« 夏の帰省 その3 庵 浮雨で今日も昼酒 | トップページ | ベランダカウンターでの昼食:サンマの正しい食べ方。 »

2012.08.17

夏の帰省 その4 「ら すとらあだ」 でまたもや昼酒

夏の帰省最終日。
若干予定を変更してまで行きたかったお店。
中野坂上にオープンした「ら すとらあだ」です。
アチラコチラによるとかなりわかりにくい場所&店構えらしい。

Photo中野坂上の駅を出ると、まずはコチラのサイトで目印とされていた理髪店の看板を発見。

しかしよく見ると、バックの色画用紙と看板の写真が入れ替えてあります。
ジャストサイズで意外にしっかり作られた掲示板といい、付近にはここ以外に掲げられていないことといい、ナゾだらけな看板です。
(時間があったのでムトウさんも見に行きましたが、ごく普通の理髪店でした)

ムトウの看板から歩くこと数分。

Photo_2どこかなぁ~と、お店の前を3回も往復してやっと存在に気が付いた。

これは確かに見つけづらい!

主のヒビヤンが昔働いていた「sara&鯛介」や「眠庵」も見つけにくいお店だったけれど、コチラもまたひっそりとしていて事前情報が無ければ完全に見過ごしてしまうよ!

11:30開店した店内は、新しいお店らしく清々しい雰囲気。
開店当初にありがちな接着剤や塗料のニオイも皆無です。
そしてまずは志賀高原の地ビールでのどを潤します。
「まだまだバタバタしていまして・・・」
と言うヒビヤンを横目に、一杯目はさっさと飲み干し。
私:「なんかツマミと・・・、日本酒は?」
ヒ:「日本酒は・・・、けっこう幅広く揃えていますよ。」
といくつか銘柄を紹介してくれる。
私:「んじゃぁ、伯楽星を。」
Photo_3自家製豆腐”と共に供された”伯楽星”
ぐい飲みもオシャレだが、日本酒を片口で提供してくれるところがこれまたウレシイ。
聞けば酒器は以前から集めていたのだとか。

Photo_4続いては”鍋島
先日の「庵風雨」でも登場した佐賀のお酒です。
んー、やはり攻めてきているな、佐賀のお酒。
佐賀にはいいBarも、そしてカプセルホテルもあることだし、近々佐賀ミニ旅行でも計画してみるか・・・。
調子に乗ってきたところでヒビヤンの前掛けを見ると、小笹屋 竹鶴の文字が。
Photo_6私:「竹鶴、置いてるの?」
ヒ:「ええ、普通のとはちょっと違うかもしれませんが・・・。」
ということで登場した”小笹屋 竹鶴”
三年寝かせてあるということで、ほどよい色と、古酒っぽい味わい。

私:「あ~、いいねこれ、あとでぬる間もお願いします。」
Photo_5竹鶴のお供は”出汁巻き玉子
醤油もなにも付けずにいただきますが、十分に美味しい。


Photo_7最後は”お蕎麦”。
ムワッと来る香りと、濃厚な味わい。
”竹鶴”と合わせても良かったかもぉ!

ヒビヤンのお店「ら すとらあだ」はなんの変哲もない住宅街で、これまたなんの変哲もない普通の家のような店構えと店内。
まだ未完成なお店だけれど、ヒビヤン独特のリズムとテンポで、世に中に対して何かを静かに訴えかけているように思える。

そんなお店なのでした。

|

« 夏の帰省 その3 庵 浮雨で今日も昼酒 | トップページ | ベランダカウンターでの昼食:サンマの正しい食べ方。 »

「お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5680/55413225

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の帰省 その4 「ら すとらあだ」 でまたもや昼酒:

« 夏の帰省 その3 庵 浮雨で今日も昼酒 | トップページ | ベランダカウンターでの昼食:サンマの正しい食べ方。 »