« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.31

移転した「小料理 なみ」にて松茸と燗酒・・・。

Photo秋本番を向かえ、小倉の街もだいぶ涼しくなってきました。
暑い夏のビールも良いけれど、涼しくなってからの燗酒もたまらないものです。
そんなことを考えながら向かったのは、「小料理 なみ」です。
実は先日移転(といっても同じビルの隣のスペース)したのですが、そのときに常連客連中がお祝いに持ってきたお酒がまだかなり残っているのです。

ガラガラ・・・(と引き戸を開けて)

「こんばんは」と大将に挨拶をしながらカウンター席へと向かいます。

お店全体とともに少し広くなったカウンター席に陣取ったら、まずは”ビール”で喉を潤します。

半分くらい飲んだところで、本日のオススメに目を通すと、”焼き松茸”を発見。
秋といえばやはり松茸。今夜のメインが決まったら、その前後を考えます。

一品目は”カツオのお刺身”に”南・無濾過純米吟醸”の組み合わせ。
”南”の純米は香りも良いし味も旨いよなぁ~。

そしてお次はいよいよ”焼き松茸
外国産だけれど、その分デカイのがうれしい。
お酒は徳島県の”芳水・冷卸し”これをぬる間にしていただいてじっくりと味わいます。

居酒屋のカウンターで松茸と燗酒の組み合わせ。あ~幸せ。

日本人に生まれて良かったよ。

この夜は珍しく小上がりに団体さんが二組も入っていて忙しそう。
最後に”冷奴”と”芳水”のぬる燗をおかわりして、いつもよりは少し早めに引き上げたのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.10.23

博多の「Bar Oscar」

福岡県に転勤したと言うと、

「じゃ、毎晩中洲ですか?」

という反応があるのですが、実際に私が働いているのは北九州市。
博多までは新幹線で一駅とは言え、そう頻繁に行くことはできません。
それにいわゆる中洲エリアは、どちらかと言えばお値段の高いお店が多いのも確か。
観光地ということを考慮しても、まだ高めであると思うのです。

そんな博多ですが、BARに関しては適正な価格帯で、内容もしっかりとしたお店が何軒もあるのがうれしいところ。
この日も博多での仕事が偶然にも18:00ごろ終わったので、お気に入りのお店へと向かいます。
Oscar大名にあるお店「Bar Oscar」です。
有名店ではありますが、比較的早い時間なら席も空いていてのんびりとすることができます。
この夜も先客はまばら。
美しいカウンターに取り付いたら、まずは”ジン・トニック
博多駅から歩いてきたこともあり、渇いた喉に心地よく流れ込みます。
カウンターの向こうでは、マスターの他に若いバーテンダー氏が二人が、それぞれリズミカルに働いています。
2杯目は”ダイキリ”これが美味しいお店は、だいたい何を飲んでも美味しいものです。
もちろんOscarのダイキリは、キリッと締まった素晴らしい完成度。
それにしてもこのお店は、マスターが楽しそうに働いていらっしゃるのが印象的。
お弟子さんが2人もいると、マスターは少し遅い時間に登場するお店もあります。
しかしOscarに関しては、以前開店直後の時間におじゃましたときにも、きちんとマスターが立っていました。

働いている人が楽しそうなお店は、客も楽しめるものです。

3杯目の”マルガリータ”で〆ようかと思いましたが、ふと傍らのメニューを見てみると、”アニバーサリーカクテル・オスカー No.○”というものが載っています。
若いバーテンダー氏にその意味を尋ねたところ、開店以来毎年一つずつ創作しているオリジナルカクテルであるとのこと。

それでは・・・、ということで、最後に

「このお店に来るのは今夜で3回目なので、”オスカーNo.3”をお願いします。」

オリジナル・カクテルというのは甘ったるいものが多いのですが、オスカーNo.3に関しては、甘すぎずスッキリとした味わい。何か微妙な隠し味も感じられます。

どのカクテルもしっかりと”お酒”を感じられるだけに、4杯も飲んだらそろそろ酔いが回ってきます。

もう一軒行けるかな?

などと考えつつ、美しい空間を後にするのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.10.20

冷蔵庫のドレスアップが終わりました。

2北九州に引っ越してきてから約1年半。
新生活の開始と同時に購入した冷蔵庫も、ついに日本酒のラベルで埋め尽くされました。
当初の感じではほぼ1年で全部埋まるかと思いましたが、やはり”コレ”というお酒に出会うとしばらくはそればかりになったりして、結局1年半かかったというわけです。
単なる記録にしかならないと思っていましたが、今になるとひとつひとつのラベルに思い出があって、なかなかよろしいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.10.03

徳山駅前の「ラーメン屋」

Photo山口県というところはとにかく昼食を食べるお店が充実していないのです。
そんな山口県の周南市にあるJR徳山駅。
駅から歩いて数分のところに、「ラーメン屋」というラーメン屋さんがあります。
屋号からして一癖ありそうな感じがプンプンとしますが、まさにその通りのお店です。
Photoまずはお店の前に、店主のつぶやきのようなことが書いてある看板がありまして、これを密かな楽しみにしています。
店内に入ると有名人のサイン色紙がビッシリ・・・
と思いきや、その辺の一般人に書かせたものばかりです(でもちゃんとラップがかけてあります)
肝心のラーメンの方はと言いますと、九州ほどにはコッテリしていないものの、かなり美味しくて、店に前の看板とともにクセになる味。
店内の客に不意打ちのように飛ばす親父さんの冗談とともに味わっています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »