなって、4人掛けのボックス席を一人占めすることができます。
窓の外の景色も、畑や田んぼに残る雪の量が少しずつ多くなり、止まる駅の周囲の町並みも、徐々に寂しい駅が多くなっていきます。
シャッターを下ろした古い商店とか、ガッチリしたコンクリート建築の金物屋、「パチンコ100万ドル」なんていうのも昭和っぽい風景だなぁ・・・。
八戸駅が近づくと、時々風情の無い新幹線の高架が現れ、やがてその高架が「青い森鉄道」と並行して走るようになり、八戸駅へ到着です。

タクシーで2メーターくらいのところにある健康ランド「新八温泉 八戸ゆ~ゆランド」に到着したのは16:30。
天然温泉の健康ランドで、しかも個室に宿泊できるという出張族にもオススメの宿なのです。

まずは大浴場でマッタリとお湯に浸かります。

はぁ~、電車の中で座っているだけだったのに、やっぱ疲れるな、長い移動は。

Photoお湯から上がったら大広間で”ビール”です。
ツマミは”ホッキ貝焼き”と”せんべい鍋”をオーダー。
”ホッキ貝”はそろそろ旬だし、”せんべい鍋”のせんべいの食感も八戸の忘れられない味の一つです。

このあと足裏マッサージ(←これもこの健康ランドで初めて体験してからハマったっけ)を受けて、それからまた風呂→サウナ→大広間で、結局生ビール・中を7杯も飲んだのでした。

|

« 最後の文化横丁。 | トップページ | 最後の八戸出張。 »

「お酒」カテゴリの記事

「カプセルホテル・健康ランド」カテゴリの記事

「出張」カテゴリの記事

「青森県」カテゴリの記事

コメント

ボックス席の鈍行で、車窓の風景を眺めながらのんびり旅をするって、現代(?)は結構贅沢な感じですよねぇ。
お風呂とビールと地元の料理。なんか東北の旅を満喫してますねぇhappy01

投稿: えぬこ | 2008.03.13 22:08

八戸の健康ランドは行ったこと無いけど、宿泊出張の時に、宿屋兼の健康ランドは使ったなァ。
沢山風呂の種類があるから、あっという間に1時間以上入浴してしまう♪

投稿: 葛飾のオヤジ | 2008.03.15 06:56

初めまして。
八戸に住む「赤い稲妻」と申す者です。
楽しく読ませて頂いております。

やはり旅はゆっくりの方が楽しいのではないでしょうか?
出張とはいえ、飛行機よりは新幹線、それよりは
ブルートレインというように時間が許せば、できるだけゆっくりと移動したいと思うのは私だけでしょうか?。

話は変わりますが「銀河」がなくなりましたね、
残念です。

投稿: 赤い稲妻 | 2008.03.15 23:34

友人と東京から札幌まで鈍行で行ったのを思い出しました。次回は絶対飛行機にしようと誓い合いました。

投稿: も | 2008.03.16 00:06

>>えぬこさん
鉄道の旅は時間がゆっくり流れるのがいいですナ。

>>オヤジさん
風呂やサウナで汗をかくのは、ビールの為の最高の準備ですネ!

>>赤い稲妻さん
はじめまして~♪
寝台特急の旅もいいですよね~。
軽く酔っ払って、電車のガタゴトという音を子守唄に眠りにつく・・・。
また乗りたいなぁ。

>>も さん
そりゃいくらなんでも乗りすぎ。
話題も尽きるでしょ(笑)

投稿: FUKAWA | 2008.03.16 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/40485640

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の新八温泉:

« 最後の文化横丁。 | トップページ | 最後の八戸出張。 »