« ごはんばー風 にて、イワシのお刺身。 | トップページ | 日曜日もやっているお店「日和」 »

2011.08.17

お盆の帰省「眠庵」でミリンの味を知る。

Photo現在は北九州市に住んでいる私ですが、実家は神奈川県。
だいたい正月とお盆休みには帰省することにしています。
しかし帰省と言ってもで実際は、東京勤務時代に行っていたお店へ定期訪問するのがメインの目的であったりするのです。

で、帰省の際に必ずお寄りするのが「眠庵
ギラギラと照りつける太陽の下を歩いた後、いつものように狭い路地へと足を踏み入れ、つきあたりの古びたドアを開けてみます。

「こんちは」

と挨拶を済ませ、カウンター席の一番奥へと陣取ります。

いつもだいたい賑わっているお店なのですが、今回は都心部の企業がみなお盆休み中ということもあり空席もチラホラ。

Photo_2まずは”ハートランド”と”牛肉と大根のバーボン煮”で一息つきます。
店内を見回してみると、とくに大きく変わったところも無く、落ち着きます。

”ハートランド”のあとは、ずらりと揃った静岡酒の中から”葵天下”をお願いし、ツマミは”自家製納豆
いつもは忙しくてなかなか話せない店主のYさんとお話しながら、ゆっくりとした時間が流れます。
そんなYさんが取り出してくれたものが、最近手に入れたという特別なミリン。
きちんとした造りのミリンを10年寝かせたもので、通常お店で使っているもの、3年寝かせたものと共に供していただきました。

Photo_3ミリンを直接飲むというのは初めての経験でしたが、10年寝かせたミリンは非常に奥深く、丸みのある味。
甘みはあるもののべたついた感じはまったく無く、ほのかに日本酒の古酒に近い香りが流れてきます。
上等なダークラムのようでもあり、カクテルの新しい材料になるのでは・・・と思わせます。
3年物も、お店で通常使われているミリンも上品な甘みは十分。
引き出しの多いYさんならではの、新鮮な体験をさせていただきました。
(※スーパーで売っている普通のミリンは美味しくないので飲まないで下さいとのこと)

このあとは”丸干しイカ”をつまみつつ、酒は”君盃”をぬる燗で。

次のお店のことも考えて酒量は抑えつつも、シメのお蕎麦”二種もり”まで、お店の空気に心地よく酔わせていただいたのでした。

|

« ごはんばー風 にて、イワシのお刺身。 | トップページ | 日曜日もやっているお店「日和」 »

「お酒」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お声をかけてくれれば、駆けつけたのに…(:_;)。
久しぶりにお会いしたいです。

投稿: yuka | 2011.08.17 20:53

おぉ、戻ってたんだね!
今回はちょっと仕事が忙しく会えないかな…
ザンネン(-"-)

投稿: nanaken | 2011.08.18 00:43

>>yukaさん
次回はぜひお願いします!

>>nanakenさん
私も今回は短期間で九州へ帰りました。
またそのうちに・・・。

投稿: FUKAWA | 2011.08.20 10:07

自家製納豆・・・すんげえ、気になります!
・・・寄ってみようかなー。。

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011.08.20 18:42

>>オヤジさん
「自家製」だけあって、その時によって発酵具合が違うのもまた楽しみのひとつだったりするのです。

投稿: FUKAWA | 2011.08.21 22:14

この日、昼蕎麦酒に眠庵に行っていれば
お会いできたのに、ほんと残念です(>_<)!
常連FUKAWAさんとだったら
いつも以上に楽しめたでしょうに…。
みりんも、こうやってみりんだけで飲めるなんて美味しいのがあるんですよね〜。

投稿: まき子 | 2011.08.24 18:35

>>まき子さん
私も実に残念でした!
でも、いつかどこかでバッタリお会いできるような気がしています。bottle

投稿: FUKAWA | 2011.08.27 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/52496094

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の帰省「眠庵」でミリンの味を知る。:

« ごはんばー風 にて、イワシのお刺身。 | トップページ | 日曜日もやっているお店「日和」 »