« 小倉の実力派Bar「STAY」 | トップページ | 「小料理なみ」にて、ついに・・・ »

2012.02.11

P箱カウンターを作ったんですよ。

昨年の秋に、どうしてもサンマの塩焼きを食べたくて「無煙ロースター」を購入。
しかし購入後に気付いたのが、置く場所が無いということ。
これまでずっと床に置いて使っていましたが、あまりにも使い勝手が悪い。
なんとか置き場所を確保できないかと室内を見回すと、まず目に付いたのがP箱

それにしてもP箱というのは、不思議な魅力があります。

P1お酒の貯蔵はもちろん、一升瓶を6本入れても余裕のガッチリ構造だから、踏み台としても使える。
そして何より、お酒が家にあるという安心感を与えてくれる。
そんなP箱をウットリと眺めているうちに、2つ重ねるとカウンターとしてちょうど良い高さになることに気付いたのです。
やっぱり日本酒は日本人に合っているという証拠をまたひとつ発見し、上機嫌でホームセンターへ。
P2ホームセンターで購入した材料のうち、まずは板を必要な寸法にカット。
お次は板が傾かないようにP箱に固定する金具を取り付け。
この金具はP箱の内側にピッタリ張り付くように挿入されるので、板を取り付けた後も「一升瓶の収納」というP箱本来の機能を妨げません。
P3
仕上げはチークオイルを染み込ませます。
へんにテカテカに仕上げるよりも、木材の素朴な風合いが活きるので、私はこのチークオイル仕上げが好きなのです。
こういったDIYの場面でも、P箱は台として活躍してくれます。
P4そして完成。

P箱が1段の方には、普段燗にして飲んでいるお酒を、2段積みの上の段にはとっておきのお酒を。
2段積みの下の段には、あえて長期間寝かせているお酒を保存しています。
無煙ロースターも設置して、今夜はさっそく干物でも焼いてみるか・・・。

|

« 小倉の実力派Bar「STAY」 | トップページ | 「小料理なみ」にて、ついに・・・ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

FUKAWAさんこんばんわ!
いつもブログの更新を楽しみにています。
実は秋葉原の居酒屋「そはら」さんが先週2月14日で完全閉店しました
既にお店は工事に入ってます。2月に入ったあたりから昼のランチがお休
みになっていたので気になっていたのですが…あのおやじさんの優しい
ひょうひょうとした笑顔が見れないと思うと寂しいです。

あと、蔵前橋通りにあった天丼の天忠さんも今年になってご主人が亡く
なったため完全閉店しました。
食べログのURLを貼っておきますが、FUKAWAさんもおそらくご存知の
お店ではないかと思います。
 http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13042052/

秋葉原も変わっていくのはしょうがないのですがちょっと寂しいです。

投稿: さとう | 2012.02.21 20:28

>>さとうさん
「そはら」は気になって、時々東京へ行ったときにお店の前を通ってみたのですが、いつもお休みのようで・・・
そうですか、ついに弊店ですかweep
そしてすぐに工事が始まるあたりが、大都会の活気であり、寂しさでもありますね。
情報ありがとうございました。

投稿: FUKAWA | 2012.02.25 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/53955613

この記事へのトラックバック一覧です: P箱カウンターを作ったんですよ。:

« 小倉の実力派Bar「STAY」 | トップページ | 「小料理なみ」にて、ついに・・・ »