« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

「sara&鯛介」はどうなっていたか。

Sara東京勤務時代、会社の近くということもあってちょくちょく顔を出していたお店、「sara&鯛介
最初は立飲み屋だったのが、居酒屋風になったり、ダイニングバー風になったりと姿を変えてきた。
お酒も洋酒中心から、焼酎、日本酒へと変遷。
入り口の場所も変わったりした。
そんな「sara&鯛介」に、ほぼ二年ぶりに行ってみました。

薄暗い路地に面した入り口の引き戸を開け、

「こんばんはぁ~」

と様子を伺っていると、

「久しぶりだねー!」

と、店主のKさんと、ka2君が迎えてくれました。

店主のKさんが、

「ちょっとコレ見てよ」

と案内してくれた一階のテーブルには豪華な”おせち料理”が。

全国から取り寄せた飛び切りの食材をメインにしていたこのお店ですが、今は食材に加えて調理の腕も上がったようです。

Sara_2階段を上がって二階のカウンター関に腰ををろすと、以前と変わらないウッディーな内装。
そしてこれも相変わらず見慣れない日本酒たち。
下の段のお酒はほとんど知らないお酒ばかりです。

「食べ物はちょこちょこっとで」

などとお願いしてくつろいでいたら、間もなくななけんさん夫妻が登場。
お店から意味ありげなメールでも入ったのか、はたまた単なる偶然か・・・
(後日、あのおせち料理はななけんさん夫妻が予約したものであると判明)

昼間の「眠庵」と夕食の「sara&鯛介」でかなり飲んだけれど、最後にもう一度「Bar Cask」へ。
もしかしたら彼が来ているかも・・・
そんな予感がしたので顔を出してみたところ、やはり  さんが座っていました。

たくさんの再会に恵まれた今回の帰省。
昔の友やお店の元気な姿から、パワーをいただいたのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

30日 「眠庵」の新メニュー

例によってカプセルホテルで目覚めた30日の朝。
まずは神保町の古本屋街を散策。
以前は裏通りまで古本屋がビッシリだったこの街も、少しずつ風景が変わっているようで、少し残念。
特に「文庫川村」のシャッターが下ろされ、
「都合によりしばらく休みます」
と書かれた張り紙がされていたのが心配です。

ブラブラと歩いて、少し喉を乾かしてからたどり着いたのは「眠庵

この日は最終営業日ということもあり大忙しの店内。
最初は時間のかからなそうなツマミと、ハートランドで過ごします。
しばらくしてグループで来ていたお客さんが帰ると、店内もやっと落ち着いてきました。

Photoそこでお願いしたのは、”自家製カラスミ
これをちょこっとだけ口に運びます・・・

ウ、ウマイッ!

塩加減が最高で、なにか口の中にフワッと広がるものがある。
さすがに酒好き&凝り性の店主の「自家製」だから期待したけれど、その期待を完全に上回っている!
店主のYさんによると、材料は行きつけの寿司屋から仕入れて、作り方もその寿司屋の大将(酒飲みの)に教わったとのこと。
まさに酒にピッタリ!
もっと言えば、静岡酒にピッタリである。

ウマイウマイと喜んでいたら、もうひとつ自信作があるとのこと。

Photo_2出汁巻き玉子”がそれ。

前から、「あればいいのに」と思っていた玉子焼きが、ついに眠庵に登場したというわけです。

箸を入れてみると、スッと入る。
口に運ぶと、フワァ~リフワリ・・・
そしてジュワッと旨味がしみ出てくる。

思わずニコニコしながら、何度もうなずいてしまう美味しさです。

「眠庵」の名物が二品も増えたとは、嬉しいけれど、ますます混むだろうなぁ・・・。

Photo_3もちろんこのあとは、”(そばがき)”→”二種もり”と進むフルコース。

そしてここでも知り合いのSさん(の、息子さんご夫婦)にお会いして、大満足なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.30

29日、東京へ・・・

年末最終出社日の29日、午前中に事務所の大掃除を終えたえら、宅配寿司をツマミに皆で乾杯。
お酒はこの日のために会社の冷蔵庫に秘蔵していた”東洋美人・純米大吟醸”です。

んー、いいね。

期待以上。

元来味の濃いお酒として名を馳せていた”東洋美人”。
転勤前の時期に秋葉原のチェーン店でも見かけるようになって、行く末を少し心配していたのですが、この純米大吟醸はバッチリ問題ナシ!
大吟醸クラスになるとどうしてもパンチの弱いお酒が多くなるものですが、元が濃いだけに十分味わえる。
味と同時にほのかな香りと、大吟ならではのスッキリ感も同居していて、普段はあまり飲まない女性社員もお代わりしていました。

会社でしばらくとぐろを巻いたあとは、新幹線で東京へ。

「東京は人が多いなー」

というおなじみの感想を抱きつつ、まずは一軒目のバー。
久々に本格的な、カッチリとした、そして強いカクテルを三杯いただきます。

ほろ酔い気分で再び街へ出て、醤油ラーメンで腹ごしらえ。

九州に転勤してからというものの、ラーメンは圧倒的にトンコツ。
トンコツラーメンは大好きだけれども、さすがにそろそろ醤油ラーメンが恋しくなったのです。
ツルツルした麺とアツアツのスープを胃袋へ流し込みます。
Cask腹ごしらえのあと向かったのは、「Bar Cask

階段を上りドアを開けると、バーテンダーのNさんと目が合いました。

Nさん:「あっ、FUKAWAさん!」

私:「お久しぶりです。」

意外なことに店内はほぼ満席。
L字型のカウンターの、短い方の隅っこに腰を下ろします。
すると、角に座っていたお客さんが、

「こっち(自分に近い方)の方がいいですよ。」

と手招き。

よく見ればこのお店のオーナーであるMさんでした。

Mさん:「どうですか?九州は。」

私:「最近やっと、良いバーを発見しまして。」

などと話しつつ、店内を見回します。
お客さんが多いわりに、前回よりも少し落ち着いた雰囲気になったような気がします。

その昔、毎週通っていたころによくお会いしたお客さんにも偶然会うことができました。
東京にいたころは自宅が遠かったし、出張続き。
転勤した北九州はまったく未知の土地。
そういう生活をしていると、家の近所よりもむしろ酒場に知り合いが多くなるものです。
そんな昔なじみの人たちと会うことができ、かなり満足な夜なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.24

年末年始

今年の年末は、ちょっと神奈川の実家へ帰ることにしました。
29日に会社の大掃除が終わったら、新幹線で東京へ。
なつかしのお店に顔を出すのが本当の目的だったりもするのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.20

「ごはんばー 風」にて、酒と肴に酔う・・・。

Photoここ数日で急激に寒くなった北九州。
しかし酒飲みというのは暑くても寒くても、ついつい酒場へと足が向いてしまうものです。
この日向かったのは、「ごはんばー 風
気温だけでなく、人通りという意味でもかなり寒~い小倉の飲み屋街。
その片隅に、ホンワカとした明かりが灯る「ごはんばー 風」

入り口の扉にはめ込まれたガラスから店内を覗き込むと、幸運にもいくつか席が空いていました。

「こんばんはぁ~、空いてます?」と、私。

「アラFUKAWAさんいらっしゃーい。どうぞどこでもお好きなところへ」と、奥さんと娘さん。

良いお店というのは、お店に入った瞬間にそのお店ならではの雰囲気に包まれるものです。
「ごはんばー 風」の場合には、心まで温かい雰囲気に包まれる。
このお店には、きっとそんな魔法がかかっていると思うのです。

いつものようにカウンター席についたら、ビールで喉を潤しながら、料理や日本酒のメニューを眺めます。
日本酒は定番のほかに定期的に入れ替わるオススメ酒。
料理は牡蠣や白子といった旬の食材から、酒好きにはたまらない珍味、お腹が空いた人には炊き込みご飯まで揃っています。

まずは”ブリのお刺身”で軽く腹ごしらえ、今日はいくつか新しいメニューも加わっているようなので、よーっく眺めます。

私:「大将、”ホッケの切り込み”って何ですか?」

大将:「あーコレはね、ホッケを糀に漬けたものなんですよ」

私:「それ、下さい。あとお酒は・・・」

大将:「今日はね、”町田酒造”ってうちょっと変わったお酒が入っているんですよ」

”町田酒造”、実はさっき壁のメニューを見たときから気になっていたのだ。

Photo_2「切り込み」というだけあって、糀に漬けているにしてはスッとした味わいの”ホッケの切り込み”の塩味を、程よく丸みをおびた味わいの”町田酒造”で流し込みます。

ん~、絶妙の組み合わせ。

ますますお酒が欲しくなります。

私:「ホッケというともっと大きな魚かと思いましたが・・・」

大将:「そうですね、丸ごと漬けてあるんですけれど、小さめですね。」

私:「たぶん、良く見かける開きとかにするのには少し小さいサイズの魚を、こういう風に加工しているんじゃないですかね。」

大将:「あー、そうかもしれませんね。」

私:「なんて言うかそういう、無駄にしないところがいいですよね、日本って。」

などと話しつつ、お酒は”義侠”をお願いし、ツマミは”鱈の白子焼”に移行。

冬といえば鱈の白子だよなぁ~。
これが苦手という人も多いけれど、そんな人はまずは天ぷらから入ると幸せ者の仲間入りができます。
あと、必ず「鱈」の白子でないとダメですよ。

Photo更にメニューを眺めると、”干物の盛り合わせ”という見逃せないアイテムを発見。
合わせるお酒はもちろん”鶴の友”です。
これを一杯目は冷で、二杯目はぬる燗でクイッ~っと

最後に”豆乳湯豆腐”で体を温めて、いつものように二軒目へと向かうのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.02

寒い夜、「小料理 なみ」で鮟肝バター

おお~、寒っ!夜7時半に会社を出ると、すっかりと日も落ちて暗くなっています。
クリスマスに向かって街には華やかなイルミネーションが・・・と言いたいところですが、不景気を反映してか、イルミネーションも控えめな小倉の町です。

小料理 なみ」に到着し、すこし開いている引き戸から中を覗き込むと、カウンター席の先客は二人のみ。
それではと引き戸を開いて店内に吸い込まれます。
いつものようにまずは”ビール”をお願いして、「本日のオススメ」を眺めます。
まず目に入ったのは”イイダコ”これは絶対に外せません。
やわらかなイイダコの煮物をつまみながら、読みかけの新聞に目を通します。
この日は小上がりにグループ客が入っており、大将もやや忙しそうな様子。

「新聞でも読んでるから、コチラはしばらく気にしなくていいです。」
というワケです。

小上がりに料理が揃ったころ、オススメの中でもう一つ気になっていた、”鮟肝バター”をお願いしてみました。
Photo鮟肝バターが来るまでの時間は、最後の一切れとなったイイダコと、日本酒”南・純米吟醸”で過ごします。
”南”は相変わらずのスッキリとした香りとコク、ちょっとの硬さが一杯目にはうれしいお酒です。毎年味があまり変わらないのもまたヨロシイ。
しばらくすると”鮟肝バター”が登場。思ったよりも大きな鮟肝と、付け合せは「なみ」の隠れ名物であるポテトサラダ。香ばしいバターの香りが漂っています。
この料理を迎え撃つには・・・と冷蔵庫を眺め、選んだのは”越乃景虎・純米吟醸”です。
昔ながらの「酒」とでも言いましょうか、しっかりとした主張のあるコイツなら安心です。

Photo_2そうこうしているうちに何組かお客さんがやってきて、活気が出てきた店内。
私の横の席では50台の男女二人組みが、熱心に仕事の話をしています。
最後に”湯豆腐”をお願いし、引き続き”越乃景虎”をチビチビとやります。

アツアツの豆腐で体が中から温まったら、二軒目へ出発です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »