« やっと色づきはじめました。 | トップページ | 相変わらずお弁当は作っています。 »

2010.06.20

大阪出張で昼からほろ酔い。

Photo月に一度の大阪出張。
今回はその出張が金曜日になりました。
金曜の夜は会社の連中との親睦を深めた後、カプセルホテルへと潜り込みます。

翌朝目が覚めると、外はポカポカ陽気の快晴。
青空の下を、目的のお店へと向かいます。

大阪というのはお酒に関してかなり寛容なようで、駅の通路にある立ち飲み屋さんなんかは、午前中から気持ちよく飲んでいるオッサンでほぼ満席になっています。
昼時の洋食屋さんでも、入ってくるなりビールをたのむオバチャンを見かけたりします。

そんな大阪の街でお気に入りなのが、「そば切り 蔦屋」です。
少し早めに到着したので、お店の前の公園で本を読みながら開店を待ちます。
11:30になったのでお店に入ると、早くも程よく客が入っています。
Photo_2まずは”ビール・中瓶”と”豆皿三種”をお願いします。
この”豆皿三種”がいいんだよなぁ~。
味といい、量といい、見た目といい、酒飲みの心とガッチリ握手する。そんな素晴らしいツマミです。
頼んでから出てくるまで、いつも案外時間が掛かるので、作り置きの材料をセットしているだけではないようです。
Photo_3お酒は3種類(その時によって違います)から選べるのですが、この日は”喜久酔”をお願いしました。
片口で供される冷酒。
広い開口部から十分に感じられる香りと、ゆっくりとした温度の変化がお酒の楽しみを広げてくれます。
店内にまだクーラーは入っておらず、開かれた入り口の扉から入り込む風が季節感を感じさせてくれます。
Photo このお店に来て感心するのが、ガラスがビックリするくらいきれいに磨かれていること。
古い建物に手を入れて店舗にされているのですが、正面や通路側の大きなガラス戸はもちろん、小屋梁の上の部分など、最初はガラスが入っていないのかと思ったくらいきれいに磨かれています。

ガラスがきれいに磨かれているお店に、ダメなお店は無いのです。

そんなお店の雰囲気と、二杯目のお酒”秋鹿”に酔いつつ、最後は”鴨汁蕎麦”で〆ます。
気が付けばガラス戸の向こうの通路には、椅子に腰掛けて席が空くのを待つお客さんが数人。
細めの蕎麦と濃厚な鴨汁を合わせながらササッと流し込み、最後は”蕎麦湯”をすすります。
一息ついたら、小さな旅も小倉への帰路へと向かいます。

|

« やっと色づきはじめました。 | トップページ | 相変わらずお弁当は作っています。 »

コメント

豆皿三種、おいそう…。

確かにガラスは大事ですね!
あと、カウンターと厨房の間の境のところとか。
お店の人と私たちと目線が違うから、難しいとこなんですよねぇ。

投稿: えぬこ | 2010.06.21 22:11

小さな写真からも、
そのお店の空気感というか、蕎麦屋らしい良さが伝わってきます。

お酒のそろえやつまみはもちろん、
お店の雰囲気もあるからこそ・・・なお店なんでしょうね。
こんなお店が大阪にもあるなんて。
これは「お昼に」いかなければ(笑)。

投稿: まき子 | 2010.06.21 22:38

 大阪のカプセルホテルは、どこに泊まったのですか?
そこのリポートも次回お願いします。(私の予想は、梅田の大東洋。理由は、谷町線で一本で行けるから。)

 私は、お酒を全然飲まないのですが、お酒や食事は、関西と関東どっちがおいしいですか?ちなみに私の舌は、関西仕様です。東京でうどん食べたらめっちゃ辛かったです。東京言葉でいうと、塩辛いです。

 次は、うな重ですね。西日本は、腹切りで直焼き、東日本は、背切りで蒸して焼く。
 FUKAWAさんは、どっちが好みですか?

 

 

投稿: シュヴァ | 2010.06.22 00:25

>ガラスがきれいに磨かれているお店に、ダメなお店は無い

・・・名言ですっ!!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2010.06.24 23:52

>>シュヴァさん
大阪では大東洋が多いですね。
食事は関東風でも関西風でも楽しんでいます。

>>オヤジさん
帰ったら家のガラスでも磨きます

投稿: FUKAWA | 2010.06.25 12:23

>>えぬこさん
早い時間とか、逆に遅い時間にお店に行くと、時々お店の大将がカウンターに座っていることありますが、あれってただリラックスしているだけじゃないのかもしれませんね。

>>まき子さん
このお店は、お昼には「蕎麦がき」が出ないのが残念です!

投稿: FUKAWA | 2010.06.25 12:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪出張で昼からほろ酔い。:

« やっと色づきはじめました。 | トップページ | 相変わらずお弁当は作っています。 »