« ゴールデンウィークの食料調達 | トップページ | 近所のお店「藍」にて、殻付ウニ »

2012.06.02

占いバーに迷い込んだ夜

先週の木曜日のことです。
一軒目のお店で軽く飲んだあと、新たに入手したBARに関する情報を頼りに夜の街を歩いていました。

んー、このあたりのはずなんだけどなぁ・・・

吸い寄せられるように入り込んだのは、ずいぶんと暗い路地。

そこに三軒ほどお店が並んでいるようです。
その真ん中のお店を観察してみます。

ここかなぁ?

BARだからお店の前が暗かったり、看板が小さくてよく見えないというのはよくある事です。

目を凝らしてよ~く見てみると「占い

という文字が見えてきました。

占い?

マスターが手品なんかをやってくれるお店はあるけれど。
そんな感じで占いをするお店なのかな???

しばらくジロジロと見ていると、突然

ギッ・・・

と、扉が開き、中から60年輩の女性が現れました。

マダム:「早く入りなさいよ」

私:「エッ?・・・ハァ」

店内に入ると、わりと重厚な一文字のカウンター。

その後ろにはブランデーや各種お酒が並んでいます。

昔はBARだったところに、このマダムが居抜きで入ったようです。

マ:「何か飲む?」

私:「う~んと、ウィスキーはどんなのがありますか?」

マ:「そうねぇ、(とボトルを眺めて)」

マ:「ニッカ」

私:「そ、そうですか・・・(メーカー名じゃなくて・・・)、ではロックでお願いします。」

マ:「占い、する?お酒一杯とセットで3千円だけど。」

私:「せっかくだからお願いします。」

マ:「んじゃ、どんなことを占って欲しいの?」

私:「んー、三ヵ月後の運命とか・・・。」

マ:「じゃ、ここにお名前を書いて、漢字でフルネームで。」

古ぼけた帳面に名前を書くと、字の画数を分析し始めたマダム。

マ:「ほー、これはこれは・・・」

私:「ど、どうしました?」

マ:「あなたね、お金には一生困らない人ね。」

私:「エエッ!マジですか?特に金持ちでもないんですけれど」

マ:「あのねぇ、お金持ちだけがお金に困らないってワケじゃないのよ、必要なときに必要なだけあれば困らないでしょ。」

私:「まぁ、そうですね。」

マ:「あのねぇ、お金を持ったために、お金で困る人もいるでしょ、小室哲也とか。」

私:「なるほどなるほど。ところで私の三ヵ月後は・・・」

マ:「あのねぇ、私の占いは姓名判断なの、だから人の一生を占うのよ。だから三ヵ月後とかはわかんないの。」

私:「そ、そうですか。」

その後しばらく、マダムの分析した有名人、著名人の姓名判断について聞かされました。

マ:「あのねぇ、私が知っている限り、もっとも強い運勢を持っているのは石原慎太郎と三輪明宏さん。」

とのこと。

マダムと論争しても勝てそうにありません。

意外な展開と奇妙な満足度に満たされつつ。

その足で「小料理 なみ」へと向かい飲みなおしたのでした。

|

« ゴールデンウィークの食料調達 | トップページ | 近所のお店「藍」にて、殻付ウニ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あははcoldsweats01
度胸さえあれば、私にもできそうです…!!

投稿: えぬこ | 2012.06.06 21:33

>>えぬこさん
占いの場合、女性客のほうがシックリするかもですcatface

投稿: FUKAWA | 2012.06.10 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/54855468

この記事へのトラックバック一覧です: 占いバーに迷い込んだ夜:

« ゴールデンウィークの食料調達 | トップページ | 近所のお店「藍」にて、殻付ウニ »