« お盆の帰省「眠庵」でミリンの味を知る。 | トップページ | 山場を超えた節電 »

2011.08.23

日曜日もやっているお店「日和」

1あれやこれやと忙しい毎日。
最近は日曜日に出勤することもしばしばです。
休日出勤でブァ~ッと残務処理を片付けると、だいたい午後3時か4時。
デスクの上の書類がキレイさっぱり片付いたのを見届けたら、今度は自分自身もキレイさっぱり。
ということで向かうのはスーパー銭湯。
体を洗って、サウナでたっぷりと汗をかきます。

で、その後は喉の渇きを抑えつつ、モノレールで守恒駅へと移動します。
向かうのは北九州の繁華街からは離れ、どちらかと言えば住宅街にあるお店「日和」(ひより)です。

小倉の飲み屋街のお店は、日曜日に営業しているところがほとんどありません。
「日和」はそんな小倉で、日曜日に朝から仕事をして、スーパー銭湯に行って汗を流して、最後に心の洗濯をできる数少ないお店なのです。

「もうやってる?」

と店内を覗き込むと、店主のYさんが、

「どうぞどうぞ」

と招き入れてくれます。

このお店は「芋の酒舎」という焼酎専門の酒販店の内部にあるお店なのです。
いわゆる”角打コーナー”に近いのですが、その手の酒場にありがちな立ち飲みスタイルや缶詰をツマミにするお店ではなく、ちゃんとしたカウンターと小上がり、そして料理のあるお店なのです。
それもそのはず、このお店は「小料理 なみ」で働いていたYさんが、約1年ほど前に独立開業したお店なのです。
カウンター席からの眺めも、移転する前の「なみ」と雰囲気が似ていて、不思議な懐かしさを感じさせてくれます。

まずは”ビール”(アサヒ 熟撰)をお願いし、本日のオススメから”スズキのお刺身”をチョイス。
サウナ上がりのノドにビールの泡が白糸の滝のように流れます(←もちろん見たわけではない)

クハァ~、今日も暑かったね。

などと話しつつ、定番メニューに目を走らせます。

お酒は当然焼酎中心なので、定番メニューは比較的肉料理が多くなっています。
その中には「なみ」時代から続く名物の”ポテトサラダ”や”ハンバーグ”、”本日のパスタ”なんかもしっかりとあります。
私の場合焼酎はあまり飲まない(選べない)ので、ビールをお代わりするか、あるいは2種類ほど置いてある日本酒を選ぶかどちらかのパターンです。
2言うまでも無く肉料理はビールとの相性も良いのですが、中でもお気に入りは”黒豚バラ煮込み”です。
とろっとろに煮込まれたバラ肉と、肉のウマ味をギュ~ッと吸い込んだ汁。
お肉を食べ終わった後は、もちろん”白ご飯”をお願いして、汁をかけて味わいます。

まだまだ試していないメニュー(あっ、黒豚バラ煮込み丼というのもあります)もたくさんあるので、今後も時間をかけて順番に楽しませていただこうと思っています。

芋の酒舎

http://www.imonosakaya-ability.co.jp/

 

|

« お盆の帰省「眠庵」でミリンの味を知る。 | トップページ | 山場を超えた節電 »

「お酒」カテゴリの記事

北九州」カテゴリの記事

コメント

九州も面白そうな店が多いよね~
しかも日曜に開いてるってのは貴重だね!

そしてスーパー銭湯…
向こうに行っても、やっぱり行くんだね(笑)

ご質問の件、コメント返しで回答しといたよ!

投稿: nanaken | 2011.08.23 23:26

めっちゃ、イイお店ですねー!!
モノレールで帰りたくなくなっちゃいませんか?
いっそ、この住宅地に住んじゃいたくなりませんか?!

投稿: 葛飾のオヤジ | 2011.08.24 00:23

>>nanakenさん
貝の件、ありがとうございました。

>>オヤジさん
住宅地にあるお店ってのも、雰囲気ありますよねgood

投稿: FUKAWA | 2011.08.27 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/52496098

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日もやっているお店「日和」:

« お盆の帰省「眠庵」でミリンの味を知る。 | トップページ | 山場を超えた節電 »