« 正月の準備。 | トップページ | 正月と言えば健康ランド »

2009.01.01

正月、もちについて考える。

Photo正月と言えば「もち」なわけです.
日本の正月にかかせない「もち」ですが、ご存知の通り西日本と東日本では形が違うのです。
東日本では四角いもちが一般的で、西日本では丸いもちが一般的なのです。
九州では当然「丸餅」しか売っていないのかと思いきや、スーパーなどではちゃんと四角いタイプも販売されています。
転勤後もこれまでは特に意識もせずに、慣れ親しんだ「四角餅」を食べていたのですが、正月に備えて購入したのは「丸餅」です。

なぜ「丸餅」かといいますと、
「正月くらいは、ちゃんと杵でついたおもちが食べたい。」
と思って探してみるたら、「丸餅」しか売っていなかったのです。

年末になると近所の市場などで、「ちゃんと杵でついた餅」が売られているのですが、どこを見ても「丸餅」ばかり。
私が子供のころ、親戚の家で行われた餅つきでは、出来上がったお持ちを四角い枠のようなものに平らに伸ばして、あとで固まってから包丁で切っていましたが、確かに大量に切る作業は一苦労だし、切った後の大きさもバラバラになってしまいます。
そういう意味では「丸餅」の方が作りやすいのは確かなようです。

しかしやはり、餅は四角い方が良い。

なぜかと言いますと、まず「丸餅」は、真ん中と端の方で厚みが違うので、トースターで焼いたときに上手に焼けないのです。
更に、餅に醤油をつけてから海苔を巻く、「磯辺焼き」も四角い方がキレイに作れます。
餅と海苔の間にスライスチーズを挟もうと考えれば、ますます四角い方が良い。

というワケで、元旦早々「もち」について熱く語ってみました。

|

« 正月の準備。 | トップページ | 正月と言えば健康ランド »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

西なのか東なのかよく分からない実家の名古屋や岐阜では、もちは四角です。
まさに、平らに伸ばして固まった状態のを、ビニールの上から切ってました。
透明のビニールには切れ目の碁盤がプリントされていたので、
大きさも揃えられて便利です♪
確かに丸餅って、磯部にすると食べるのが難しそう。。。
自分も慣れ親しんだ四角派です。

投稿: まき子 | 2009.01.02 07:53

関東の場合、お餅を焼いてから雑煮に入れるけれど、九州の場合、焼かずに雑煮に入れていた記憶。。。

丸餅は、味噌付けて、串焼きにしても旨いかもです!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2009.01.03 09:24

断然丸派です。理由は小さい頃から、丸で育ったからという単純な理由です。四角いのがあるのは売ってるのを見てはじめて知りました。

投稿: も | 2009.01.03 23:51

私も秋田でも仙台でも四角が主流だと思ってました。
そっかぁ、お雑煮が各地で違うようにお餅の形もやっぱり違うんですね。
なるほど、なるほど。

投稿: えぬこ | 2009.01.04 00:46

>>まき子さん
ホホーゥ、そんな便利なビニールがあるんだeye

>>オヤジさん
私は焼いた後にお雑煮に入れて、少し煮るのが好きです。
でろ~んとした食感が大好きです。

>>も さん
四角もぜひ試してみてくださいよ。

>>えぬこさん
たぶん東北では四角しか売っていないですよね?

投稿: FUKAWA | 2009.01.04 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/43604279

この記事へのトラックバック一覧です: 正月、もちについて考える。:

« 正月の準備。 | トップページ | 正月と言えば健康ランド »