« 29日、東京へ・・・ | トップページ | 「sara&鯛介」はどうなっていたか。 »

2009.12.31

30日 「眠庵」の新メニュー

例によってカプセルホテルで目覚めた30日の朝。
まずは神保町の古本屋街を散策。
以前は裏通りまで古本屋がビッシリだったこの街も、少しずつ風景が変わっているようで、少し残念。
特に「文庫川村」のシャッターが下ろされ、
「都合によりしばらく休みます」
と書かれた張り紙がされていたのが心配です。

ブラブラと歩いて、少し喉を乾かしてからたどり着いたのは「眠庵

この日は最終営業日ということもあり大忙しの店内。
最初は時間のかからなそうなツマミと、ハートランドで過ごします。
しばらくしてグループで来ていたお客さんが帰ると、店内もやっと落ち着いてきました。

Photoそこでお願いしたのは、”自家製カラスミ
これをちょこっとだけ口に運びます・・・

ウ、ウマイッ!

塩加減が最高で、なにか口の中にフワッと広がるものがある。
さすがに酒好き&凝り性の店主の「自家製」だから期待したけれど、その期待を完全に上回っている!
店主のYさんによると、材料は行きつけの寿司屋から仕入れて、作り方もその寿司屋の大将(酒飲みの)に教わったとのこと。
まさに酒にピッタリ!
もっと言えば、静岡酒にピッタリである。

ウマイウマイと喜んでいたら、もうひとつ自信作があるとのこと。

Photo_2出汁巻き玉子”がそれ。

前から、「あればいいのに」と思っていた玉子焼きが、ついに眠庵に登場したというわけです。

箸を入れてみると、スッと入る。
口に運ぶと、フワァ~リフワリ・・・
そしてジュワッと旨味がしみ出てくる。

思わずニコニコしながら、何度もうなずいてしまう美味しさです。

「眠庵」の名物が二品も増えたとは、嬉しいけれど、ますます混むだろうなぁ・・・。

Photo_3もちろんこのあとは、”(そばがき)”→”二種もり”と進むフルコース。

そしてここでも知り合いのSさん(の、息子さんご夫婦)にお会いして、大満足なのでした。

|

« 29日、東京へ・・・ | トップページ | 「sara&鯛介」はどうなっていたか。 »

「お酒」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/47197978

この記事へのトラックバック一覧です: 30日 「眠庵」の新メニュー:

« 29日、東京へ・・・ | トップページ | 「sara&鯛介」はどうなっていたか。 »