« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020.07.21

阿佐ヶ谷:柿ざわ にて蕎麦屋酒

東京へ転勤したら思う存分食べたいと思っていたものが三つあります。

醤油ラーメン、マグロ、そして蕎麦です。

九州においてラーメンと言えばトンコツ。他の種類もあるにはありますが、圧倒的にトンコツラーメンが多く、逆に醤油ラーメンはかなりの少数派なのです。

マグロについても同様で、西日本はタイやヒラマサといった白身の魚が多く、なかでも海に囲まれた九州は地元産の魚介類がたいへん美味しいため、マグロのように遠くの海から冷凍して持ってきたモノは敬遠されるのです。
たまに近海で捕れたマグロが出ることもありますが、それはそれでお値段が・・・。
ということでマグロを思いっきり食べることが難しいのです。

蕎麦にいたっては更に難しくなっています。
ラーメンとうどんの小麦粉勢に押されてそもそもお店の数が少ないし、”麺類”というくくりで小麦粉勢のソウルフード的な低価格が基準となってしまいます。
よって蕎麦に関しても「何の変哲も無いお蕎麦屋さん」的なお店ばかりになってしまっているのです。

少々お高くても、季節のツマミと美味しい手打ち蕎麦。それにお酒。

というお店はなかなか無いのです。

しかし東京へ移ってからは状況が一変。
醤油ラーメンもマグロも、そして蕎麦もいつでも食すことが出来ます。
気がついたら月曜から金曜まで、昼か夜に必ず蕎麦を食べている週もあるほどです。

00 そんなある日、小雨の降るなか向かったのは阿佐ヶ谷にある蕎麦やさん「柿ざわ」です。

私:こんばんは。
と入店すると、奥から女性の店員さんが現れます。

私:ひとりです。
店員さんに促され、吸い込まれるように奥のカウンター席へと向かいます。
お店の造りとしては奥に長い構造ですが、店内の空気はスッキリとしており、カウンターやテーブルは当然ピカピカに磨き上げられています。
このような本各店ならではの”空気感”が、なんとも嬉しいものなのです。

01_20200718074301 まずは”ハートランド ビール”をお願いし、喉の疲れを癒します。

グビッ、グビッ・・・

シュワーッと炭酸が流れ、

フィ~!と、ビールため息をひとつ。
楽しい夜の始まりです。

02_20200718075101 ツマミは”小皿三種”からスタート。

6種類ある小皿料理から3種類。”パプリカとズッキーニの焼き浸し” ”水ナスの浅漬け” ”白瓜のカラスミ和え”を選択。

たまんないねぇ~。この風景。

酒宴の準備が整いました。

ハートランドを飲み干したらお次は日本酒です。

03_20200718075201日本酒は10種類くらい用意されており、片口で供されます。

まずは島根の”開春 純米超辛口”をオーダー。

おお~、なんかスゴイ酒器で出てきたゾ。

心躍らせながら開春を一口。

スッキリグイッと。
鳥取・島根・石川三県のお酒はまず間違いなく美味しいのです。

05_20200718075201

後からやってきた他のお客さんもお酒を頼んでいますが、皆静かに飲み、くつろぎ、あるいは語らっています。

小皿のツマミも少なくなってきたので、ここで”ハモの天麩羅”を注文。
まさしく季節のお料理を前に胃袋が動きます。

04_20200718075201

二杯目の日本酒は宮城の”伯楽星 純米吟醸”をチョイス。

このお酒も毎年ハイレベルを維持しているすばらしいお酒です。
艶やかな吟醸香と、涼しげな色の片口がジメジメとした長梅雨の雰囲気を追い払ってくれます。


06_20200718075201 注文のたびに女性店員さんがテキパキと対応していただけるので、リズム良く酒と肴をいただくことができます。
最後は当然お蕎麦で、”鴨せいろ”。
やや細切りでエッジのしっかりした蕎麦をたぐって〆たのでした。

ハートランドがある、日本酒は片口で供され、蕎麦がウマイ、接客も良い。

文句ナシのお店なのでした。

| | コメント (0)

2020.07.15

コロナとルンバとリモートワーク その1

コロナで話題となったリモートワーク。
そのリモートワークが日本で普及しない理由として、「本当に仕事をしているのか、上司がチェックできない。」ということが言われています。
これに対しては当然、「時間で管理・評価するのではなく、アウトプットで評価すべし。」という反論が行われているわけですが、私個人のことを言わせていただくと、

「そのうち普及するんじゃないの?あと、家にいるとついつい缶ビールとかに手がのびて・・・」

という感じなワケです。

そんな在宅時間の長い日々に気がついたことがあります。

 Photo_20200709124801 引越しに伴い購入した”ロボット掃除機ルンバ”が、実はサボっているらしいのです。

住居が広くなることに伴い購入したルンバ。
スケジュールの設定をしておけば全自動で部屋の掃除をしてくれてずいぶんラクチンだと思っていたのですが、在宅勤務の日にその動きを見ていたところ、住居の和室のほうへ行かなかったのです。
改めてスマホと連携しているアプリで過去の清掃履歴を確認したところ、清掃時間は13分から45分とバラつきがあります。充電するために待機しているホームベースが洋室にあるため、おそらく洋室は確実に掃除しており、和室のほうへ行かない時に短時間で終わっているものと思われます。

これが企業であれば、
「ルンバ君! アウトプットが足りんじゃないかっ!」
と労使問題に、

家庭であれば、
「ルンバ子さん! 和室が掃除されていないじゃないのっ!」
と嫁姑問題になりかねない事態です。

もっと観察したかったのですが、緊急事態宣言の終了とともに在宅勤務も無くなってしまい、真実を見極めることが出来なくなってしまいました。(ちなみに我が家のルンバの型式はe515060で、これより上位機種になるとマッピングという機能によって確実に全エリアが掃除されるようです)

そこで今回、改めてルンバの働きぶりを確認することにしました。

Photo_20200715092401 まず住居の概要ですが、我が家は9畳のフローリングと6畳の和室で構成されています。
フローリングは本棚やP箱でいくつかのエリアに区切られているため、それぞれを玄関、キッチン、残りを洋室という区分にしました。
洋室と和室はフスマで区切られており、フスマのうち三枚は常に閉じて壁にしています。残りの一枚は常に開けた状態でルンバでも行き来が可能となっています。

Photo_20200703145101 これらの各エリアに確認用の「擬似ゴミ」を設置し、ルンバの清掃範囲を調べることにしたのです。
毎回清掃の始まる前に、写真のような「擬似ゴミ」を置いて、清掃後にそれが残っていなければそのエリアは清掃されたと認定します。
とりあえず清掃活動を50回分記録・分析することにしました。

つづく。

| | コメント (2)

2020.07.10

人情の街 阿佐ヶ谷

03_20200710090201 阿佐ヶ谷の夜の街。引き続き新規開拓を進めており、暖簾をくぐったお店はそろそろ二十軒になろうとしています。
阿佐ヶ谷の飲み屋街は比較的小さくて個性のある店がぎっしりと密集しており、行きたいと思うお店がまだまだいくらでもあるのです。

そんなある夜。

この日は朝から小雨が降っており、夜の新規開拓にはうってつけの天気です。そこでもちろん、また小さそうなお店に足を踏み入れてみました。

私:こんばんは。
女将さん:いらっしゃい。どうぞどこでも。

古そうな建物の薄暗い店内はカウンター6席と小さなテーブルが2つ。
飴色に染まった壁がこのお店の歴史を物語っているようです。
メニューに目を走らせると大物はなく、ちょっとしたツマミで一杯やるスタイルのお店のようです。
店内は女将さん一人。

私:えっと、飲み物は・・・。
女将さん:メニューの裏側に・・・。
私:なるほど、あっ!

メニューを裏返すとビンビール:ハートランドと目が合いました。
何度も言いますが、「ハートランドを置いているお店に、ダメな店は一軒も無い。」のです。
当然ハートランドをお願いし、ツマミも一品お願いします。

一杯目は女将さんが注いでくれました。

女将さんと世間話などをしつつ、日本酒へ移行。日本酒を二杯ほどとツマミをもう少しいただいて、そろそろ帰ろうとしたとき・・・



財布が無い。



ということに気づきました。
記憶をたどると会社のデスクの引き出しの中に置き忘れたようです。

んー、どうしよう。初めて入ったお店だし、マズイよなぁ~。
下手をしたら食い逃げで突き出される可能性もあるし・・・。

考えあぐねてついに女将さんに事実をお話しすることにしました。

私:あのー、実はコレコレシカジカで、お金がありません。

女将さん:アラアラ。まぁいいわよ、また今度で。

私:エッ?自宅が近いから一度帰ってですね・・・。


女将さん:いいわよ、雨も降っているし。


私:エエッ!だって今日初めて来たのに。ところでおいくらなんですか?


女将さん:う~んと、¥3,250ね。」


私:そうだ、もしものときの為に、名刺入れに千円札が一枚入っているんです。ひとます今夜はこれだけでも・・・。


女将さん:いいってば、明日の朝”もしものこと”があったら困るでしょ。



なんという出来事!

 


この夜は人情という隠し味に心を落ち着けられて家路に着いたのでした。

翌日は当然このお店にうかがい、「まずは昨日の分です。お騒がせしました。」と¥3,250をお支払いし、何事も無かったようにカウンター席に座り、また杯を傾けるのでした。

※本当の食い逃げ事件が起きるとお店に迷惑がかかるので、店名や具体的なメニューは伏せました。
※写真もお店の場所とは別の通りです。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »