« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.22

大阪で夜の探検

月に一度の大阪出張。
だいたいいつも社内のメンバーとの飲み会になるのですが、やはり時には一人で飲みに行きたい。
というわけでこの日はササッと本社ビルを抜け、目的のお店へと向かいます。
駅から出ると天気はあいにくの雨、そのうえ新しい革靴がどうも足にしっくり来ず、更に道に迷ったりと、なかなか険しい道のり。
そうとうな遠回りをした結果見つけたお店は、事前調査でかなりの期待度だったのですが・・・。

んー、確かに料理は美味しいし、日本酒もスバラシイんだけど・・・。

「有名になりすぎて変わった」

ってやつかな・・・。

クタクタになったうえに満足度いまひとつ。
ますます重い足取りで、二軒目へと向かいます。

二軒目に目指したお店は、コチラのブログに度々登場している「BAR AUGUSTA」というお店です。
ショテマエさんとはその昔、仙台のBARでご一緒してから、どうやらお店の好みが近いと感じていたので、今度こそ期待度大です。
広い通りの狭い歩道をしばらく歩き、暗い路地に足を踏み入れると、「BAR AUGUSTA」はありました。

Augustaいい感じだ・・・。
暗い通りの中で見逃してしまいそうな控えめな店構え。
木の扉の横の小窓からは、店内の温かな雰囲気が漏れています。

さっそく扉を開けると、長いカウンターに先客は3人、若いバーテンダー二人が働いています。
席に着いてから改めて見回すと、ほの暗い明かりの中に、キラキラと光る数々のボトル。

まずは”ジン・トニック”をお願いし、一息ついて今夜の体の疲れを癒します。
このお店の”ジン・トニック”は、金属のカップで供されました。
変わっているけれど、シャープで美味しい”ジン・トニック”
前半の失敗がスッと抜けてゆきます。

お次は”バンブー”をお願いしました。
このカクテル、スタンダードのはずなのに、時々作り方を知らないバーテンダーや、材料を置いていないお店があるのですが、もちろんこのお店ではしっかりと、丁寧に作っていただきました。
奥の方の先客の話し声が少々大きいのを、さりげなく制御しようとしているバーテンダー氏。

「気にしてないから」というそぶりを見せつつ美味しいお酒を楽しんでいると、その間に数人の一人客。
常連風も入れば、他のお店で紹介されてやってきたという人もいる。
そんなお店でカウンターの上に置かれたフルーツを眺めていると、ちょっと見慣れない紫色の果実を発見。

私:「ん?コレは何ですか?ザクロにしては小さいし・・・」

バ:「パッションフルーツです。この状態(丸いまま)ではあまり見かけないですよね。」

私:「そーですよね。名前は聞いたことがありますけれど。」

バ:「パッションフルーツを使った、当店のオリジナルのカクテルがあるんですが。」

私:「それ、お願いします。」

しばらくして供されたカクテルはその名も”オーガスタ・セブン
独特のグラスに注がれたオレンジ色のお酒に、パッションフルーツのタネがアクセントになっています。
種も食べられるとのことで、これまた食感としてもアクセントになっています。

このころになるとマスターも登場し、奥のお客を見事に制御していました。

んー、大阪にも良いお店を発見。
しかも定宿にしているカプセルホテルからも近いときている!
しかし来月から、大阪への定期出張は月曜日になっちゃうんだよなぁ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.03.20

下関の夜。最後の一軒は・・・。

「BAR UNCHAINED」を出ると、ほろ酔い気分で駅の方へと歩き始めます。
そろそろ本格的な酒飲みタイムという頃なのに、相変わらず人影はまばら。
そんな静かな通り沿いに、これまた一軒のBARを発見。
FaithBAR FAITH」です。

閉ざされた扉は決してゴージャスではないけれど、何かこう良い感じのオーラが閉じ込められているような雰囲気が漂います。

扉を開けてみると、奥に長いバーらしい店内。

こちらも先客は無く、マスターはテレビを観ているところでした。

客の気配に気づいてテレビを消そうとするマスターに、

「あ、そのままで、気になっていたので。」と私。

他にお客さんもいないし、マスターと二人でWBCを観戦することにしました。

ここでも最初の一杯は”ジン・トニック

やや古めかしさの漂う店内。
こちらも良い雰囲気です。
お酒の種類も豊富で、マスターの話しも楽しい。

いいお店だ。

何杯か飲んだけれど、お会計も妙に安かった。

関門海峡を挟んでいるとは言え北九州市のすぐ隣に位置する下関市。

初めての訪問で3件とも良いお店に出会えたのは単なる幸運だろうか、それとも良いお店が多いのか・・・。

いずれにしても帰りの電車、関門トンネルの中で再訪を誓うのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.11

下関の夜、それから・・・。

「狐拍子」を出た後、下関の古い飲み屋街らしき方向へと向かいます。
大きな道が二股に分かれ、どちらにも道沿いにポツポツとお店があります。
ただし大通り沿いのお店は「食事処」的なお店が多く、ちょっと風情に欠けます。
そこで2本の大通りに挟まれた形の小さな通りに入ってみました。

1ホホ~ゥ。
良さそうな通りジャン。
暗くて人通りの少ない通りに、寿司屋から居酒屋、スナックやフーゾク店まで、あらゆる分野のお店がある。
しかし寂れているがゆえに、ゴチャゴチャした感じも無い。
人影の少ない通りを端から歩いてみた結果、一軒のBARを発見しました。

Photo暗い通りにポツンと灯る店の明かり。
看板には、「BAR UNCHAINED」とあります。
一部がガラスの扉の中をのぞけば、木の雰囲気が感じられる色合い。
何の迷いも無く、扉を開けてみます。

ギィ・・・。 

マスター:「いらっしゃいませ。」

私:「一人なんですけど。」

マ:「どうぞ。」 と、席へ促す。

まっすぐなカウンター席に先客はいませんが、一番奥は遠慮して、奥から三番目あたりの席へと腰を落ち着けます。

マ:「お飲み物、何にしましょう。」

私:「ジン・トニックをお願いします。」

バックバーを見ると、”ビクトリアン・バット”や、変わったラベルの”ビフィータ”なども並んでいます。

マ:「今、お仕事終わりですか?」

私:「ええ、ちょっと北九州から。」

マ:「あー、北九州ですか、私も昔住んでいたことがあるんですよ。」

初めて入ったBAR。

見慣れない客に、マスターは最初は少しずつ探りを入れ、徐々に打ち解けていく。
この流れがスムーズに行くとたまらなく心地よい。
打ち解けて居心地がよくなるのはもちろんだけれど、その過程をスムーズに進める技もありがたい。

二杯目の”ホワイト・レディー”を飲み干すころにはマスターが、

マ:「WBC、気になりません?」

私:「そう言えば今日また韓国戦ですよね?」

マ:「i-モードでチェックしてもいいですかね?」

私:「どうぞ(笑)、でもその前に”オールド・ファッションド”をメーカーズ・マークでお願いします。」

手作りの丸氷を使って作られた”オールド・ファッションド”
このカクテルはお店によっていろいろなバージョンがあるのだけれど、BAR UNCHAINEDのものはオーソドックスで、かつバランスも良い。

マスターに聞いたら、店の前の通りは名も無い通りだということ。
それではその名も無い通りをもう少し探検してみようか・・・

更につづく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.10

下関に行ってきたんですよ。

な~んか最近忙しい。
あまりにも忙しすぎていろいろなことがうまく行っていない感じがする。
そんなときはちょっとリセットしたいよなぁ~。
と思っていたら、夕方下関に行く仕事ができました。

久しぶりに知らない街で飲んでみるか。

Photo下関での仕事が終わったのはちょうど6時ごろ、飲み屋街には、そろそろ看板に灯がともっています。
とりあえず駅前の一角をぐるりと回ると、「下関の魚と季節料理・諸国の地酒」と書かれた看板を発見。
新しそうだけれど、わかりやすい看板に引かれて入ってみたのは「狐拍子」というお店。
階段を上って二階の引き戸を開けると、ご主人が弦楽器を弾いているところでした。

私:「もういいですか?一人ですけど。」

ご主人:「あ、どうぞどうぞ、どこでもお座りください。」

まずは”ビール”をお願いします。
料理はご主人におまかせ方式で、その日のおススメが出てくる仕組みです。

さてさて、どんなお酒があるのかな・・・

東北泉、綿屋、神亀、竹鶴、鷹勇、んーなるほど、壁のメニューには納得の日本酒が並んでいます。

私:「お酒、だいたい全部置いてあるんですか?」

ご主人:「そうですね、いくつか切れているものもありますが、ほぼ有ります。」

私:「それじゃ・・・”義侠”をお願いします。」

シックリと落ち着いた味に爽やかな喉越しの”義侠”を、お刺身の盛り合わせと共にいただきます。

静かな店内はカウンターが8席程度と、こ上がりがひとつ。

いい感じだ・・・

飛び込み一軒目から良い店に当たり、上機嫌でお願いした二杯目は”鷹勇

”白魚とソラマメの天ぷら”をつまみつつ、マッタリとした時間。

ソフトな風貌だけれど、話しすぎないご主人もいい。

おっと、良いお店だけれどここに居座ってはいけない。
下関の夜の街を、もっと探検しなくては・・・

というわけで「狐拍子」を後にし、もう少しディープな感じの飲み屋街の方角へと歩いてみるのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.03.08

日本酒が送られてきた。

Photo一人暮らしをしていると、時々会社の人間が泊りに来ることがあります。
私自身は他人の家に泊るのは少々苦手なのですが、自分の家に誰かが来るのは大歓迎なのです。
先日も同期入社のNが九州に出張してきて、その晩飲みに行ったら、まだホテルを取っていないとのこと。

それじゃぁ

ということで我が家に泊めてやったのです。
お店でそこそこ飲んでいるものの、ウチに来れば日本酒も洋酒もそれなりのものが揃っています。

「最後にテキーラでも飲めよ。」

みたいな感じで良い酒を振舞うのが我が家の慣わしなのです。

何の遠慮も無く泊ってもらって良い我が家ですが、数日後にNから、

「この前のお礼だ」

と、日本酒が届きました。

秋鹿”を送ってくるとはさすがに大阪本社。

次は誰が泊りに来るかな・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »