« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.23

「小料理 なみ」にて、最後の牛レバ刺し

かな~り陽が長くなった北九州。
この夜は涼しげな風を感じながら、最近オープンしたお寿司屋さんで軽く一杯。
その後は、そのお寿司屋さんを教えていただいた「小料理 なみ」へと向かいます。

ガラリ、と引き戸を開けカウンター席へ。

腰を落ち着けたらまずは”南 純米吟醸”をお願いし、

「例の寿司屋、行ってきましたよ。」

などと軽い報告。

んーっと、今日はもう食べてきたから軽いもので・・・

Photo本日のオススメのメニューに目を走らせると、”牛レバ刺し”を発見。
ヌトッとした舌触りと同居する軽い歯応え。
この”レバ刺し”に合わせるお酒は、上品な酸味と酒の力強さをあわせもった”菊姫 先一杯

それにしても納得がいかない。
いろいろな食材で年に何人か死んでいるように思うし、特にモチをのどに詰まらせて亡くなる老人なんか大勢いるじゃないか・・・。

Photo_2ま、仕方ないか。

最後は久々に”本日のパスタ”もお願いし、満腹でお店を後にしたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.06.14

近所のお店「藍」にて、殻付ウニ

Photo会社の近所にヒッソリと佇む「」というお店。
マスターは元プロボクサーで、
「料理は勉強中です。」
という変り種。

マスターは北九州の沖にある藍の島という小さな島(人間よりネコの数が多い島!)のご出身。
その藍の島から直送の魚介類や、ある程度の料理の他に、お酒もいろいろ揃っています。
個人的には広島の”雨後の月”が置いてあるのが嬉しい。

先日マスターから、「今度、藍の島からウニを仕入れます」
と聞いて、このチャンスは逃せないと訪問。

まずは”ハートランド”で喉を潤します。
ハートランドは私が好みを伝えたらわざわざ置いてくれたものです。
藍の島産の立派な”サザエのお刺身”をつまみつつ、一息つきます。
しばらくするとマスターがポリバケツに入ったウニを持って来てくれました。
バケツの中でガサゴソと動いているウニ。
早速お願いします。

Photoまもなく供された”殻付ウニ”は、真っ二つに割られたにもかかわらず、針が動いています。

私:「ウヒョ~、スゴイね。まだ動いている。」

マ:「確かにスゴイ生命力ですよね。ちなみにウニはココが口で、ココが肛門です。」

私:「ヘェ~、てっぺんがオケツなんだ(笑)」

我慢できずにウニを口へと運びます。

うまい~。

トロッとしたウニの甘さを、海水の塩分が引き立てています。

合わせる日本酒は”日高見
もちろん日本酒との相性は最高。
舌の上に広がったウニを、スッキリした日高見で流し込みます。

そうして中身を全部食べられたのに、まだ動いているウニ。

お酒を”雨後の月”のぬる間に切り替えて、次のウニに取りかかります。
ウニの内側は縞模様になっていて、うまいこと加工したら変わった酒器にもなりそうです。
しかしマスターによると、縦に真っ二つに割る以外の方法だと、粉々に砕けてしまうことがあるとのこと。

そこで今回は縦割りの片方を使ってお酒を飲んでみることにしました。
麒麟山 超辛口”をお願いし、ウニの殻に注ぎます。

そしてそれをチュ~ッと吸い込みます。

クゥ~、幸せだ。
生きていてよかった。
お酒を飲めてよかった。
食べ物の好き嫌いが無くてよかった。

どっぷりと幸せに浸かった夜なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.02

占いバーに迷い込んだ夜

先週の木曜日のことです。
一軒目のお店で軽く飲んだあと、新たに入手したBARに関する情報を頼りに夜の街を歩いていました。

んー、このあたりのはずなんだけどなぁ・・・

吸い寄せられるように入り込んだのは、ずいぶんと暗い路地。

そこに三軒ほどお店が並んでいるようです。
その真ん中のお店を観察してみます。

ここかなぁ?

BARだからお店の前が暗かったり、看板が小さくてよく見えないというのはよくある事です。

目を凝らしてよ~く見てみると「占い

という文字が見えてきました。

占い?

マスターが手品なんかをやってくれるお店はあるけれど。
そんな感じで占いをするお店なのかな???

しばらくジロジロと見ていると、突然

ギッ・・・

と、扉が開き、中から60年輩の女性が現れました。

マダム:「早く入りなさいよ」

私:「エッ?・・・ハァ」

店内に入ると、わりと重厚な一文字のカウンター。

その後ろにはブランデーや各種お酒が並んでいます。

昔はBARだったところに、このマダムが居抜きで入ったようです。

マ:「何か飲む?」

私:「う~んと、ウィスキーはどんなのがありますか?」

マ:「そうねぇ、(とボトルを眺めて)」

マ:「ニッカ」

私:「そ、そうですか・・・(メーカー名じゃなくて・・・)、ではロックでお願いします。」

マ:「占い、する?お酒一杯とセットで3千円だけど。」

私:「せっかくだからお願いします。」

マ:「んじゃ、どんなことを占って欲しいの?」

私:「んー、三ヵ月後の運命とか・・・。」

マ:「じゃ、ここにお名前を書いて、漢字でフルネームで。」

古ぼけた帳面に名前を書くと、字の画数を分析し始めたマダム。

マ:「ほー、これはこれは・・・」

私:「ど、どうしました?」

マ:「あなたね、お金には一生困らない人ね。」

私:「エエッ!マジですか?特に金持ちでもないんですけれど」

マ:「あのねぇ、お金持ちだけがお金に困らないってワケじゃないのよ、必要なときに必要なだけあれば困らないでしょ。」

私:「まぁ、そうですね。」

マ:「あのねぇ、お金を持ったために、お金で困る人もいるでしょ、小室哲也とか。」

私:「なるほどなるほど。ところで私の三ヵ月後は・・・」

マ:「あのねぇ、私の占いは姓名判断なの、だから人の一生を占うのよ。だから三ヵ月後とかはわかんないの。」

私:「そ、そうですか。」

その後しばらく、マダムの分析した有名人、著名人の姓名判断について聞かされました。

マ:「あのねぇ、私が知っている限り、もっとも強い運勢を持っているのは石原慎太郎と三輪明宏さん。」

とのこと。

マダムと論争しても勝てそうにありません。

意外な展開と奇妙な満足度に満たされつつ。

その足で「小料理 なみ」へと向かい飲みなおしたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »