« 2022年3月 | トップページ

2022.04.21

やはり個人店だよな。

ある日の昼食。3人で行った出張先で入った店は、いわゆる古民家リノベーション風。
二階の畳の部屋での食事が終わり車に乗り込むと早速反省会。

私:建物はホンモノの古民家というか、古い商店に手を入れた感じだったな。

M:寒かったですね。(料理が)出てくるのけっこう遅かったし。

H:まだ開業して間がないんじゃないでしょうか。お店の人も若かったし。

私:だからオペレーションがうまくいっていないのかな。雰囲気先行型ってヤツか・・・。

M:メニューの素材に豆が多かったですよね。


私:俺が頼んだのは納豆定食。

H:どうでした?

私:ちょっとボリューム不足かな。ご飯に納豆と、みそ汁に漬物。家でも食える。

M:僕は煮魚定食で味は普通でした。そういえばメシが玄米みたいでしたよね。


私:ヘルシーとか無農薬とか、思想先行型かもしれんな。

H:Mは料理を待っている間、置いてある本を読んでいたよね。

M:ええ、実は最近、飲食店に置いてある本は、料理に関するガチな内容の本が多いと気づいたんですよ。


Hと私:フゥ~ン。

私:ところであの若い二人(店の人)は夫婦かな?

M:いやぁ~どうでしょう。一階のトイレに行ったときに見たんですけど、男の人の方が料理担当で、でも店の主人って感じではなかったですよ。


私:やはり女性の方が店主か。

H:近所のショップの名刺とかも置いてあったし、地元の人ですかね?

M:いや、さっき言ってた本の裏表紙に、神田の古本屋街の値札が貼ってありましたから、もしかしたら二人のどちらかは地元の人ではない可能性が・・・


私:深堀りするね。

M:ええまぁ。


私:つまりあの店は、親戚の叔母さんが何か小さな店を経営していたんだが、高齢になって数年前にやめてしまい建物も取り壊されようとしていた。しかし古い建物を壊すのはもったいないからと、姪っ子が始めた健康志向の店。男の人は多分・・・う~ん、店主の友達の弟で、実家が旅館か料理屋なので多少料理の心得がある人。ということだな。

HとM:深堀りしすぎですよ!!


何の特徴もないチェーン店よりも、個人店の方が楽しめるという典型的な出来事なのでした。

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ