« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.15

大阪出張:久々に蕎麦屋で・・・

Photo今週は大阪へ出張。社内の飲み会のあとはお決まりのカプセルホテルへと向かい、翌日は大阪のお蕎麦屋さんを訪ねてみました。
向かったのはこちらのブログで紹介されていた「そば切り 蔦屋」というお店。
大阪の地理には詳しくないけれど、ミナミの繁華街から少し離れた、住宅街に近いところにある様子。
地図を見るとすぐ近くに大きな病院があるというのも、客層の良さを期待させる要素です。

地下鉄の駅を出てブラブラと歩いていくと、公園に面した通りに古い建物が何軒か並んでいます。
それらの古い建物を改装して、居酒屋やギャラリーなどが営まれており、なかなかいい雰囲気の通りです。
そのなかの一軒が「そば切り 蔦屋」です。

ガラリ・・・とガラス戸を開けて中に入ると、大きなテーブル席があり、先客は二人。

お店の女性に「どこでもいいですか?」と尋ねてから腰を下ろし、まずは”ビール(中瓶)”と”板ワサ”。

古い商家らしき建物を改装した店内は独特の趣があります。
通りに面した部分は全面に大きなガラスを使った引き戸がはめ込まれているので、古くても明るく清潔な店内です。
Photo_2”ビール”で喉を潤してから改めて見回すと、一点のくもりも無く磨き上げられた大きなガラス戸を通して、お店の前の植木や公園の樹木が視界に入ります。

いいねぇ~、昼酒しつつ蕎麦屋の窓から眺める景色は。

こういうのが無かったんだよな、北九州には。
しばらく景色を楽しんだあとは、”鯖寿司”と”日本酒”をオーダー。
Photo_3日本酒は三種類の”秋鹿”から選べるようになっており、自分で選べる猪口と、いい感じの片口で供されます。
この日はそれほど混雑もしておらず、ゆったりとした静かな時間が流れていきます。
大阪という土地柄でしょうか、蕎麦に詳しくないお客さんもやってきましたが、薬味や蕎麦湯について店員さんが丁寧に説明されていました。
最後に”手挽きそば”をお願いし、つぶつぶ感のある独特の食感を楽しみつつ、すばらしい空間に少しだけ長居をさせて頂いたのでした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009.02.11

その後の”玉子焼き”

Photo以前発表したときは、どうもいまひとつだった玉子焼きですが、その後の研究の成果がコレです。
いろいろ実験したり練習したりするうちに、一口に”強火”とか”弱火”と言っても、フライパンの大きさや炎からの距離によって熱の伝わり方が全然違うこと、砂糖の量によっても焦げ方が違うこと。
そして卵の質によっても出来具合が変わるのだということがわかってきました。
(余談ですが、私は養鶏場でバイトをしていたことがあるので鶏卵には少々詳しいのです)
焦がさずにひとまとまりの玉子焼きが出来るようになったので、今後はフワフワ具合を追求していきたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.02.04

霧の北九州

Photo朝7時、す~んごい霧です。
北九州に越してきてから、「天候」に驚かされることが多い。
意外に寒いし、あと天気予報が当たらない。
関東に住んでいたときは天気予報がこんなに外れることはなかったのに、北九州では天気予報がよく外れる。
日本の天気というのはだいたい西から東に向かって変化するから、西日本の天候の変化がわかる東日本の方が制度が上がるのだろうか???
釣りの予定を立てるときなんか、困っちゃうんですよねぇ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.02.03

1000000アクセス達成!

気が付いたら、アクセスカウンターが100万を超えていました。
「出張の友」から始まり、いろいろなことがありました。
WEBで知り合った人と飲みに行ったり、雑誌で紹介されたり・・・

今後もマイペースで進めていきたいと思いますので、ヨロシクpaper

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »